記事一覧

やる夫で学ぶ紅茶の淹れ方 即興おまけ・ティーバッグの淹れ方

即興おまけ・ティーバッグの淹れ方

元スレ
https://takeshima.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1249207942/

203 :1:2009/08/02(日) 21:42:42.29 ID:77KGPqZj0

【即興おまけ・ティーバッグの淹れ方】


  \  /              
    X   / ̄ ̄ ̄\      
  / ∩ / _ノ   ヽ、 \        カップで淹れる場合のやり方だ
/ ( ⊂) |  ( ●)(● ) |    
     | | |   (__人__)  |       1.カップをしっかり温める
    トニィ'|   `⌒´   |       2.ティーバッグ側面のマチを広げて、
    |    |         }          バッグを立体にしておく
    \   ヽ        }        3.カップにお湯を注ぐ
     \  ヽ     ノ        4.ティーバッグを沈め、ソーサー(受け皿)で
        ン ゝ ''''''/>ー、_        フタをする
       / イ( /  /   \   
       /  | Y  |  / 入  \  なお、濃さを調節するのに何回か
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l  お湯の中でゆするくらいはかまわないが、
       j  | :   | / ィ    |  | 
       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」  絞ると渋くなるので避けよう
        ー 〕   \  〉(⌒ノ  

243 :1:2009/08/02(日) 22:07:49.93 ID:77KGPqZj0

【即興おまけ2・紅茶に入れるもの紹介】

         r‐く⌒ー'⌒ー'⌒ヽ
            ノノ.::::::::::::::::::::::::::::)):.
          ((:::::::::::::::::::i:i:i:i:i:i:i:((/∧
       ノノ.::::::::::::::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i))/∧
      ((:::::::::::::. '"´  ̄ `ヽ//∧
          )):::/         ))/∧        ・アルコール
     }}≫(.::/   /  '  /  ((////V⌒7       ウィスキーやブランデー、ラムなど
      / ))'  i ⌒  !   i⌒  ))// //((≪}}      香りの強いものがよくあうわ
     / ,((::i i i 八  !   八  }(// ////))ハ>      ほんの数滴ジンを垂らすのもいいわね
    i i i))ハ i 笊ハ从 /笊心ヽ) ////((〈
    i i i( /从} ヒツ ヽ′ヒツ /(笏)//ノ.ハ     ・シナモン
    i i i 《〈ト}ゝ.''  _   '' .ィ爪//厂V/ ハ      ティースプーンの代わりにシナモンの
    i i i 〔二ユ i'⌒Yr笏Y⌒i〔二ユ′ V/ ハ     スティックでお茶をかき混ぜると、
    i i i {ニノ::ヽ.ノゞrrヘ.ノ:::{ニコ    V/ ハ     ちょうどいい具合に香りがつくわ
    / / /  >ヘ::::::::::く._从._ノ::::::::`弓厂`ヽ V/ ハ
   / / / (o>、 `7ヘ:::ノ:::人:::_厂::V  ,.<o) ハ  }   ほかには生クリームなんかもオススメね
  / / / _} (o >‐-=ニ二二ニ|:::::::〉< o) |  }./`ヽ いろいろ試行錯誤してみるといいと思うわ
..く⌒ヽく/ r┐ ゝ( o ( o ( o ( o>:::く oノ´  | / /く
く´\\.{ !_ル          `し'^    从 xく./`>
..く\ \>ー‐ヘ                   /   く />
  )ーヘ.> ,. .-‐\             /‐- ..、  `(
..      (  (   ` : . .. _____ .. . : ´   )   )
      `   . ____________ .   ´

359 :1:2009/08/03(月) 12:51:16.38 ID:Q7MSF6380

【即興おまけ3・茶器についてあれこれ】


      _____     
    / ―   \        ところでやらない夫、
  /ノ  ( ●)   \   
. | ( ●)   ⌒)   |    カップの下に敷く皿、ソーサーだっけ
. |   (__ノ ̄    /    
. |             /     これって何のためにあるんだお?
  \_    ⊂ヽ∩\    正直ティーバッグで淹れるときの
    /´     (,_ \.\   フタ以外の使い道が
.    |  /     \_ノ.  思いつかないお



     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ⌒)(⌒)    おっ、いいところに気がついたな
    |      (__人__) ∫  
    |     `⌒´ノ ∬   現代だと、ソーサーはスティックシュガーや
.   ヽ         }___    ティースプーンを乗せる台くらいにしか
     ヽ     ノゝ__ノ)  使われていないが、
____/      イー┘ |  
| |  /  /     ___/  できたころにはちゃんと役割があったんだよ
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ


362 :1:2009/08/03(月) 12:55:26.47 ID:Q7MSF6380

          /ノ              ヘ、
  .      /丿               しヘ、  
∧     ∠ / ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、         フ 
l `丶ィイ/ r'  /  /     \       〔  
了  / ∧ 〕 / / 〃  |  、  ヽ      ア  
   l  | r┘| | l|    !   ',  、' .     |  
、」 │ l └ァ l | |l   l| │l |  ', ',    く  「紅茶を受け皿で」というフレーズを
  V V│  |  | | l|   |l  |│l  | | l   /  どこかで聞いたことはない?
  マ  V L.八斗┼l-l   リ ノ ノノ  | l│ 〔    
  ヽ vヘ、乂,ィfチミ \ノ|ノム斗{ │l| lリ_/    これはイギリス文化史の本の
    ヽf¬ ミ ヒュリ    ,ィ癶イ ノ ノ乂       タイトルなのだけれど、洒落でも
    八勾 ハ       ゞ' ムイ          なんでもないのよ
 ,  ′{ ̄ヽ、ハ   、_ ′  ,′|           
 ′  ノ    ヽハ、    イ  |           
 .   /      ヽハ辷イ   ヘ l           
  / {       入ハ     ヘ|            
 /  V  -― イ  `、ハ __ム     

     ___     
   /      \     ・・・つーことは
  /  \   ,_\  
/    (●)゛ (●) \   昔の人は紅茶を
|  ∪   (__人__)    |  カップからソーサーに注いで、
/     ∩ノ ⊃  /   皿の端っこから啜ってた、
(  \ / _ノ |  |    ってことかお?
.\ “  /__|  |   
  \ /___ /    何でそんなことしたんだお?

367 :1:2009/08/03(月) 13:00:42.79 ID:Q7MSF6380

     ______
    │三三三三三│
    │三三三三三│
   ,-─く)三三三三 |      
   r'、」三三三ノ三三 」_    それは、お茶の温度を
  |   (● )       |     下げるためだったといわれている
  |  ((___)      |
  |  ヽ          .. |.  .   ソーサーに注ぐことで、ちょうど
  `   {          |      飲み頃の温度になるんだ
   ヽ  \     / \    
   /  ´l::|  |:/ /   i    当時のソーサーは、だからいまのものより
   、  |:::∨∨::l / /  !    かなり底が深めに作られている
   |   |:::::`´:::::| | 〈   /
   |  .. |:::::::::::::::| ', ヽ 人    この飲み方はイギリスのド田舎に行けば
   |   |:::::::::::::::| ヽ ` ヽ    いまでもみられるが、
  /  ./:::::::::::::::|       \
∠__/7::::::::::::::::|__,,, -‐─`. 日本ではブッ飛んだマナーなので
     /:::::::::;;、:::::::::::/       やらないほうが無難だろう
    /::::::::::/ |:::::::::::|    .   
    /::::::::::/ |:::::::::::|
   /::::::::::::|  |::::::::::::|       
  /;;;;;;;;;;;;;;;|  !;;;;;;;::::::',
 /ヽ,)    レ<,)   ̄ )

370 :1:2009/08/03(月) 13:04:19.33 ID:Q7MSF6380


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)  
. |     (__人__)  次に、面白いカップについて紹介しようか
  |     ` ⌒´ノ  
.  |         }   やる夫、このカップ、
.  ヽ        }   いったい何のために作られたと思う?
   ヽ     ノ        
   /    く       
   |     \           
    |    |ヽ、二⌒)、 
        \

ttp://www.silvercollection.it/moustachecup3BIS.jpg

     ___     
   /      \    
  /  /   \ \  
/    (●)゛ (●) \  ん? なんだおこれ
|  ∪   (__人__)    | 
/     ∩ノ ⊃  /   カップの内側にひさしがあって
(  \ / _ノ |  |    狭くなってるお
.\ “  /__|  |   
  \ /___ /   

373 :1:2009/08/03(月) 13:08:16.32 ID:Q7MSF6380

            ,. ‐―――――‐ - 、
           /            \
          /                    \
       / ====、   r====   .',
        /   ,r'" ̄ `ヽ,--、r'" ̄`ヽ、   ',
        l   {{     }= {     .}}    l   これは「ヒゲカップ」だ
      . l   ヽ 、__..ィ . : ゝ、___,ノ     l
        l     ̄ ̄ { . : : : }            l   19世紀後半の発明で、
        l      ,.-‐゙ー‐'`゙‐-、_        l   ヒゲがカップに入らないように
        . l .ト、ゝ-'´:::::::::::;;;;;;;:::::::::::`ー-‐'´)  l   するための工夫だよ
       .l  `ー―一'"´、_`ー-----;‐'   l
        l                   l    20世紀にはいると長いヒゲは
       . l                   l    流行おくれになっていくから、
         . l                    l    それにしたがって消えていったんだな
        !                     !
        /!                    ,'^ヽ
       /{ |ヽ                 /| / \
     /  ∨| ヽ            / | /
   / ヽ  \  `ー――――― ´ ̄ ̄  /



         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)  変態紳士どもの考えることは
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //   よーわからんお・・・
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

381 :1:2009/08/03(月) 13:12:46.24 ID:Q7MSF6380

  \  /              
    X   / ̄ ̄ ̄\      
  / ∩ / _ノ   ヽ、 \        最後に、イングリッシュ・チャイナ(イギリスの陶器)と
/ ( ⊂) |  ( ●)(● ) |       称される、ボーンチャイナについての伝説を紹介しよう
     | | |   (__人__)  |    
    トニィ'|   `⌒´   |       知ってのとおり、ボーンチャイナは牛の骨を混ぜて
    |    |         }        作られるイギリス独特の陶器で、
    \   ヽ        }     
     \  ヽ     ノ        最初は中国陶器の模倣でしかなかったんだが、
        ン ゝ ''''''/>ー、_      なかなかどうして、乳白色の光沢は
       / イ( /  /   \    本家をしのぐといってもいいだろう
       /  | Y  |  / 入  \  
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l  このボーンチャイナの誕生について、
       j  | :   | / ィ    |  |  おもしろい伝説があるんだ
       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」  
        ー 〕   \  〉(⌒ノ  

385 :1:2009/08/03(月) 13:16:00.71 ID:Q7MSF6380

むかしむかし、あるところに
貧しい陶工がおったとさ

    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/     ボーン・チャイナができる前は
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/     どうしても国産の陶器は3流扱いだったからね
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
     .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/       お金儲けはできないよ
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ
  _/i.::::::1.::} ‐j    j}1   | ‐}::::::::::.:.\:::.:.
/.:.:i::|.:::::::|:::ヽン、   j}1!  _ノ,ソ::::::::::::::::::::ヽ::
.:.::::::|::|:::::::::i::::::::`ー-- ─ イイ.:.:.:::::::::::::::::::::::::::

388 :1:2009/08/03(月) 13:18:08.61 ID:Q7MSF6380

あるとき、いつものように釜に火を入れ
陶器を焼いておったところ・・・

            ,  ´__ ` - 、       `丶、
.         / /  /   ` - 、      丶
       / /    '    /   ` - 、       \        /
      /,   ' /    /   /!l |    `  、       \   /
.     // / /   /__∠. 斗‐ | l、  | l  ` 、    ` く::\
    /イ /| ′ ///二ヽ!  | | \ | |  ,|  \      \:ヽ
     | / l| l/ ,イ:'〈 f!ハ '|l l! !__ メ、'  / !  .:l:\    ヽ冫
     l'′l| l //::,′ |l:::}   l l|´ ,二ヽ \/ /  .:;'::::::::\  /
     {   | 'l..:/:::,'  、ゝ'′   l | 〃「「`ヽ/ X  .:::/:::::::::::::::`Y  あれ? おかしいな・・・
         ! l:::l::{ "" `     l|   | !::::::i}/  .::/::::::::::::::::::::,′
.          l |:ハ   !       ゝtzノ'   .:/:::::::::::::::::::;/   まだ焼き上がりには時間があるのに
         l|::∧  _     """ `ー/  .:/:::::/::::::::〃   火が弱くなっていくぞ
          |:':/::>、 ヽ __  - ´::::::;::::::'::::::/::::::://
          }/l:/  ヽ.__/ ̄ ー=<彡::;:::イ/::::::://
          / /′ /イ/       イ::/:/::;:イ '
            ′   .イ          l//:/::ハ ヽ
      /⌒ー‐、 //            ! / イ    i
      / __/ ,.-イ /             lヘ       {
    }/´⌒Y   /             l ,      ヽ

391 :1:2009/08/03(月) 13:20:46.57 ID:Q7MSF6380

  `  .::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: __:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: )
     〉′::::::::::::::::::::::::.,.  -‐…'' ¨  ̄ i    ̄ ¨ …-.. _/
     ′:::::::::::::::::::::: /    ::::/     |        \\'
     l :::::::::::::::::::: , ′   :::::/  ,   ∧  i:::  ,     \
     | ::::::::::::::::::/     ::::/ i/   /  i   :::: \     ,. ヽ
     ` …- 、/      :::::i-'―/-/..__  ヽ \ :::::::ヽ.   l::::  ',
          '::  /    レ ' ィ /___-`ヽ \ \::::::::丶 |:::::   .
         |:::  i  ー…丁イ´ヽ fィ弋バ   ` ー\-:::  |::::::::| |
         |:::  |  i   ::::: l   _ゝフ'       ォ=、ヾ:::::Y::::::ハノ
         |:::::::::......i:...  :::::ヽヽ          iハ::ハ!ハ:::::l::::/
         ∨:::::ヽ:::ヽ:::::::::::::|\       _ ' `  ∧':::::レ' しまった! 薪が足りないんだ!
          . :::::::::\ ::::::::::::|   u     / ∨    レ::/
            N::::::::::::::ヽ::::::::|         `ー′   ハ::l     どうしよう、このまま火が消えたら
            V小::::V!::::::| 、            イ! V     せっかくの陶器が全部だめになってしまう!
                V !:::::リ       _ ..  イ∧:::!|
              /⌒!::/、    /        ∨
             /    '′ \  /
        _ √_V `i         >-、
      f/⌒r--、ヽVヽ      /::イ:「_}ヽ
        /:: ̄::⌒)l│ l〈     /::/1:|._}:|∧
     /::::::::::::::::(j.ノ │l    /:/ |::|._}:|  \

393 :1:2009/08/03(月) 13:22:49.81 ID:Q7MSF6380

・・・陶工としての本能が命じたのじゃろうか
彼は、自らの体を燃料とすべく
窯に身を投じたのじゃ

    ./:::::i:::::l::::::::::::|::::::::::::::::;l;:::::::::::::::::::::::::::::::、;;:::::::::::::::::::::::::::::ヘ
   ./:/::::|::::::;ヘ;;;:::::ヘ;;;;::::::::::::;|;;:::::::::::::;::::::::::::::::l;;;;;::::::::::::::;:::::::::::;;l
  /:/:::::;|::::i:::;;;゙i、;;;::::ヽ;;;;:::::::::;|;;|::::::::::;|::::::::::::::::|;;;;;;::::::::::::;;:::::::::;;;;|
  /;/|::::;;;|:::ヘ::;;;;;|\::::::\::::::::::|;|::::::::;;|:::::::::::;:::;;|;;;;;;;;;:::::::::;;;:::::::;;;;:l
 .|:;| |::::;;;|l:::::;ヘ:;;;;|. \::::\;r::::l;|::::::;;;|::::::::::;;::;;;;|;;;;;;;;;;;::::::;;;;:::::;;;;;l
 |:;| |:::;;;|.|::i::;;;ヘ;;ヘ   ,×、\;;|::::;;;;/:::::::::;;;::;;;;;|;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;:;;;;;;;l
 |;;| .|:::;;|. l::ト;:;;;ヘ;;ヘ/ .,rl' `''|:::;;;/:::::::::;;;;;;:;;;i;;ト:;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;l  作品は陶工にとっては命そのもの
 |;;|  .l:::;;| ヘ:、ト;;;ヘ\,ィく. |  /:;;;/:::::::::;;;;;;;;;;;;;|;;| };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 .|;|  ヘ:;;l ヘ.l::lヽヘ ヽヾレ /;;;ィ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|;;レ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   僕は、それを守りたい!
  ヘ、  ヘ;;l  .リ |l\.   .///;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;|l;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト:;|
       \''  ノ  ゙  ´  l:|::::::;;;;;;;;;;;;;;/;;|'|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. ゙
          ゙iヽ、  _   .l:|:::::;;;;;;;;;;;;;/;;;;l .|;i;|ヾ;;;;;゙i、;;;;;|
          .|::;ィ::゙::´   |l|:::;;;;;;;;;;;;;/.l;;/ l| l| ヾ、|.\|
         // |;l;;;::゙ヽ   |;:;;;;;;;;;;/ l;/   ゙  .|、,,_
         /'  .l|ヘ::::;;;ヽ‐'i'|;;;;;;;;/| /'   _;,:. -‐': : :ヽ
            .' ヘ::::;;;;;;;;| |::::/,rl  ,, -:'''´: : : : : : : : : ヘ.
              ヘ::::_;;l-'V/_;,〉'´: : : : : : : : : : : : : : : : ゙ヽ、
              .,r,r´,r''゙´ ゙、' : : : : : : : : : : : : : : :___ ヽ、
             /  ゙):{   (´.|  : : : : : : _,, -'''´ :r'''ヽ  `-ヽ
            /   ゙ヾ\,,_,,r''゙l   _,,-'''´ _,,_ i⌒'''゙: : :゙⌒'': :ヽ

396 :1:2009/08/03(月) 13:26:33.99 ID:Q7MSF6380

焼きあがってみると、それはそれは美しくじょうぶな、
中国の陶器にも劣らないできばえであった

これが、「最もイギリスらしい陶器」と称される
ボーンチャイナの誕生だったといわれているそうな

                       ___               
               r── ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄──__  
            ∠´                           ヽ /
            |-、                           _ イ!γ二`、
            |  `丶──--______--── ̄    ノk'"  ヾ.i
            ヽ                             ||    l |
            ヽ                            |    //
            ,.,,ヽ                         |    //
        ,,, ,,--''´r'ヽ                          ノ  __ノ/
     , .‐'´  -:'"゛  \                     ///-‐"ー-、
    r'    r' . : ::.     ヽ               , <二/''ー-、    ヽ、
  (     lヽ、  . : ::     `--_____--´:::j      ノ      )
    ヽ、   ヽ、 `''ー-、                ,,,,,,/,--‐'''´    ,.-'´
      `''ー-、,  冖ー--、,l_ /`''ー'`''`''ー'-─'─‐-,ノ,,,,,,,--‐'''´     '''´
         冖ー--、,________ _______,,,,,,,--‐'''´


399 :1:2009/08/03(月) 13:30:38.28 ID:Q7MSF6380

           ___
       /      \      
      /ノ  \   u. \    
    / (●)  (●)    \   ・・・ウソだお?
    |   (__人__)    u.   |   
     \ u.` ⌒´      /     ●の槍みたく、なんか怨念が
    ノ           \     こもってそうな茶器で
  /´               ヽ   お茶なんか飲みたくないお?
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)   あくまでも、「伝説」だよ
.   |     (__人__)  
    |     ` ⌒´ノ   ボーンチャイナは
   .l^l^ln      }    18世紀後半に登場するが、
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ     誰が最初に作ったのかは
   /   /   \     諸説あってはっきりしないらしい
  /   /      \  
. /    /     |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ     


403 :1:2009/08/03(月) 13:32:45.90 ID:Q7MSF6380

        / ̄ ̄\
      /  _ノ ヽ、.\       
      |  (●)(●) |       
      |   (__人/,〉.|      ボーンチャイナは日本でも作られていて
      {   ´フ´ ./._ }      値段もこなれてきているから、
      ヽ  ./,二ニソ}       
      _ヽ/  ,-― 、}ノ      茶器に関心があるなら
     /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ.    一度試してみてくれ
    /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}     
  /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\   なかなか風情があって、いいぞ
 . {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\
  ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:\:;/ヘ、
     ̄ ̄7:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;::;ゝ、`ーj 
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l:;:;:;:;:;:\~
     /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|ヾ:;:;:;/

【おわり】

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

カウンター