記事一覧

やる夫で学ぶ(考察する?)ファンタジー世界 第4話 「ファンタジー世界の作り方 国家編」

第4話 「ファンタジー世界の作り方 国家編」
68 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:12:56 ID:DRngb8gI0



━━━━━━━━━・━━━━━━…━━━━━━━━━━━━…━━━━━━━━・━━━━━…━━━━━



                  タイトル:やる夫で学ぶ(考察する)ファンタジー世界


                  第4話「ファンタジー世界の作り方 国家編」





━━━━━━━━━・━━━━━━…━━━━━━━━━━━━…━━━━━━━━・━━━━━…━━━━━

69 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:14:10 ID:DRngb8gI0




   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \    さて、国家についてだが、やる夫はファンタジーの国家と聞いて何を連想する?
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |



       ___
     /   ヽ、_ \       うーん……王様がいて、貴族がいて、騎士がいて、兵士がいて市民がいるぐらいかお?
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /



71 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:15:06 ID:DRngb8gI0



        ./ ̄ ̄\
      ./      \       まあ、大抵のイメージはそんなもんだろ。
      |     ー  ‐ i
      |   ( ●) ( ●)     国家と言っても時代や政治体系で雰囲気ががらりと変わるだろ・
      |     (__人__)
      |      `⌒´i      国と言っても王国、帝国、共和国など様々な政治体系があるだろ。
      ヽ.       ノ
       ヽ      ノ       更に軍事的、経済的、宗教的と3つのタイプにも分けられる。
         .>    <
        |     |
         |     |



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\       でもやらない夫、そんな細かく決める必要あるのかお?
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \    普通に~~王国程度でもいいんじゃないのかお?
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

72 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:16:06 ID:DRngb8gI0



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \     まあ確かに、細かく決めても全部説明すれば読者はだれるだろ。
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)   でもなやる夫、設定のあるなしじゃ物語の深みが変わるだろ、常識的に考えて。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



      ___
    /       \     設定に深み? 例えば?
   /          \
 /   ノ  ヽ、_    \
 |   ( ●) (● ).     |
 \ l^l^ln__人__)     /
  /ヽ   L⌒ ´
      ゝ  ノ



   / ̄ ̄\
  /   _ノ  \      俺が昔書いた小説で説明するだろ。
  |   ( ●)(●)
  .|     (__人__)_   同じ内容を設定を盛り込まないタイプと盛り込んだタイプで説明するだろ。
  |        `⌒´. ̄
  .|        ノ
  ヽ    .,ノ )/´二⊃
   >  /"/  '‐、ニ⊃ キンッ
./⌒ヽ  l    ´ヽ〉〆ヽ
(   ヽ/    __人〉ヾ_ノ,ゞ
.\  /   /   {  /

73 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:16:50 ID:DRngb8gI0



 例1:ある日、隣国の帝国が空飛ぶ船に乗って小国に戦争を仕掛けてきた。。

⊂⊃    ⌒丶         ./        〈              〈ヽヽ 甘         |
   ― ( ´∀`) ―    /          L            (*゚∀゚)ノ        ゙. ⊂⊃
      丶_,ノ        /           |            と ボ)          ゙l、
    / | \      /               ゙.                ┘ー-- .、、..,,__>
              /             ゙l、           ゙l、    |∧sd∧
              `゙゙"'''ー―-- .、、..,,__>'''ー―-- .、、..,,_>   (・∀・ ;)
  ∧∧    ⊂ ⊃            | |∧,,∧  ∧,,∧   | |      ┌(ж)と「ハ   ./ ̄>
 (゚Д゚,,).        ∧∧   夜勤 ! .(‐Д‐,,) ミ,,゚Д゚彡  ● ●    .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  _/
  \ `ー、_   (´∀`)ヽ(´Д`;)ノ (|切 |)  (ミ トミ)   (^_^;)   /|ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ| _フ
:     [匚 二_ ̄二二∪∪二二二二二二二二二二二二二二二二二二XXXXXXXXXXX |_/
     \. \_\__     |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili| ̄ ̄ ̄ ̄|
       \_ .\ \   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|┌====/ ⊂⊃
          \三三:============Welcome to 2ch WORLD===========:┘  /
  .⊂⊃         \_______________________/
                                         ⊂⊃
                   ⊂ ⊃                                 ⊂ ⊃
         ⊂⊃                        ⊂ ⊃



 小国は蹂躙され、逃げ惑う人々。

                                  _,    _,     _    _     _    _,    _    _
                                  |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_|
                               | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_
                               |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _|
                               |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|
                                   ∧,,∧           ∧,,∧          ∧,,∧
                                ∧,,∧(・ω・´)       ∧,,∧(・ω・´)      ∧,,∧(・ω・´)
                              ε=━┓Oニ)< >     ε=━┓Oニ)< >    ε=━┓Oニ)< >
                               /   ノ lミl_, (ヾゝ    ./   ノ lミl_, (ヾゝ   ./   ノ lミl_, (ヾゝ
        /■\      ウワァァァァ!           (o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒)(o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒.(o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒)彡
       (゚Д゚ ;) /■\        ヒィィィィ!  ..ノ    ヽ| | ̄ノl ノ   ノ    ヽ| | ̄ノl ノ   ノ    ヽ| | ̄ノl ノ
    /■\ ⊂  (;´Д`) /■\            / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_ ./ /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_ / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_
   (´Д`;|)/⊃ ⊂_ ⊂ 丶(´Д`;,)        ;;,;∴ブシャ   (_/  ヽノ ヽニフ|_|   (_/  ヽノヽニフ|_|   (_/  ヽノ
    ゝ   /  (´⌒;;;Y ソ  と_ ⊂ノ(´⌒;;;  ( ゚Д゚.;..       ;;,;∴.;..'-      (_ヽ            (_ヽ
    し Y 人 (´⌒;;;/■ (_)Y 人ヽ≡≡(´⌒;;;    ‐グエ=;..';;,;∴.;.⊃
    (_)'し   ⊂(゚Д゚ ;) (_) ソ ≡(´⌒;;;     ⊂( ゚Д゚.;..';;.,;∴.

74 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:18:07 ID:DRngb8gI0



 小国に暮らしていた少年は魔法騎士となり

     __
    /    \
  ★⌒|    ∧
 ____|三三三三、____
 `----/  ― ‐\----´  エターナルブリザード
   /   ●   ●\
   |  ⊂⊃ (_,、_,) |
   ヽ____   __ィ’
   (___><_)
   /^ヽ    y'  ヽ
   |   |      | |
    |____|       | |
     、_ノ      ヽ
   / , ― 、  , ― 、i
   ヽ(__)__ノ__)



 その力で帝国を倒しました。(終)

                               ヽ`
                              ´
                               ´.
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´

75 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:19:11 ID:DRngb8gI0



 例2:主人公の暮らす小国は天然の要塞である山に囲まれた国。


, '⌒ヽ       (    ⌒ヽ            , '⌒ヽ ⌒ヽ           r ⌒ヽ
     )    (       )          (        ⌒ヽ    r ⌒(     ⌒ヽ

        , -'""'- 、                    _,..-'''"~""~"""''''- 、
      , -'"::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、             _,..、-''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;; ;;:;: :::''"'- 、
    , -'"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、      _,,.-‐''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'':::::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、
.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.
::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;''
,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;
,:,,;;,,:,,;;,,,:,,;;,,:,,,,;;,,,:,,,:,;;,,:,,,;;,,,,:,,,;;,,:,,;;,,:,,;;,,,:,,;;,,:,,,,;;,,,:,,,:,;;,,:,,,;;,,,,:,,,;;,,:,,;;,,:,,;;,,,:,,;;,,:,,,,;;,,,:,,,:,;;,,:,,,;;,,,,:,,,;;,,:,,;;,,:,,;;
'"""'''""""'''""""'''"", -'", -'"""'''"""'"""'''""""'''"""""'"", -'", -'"""'''""""""'''""""""'''""
||||||||||||||||||||||||||||||-'", -'||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||,
||||||||||||||||||||||||-'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'",
||||||||||||||||||-'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"
||||||||||, -'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"
||||, -'", -'"|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"
, -'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"




 古来から伝統工芸品の交易で非常に豊かでした。

.        ____
.       /⌒  ⌒\
.     /  >   < \
.     | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
.      ヽ    (_.ノ   ィ’
     /       _|___
    |   l..   /l.カスタムロボ. `l
    ヽ  丶-.,/  |.バトレボ __|
    /`ー、_ノ / ̄ ̄ ̄ ̄/

76 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:20:01 ID:DRngb8gI0



 しかし、その交易品の利益と、天然の要塞の防衛力に目をつけていた大帝国。

        // ′ {    l|   |l    !   ノ |l
          |l      ヘ  八 I 八   ,′ /   {!
        ∨从  へヘへ、 ヘll/  ハ_/VX     lレ}
.        ∨  从    \ || /     刄   //
          ∨  k \    `"     / 〈  //
         ∨/  __\、、     ∠___≦ /´
         |ソ|  ヽ ヽツ`    イヽツノ´斥}/
__        ー}   ` ̄   ,      ̄  }-'         __
.   ¨≧ 、  〔__〕ハ        l|       /〔__〕   ,r ≦¨
       \     ヽ        i}         ′   /
       ヘ  __イ\ 丶 ____,ノ  /ヽ、、 ./
        ∨ ヘ:;:;:;:;|` 、 ` ニニニ ' /l;:;:;:ヽ∨
        ∧ ヘ:;:;:;l  >、  , イ   l:;:;:;:;:/∨
         ∧ ヘ:;:;:l      `´     l:;:;:;/  ∨
         ∧ ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;: __ :;:;:;:;:;:;:;:;:/    ∨
   ____/   `\_/_⌒_\_/´      \___
     ―一 ´        l   | |   l          ` ー-


 当初はその険峻な山脈(に阻まれ攻めあぐねていたが、空飛ぶ船の技術を手にいれ遂に侵略する。

⊂⊃    ⌒丶         ./        〈              〈ヽヽ 甘         |
   ― ( ´∀`) ―    /          L            (*゚∀゚)ノ        ゙. ⊂⊃
      丶_,ノ        /           |            と ボ)          ゙l、
    / | \      /               ゙.                ┘ー-- .、、..,,__>
              /             ゙l、           ゙l、    |∧sd∧
              `゙゙"'''ー―-- .、、..,,__>'''ー―-- .、、..,,_>   (・∀・ ;)
  ∧∧    ⊂ ⊃            | |∧,,∧  ∧,,∧   | |      ┌(ж)と「ハ   ./ ̄>
 (゚Д゚,,).        ∧∧   夜勤 ! .(‐Д‐,,) ミ,,゚Д゚彡  ● ●    .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  _/
  \ `ー、_   (´∀`)ヽ(´Д`;)ノ (|切 |)  (ミ トミ)   (^_^;)   /|ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ| _フ
:     [匚 二_ ̄二二∪∪二二二二二二二二二二二二二二二二二二XXXXXXXXXXX |_/
     \. \_\__     |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili| ̄ ̄ ̄ ̄|
       \_ .\ \   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|┌====/ ⊂⊃
          \三三:============Welcome to 2ch WORLD===========:┘  /
  .⊂⊃         \_______________________/
                                         ⊂⊃
                   ⊂ ⊃                                 ⊂ ⊃
         ⊂⊃                        ⊂ ⊃

77 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:21:08 ID:DRngb8gI0



 いかに豊かな国と言えど、大帝国の擁する10万の軍団にはあらがえず、あっという間に窮地に立たされてしまう。

                                  _,    _,     _    _     _    _,    _    _
                                  |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_|
                               | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_
                               |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _|
                               |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|
                                   ∧,,∧           ∧,,∧          ∧,,∧
                                ∧,,∧(・ω・´)       ∧,,∧(・ω・´)      ∧,,∧(・ω・´)
                              ε=━┓Oニ)< >     ε=━┓Oニ)< >    ε=━┓Oニ)< >
                               /   ノ lミl_, (ヾゝ    ./   ノ lミl_, (ヾゝ   ./   ノ lミl_, (ヾゝ
        /■\      ウワァァァァ!           (o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒)(o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒.(o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒)彡
       (゚Д゚ ;) /■\        ヒィィィィ!  ..ノ    ヽ| | ̄ノl ノ   ノ    ヽ| | ̄ノl ノ   ノ    ヽ| | ̄ノl ノ
    /■\ ⊂  (;´Д`) /■\            / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_ ./ /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_ / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_
   (´Д`;|)/⊃ ⊂_ ⊂ 丶(´Д`;,)        ;;,;∴ブシャ   (_/  ヽノ ヽニフ|_|   (_/  ヽノヽニフ|_|   (_/  ヽノ
    ゝ   /  (´⌒;;;Y ソ  と_ ⊂ノ(´⌒;;;  ( ゚Д゚.;..       ;;,;∴.;..'-      (_ヽ            (_ヽ
    し Y 人 (´⌒;;;/■ (_)Y 人ヽ≡≡(´⌒;;;    ‐グエ=;..';;,;∴.;.⊃
    (_)'し   ⊂(゚Д゚ ;) (_) ソ ≡(´⌒;;;     ⊂( ゚Д゚.;..';;.,;∴.



 そんな小国に暮らす一人の少年。彼は国を憂い、神に救いを求めて祈りました。

                ___
           /    \
          /    ―  ヽ   神様助けてちょんまげ
          |     ●   l
          >  ⊂⊃(_,、_)
         /    ⌒ヽー'
.        /      |  |
        | 、    <|  |
       /r⌒ヽー  l  ヽ、
      / |  __ノ ー‐' \
     r⌒ヽ`ー', --'    `--、、l
     |  | ' l〔__ ( )__〕l
     ヽ_) |__二二||__||二二|
              ̄ ̄

78 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:22:05 ID:DRngb8gI0



 敬虔な信者であった少年の祈りは神に届き、神は少年に魔法の力を与えた。

       , -─ -- 、
     γ         ヽ
     /         lヽ
    l l          l |
    l |         |l n   んー? いいよー。
  _  |/    `、l/, ___ヽ/|
  ヽヽヒ─--─>、く´_。__,' ( ./
   ) lー `ー゜-'ヽ l ' -ー ) l
   ( )   ̄ ,   ヽ- _ ノ /
   ゝヽ、  / ーu-' 、\ l
      l ,' , -- ─、_ )ノ
       ヽ  `ニニ '  /
       \    __/



 髪より魔法の力を与えられた少年は魔導騎士を名乗り

          __       *'``・* 。
         /    \.      ☆     `*。
       ★⌒|    ∧    `|´      *
       ____|三三三三、__ |       *
       `----/―  ―\-,、っ      +゚
        /  ●   ● \.ヽ()    ゚*
        | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂| /   +゚  <…魔法少年とかダレ得だよオイ
        ヽ___     ィ’   。*゚
    ( | ̄ ̄ ̄ヽ   ̄\| 〕/。*・ ゚
   ,。・'||     lニ―-,。*・゚
   +  ||___/。*・"゚   |* 。
    `・+。,,。 *・ ゚       |  `*。
      ,=、         |    *
     ( ⊂\_____ノ    *
       ̄   //ν/    。*゚
           ゛、__)  ☆


 大帝国に立ち向かい、打ち破りました。

 ゝ、              (___ノ                /∠ノ| _l__    、 i亠┐
\::::::ー- ... _       iY'/_ ソ `ヒl             /:::::二)  ノ|  |,  |   ノ
  丶、:::::::::::::::::`..ー-.._  ヘト-`l lニ'/ー'   __ _,-一-一'__、_::::-/  _l__ /  _l__
    `ヽ、 ;;;::::::::::::::::::::: ̄,人ト-ャ/ー一' ̄:::::::::::::::::::: _/´     ̄)   ノ|  \   ノ|
         ̄ ┐::::::::::::ヾ[l兀l]:::::::::::::::::::::::::::::;;; 一 ´        \     ソ ゙ _l__
           |:::\:::ー-::::::人:::::::::::::/ ̄ ̄              ) ┃ `て  ノ|
           l:::::::::::`:::::ーノ ヽ:::::::/      _ィ_       ノ  ・ _l__ _l__
  ご あ ご    |:::::::ヽ:::::::::) さ (::::/      r´, 、、〈ー- 、_/7 \    ノ|   ノ|
   ざ り 愛   |::::::::::::::::::::| あ |/   ll\/l l ヽ ヘ‐___,ヲ)_  )
   い が 読  l::::::::::::::::::::l 来 l    \ \wwY´l_`二7 /T ´  ̄\/⌒ヽ/ ̄
    ま と   /::::::::::::::::::::::| い |     `∨    |l__,/ / |
    し う  /:::::::::::::::::::::::|ヤ |        l`     `〈ー/ / ,!
     た   /:::::::::::::::::::::::::::|マ |        \     ∨ / ̄
     ! /:::::::::::::::::::::::::::::::|ト l、       __ゝ,   ///
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ!/::ヽ     /  `L__.///
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ/::::::::l    〈   ̄| /// l
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    ヽ  l l/〈´
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      \ |   |

79 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:22:43 ID:DRngb8gI0



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |   ( ―)(―) シュポ      どうだ、全然深みが違うだろ?
  .|     (__人__) チリチリチリ……
  |     .,ノ )/´二⊃
 人   /"/  '‐、ニ⊃
./  ヽ  l    ´ヽ〉〆ヽ
(  ⌒ヽ/    __人〉ヾ_ノ,ゞ
.\  /   /   {  /



         ____
       /      \      うん、深みがあることはわかったお。
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ    でもAAのチョイスのせいで微妙だお。
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!

82 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:26:13 ID:DRngb8gI0



   / ̄ ̄\
  /   _ノ  \      まあ、アイデアの引き出しを増やす為に国家体制も覚えておくだろ。
  |   ( ―)(―)             ,  、
  .|     (__人__)  ふぅーッ    ,´ ( ⌒ヽ )
  |       `-=━・   --==≡三三 ( (  ) ) )
  .|        ノ            ヽ `ー ノノ
  ヽ    .,ノ )/´二⊃           ヽ_- ノ
   >  /"/  '‐、ニ⊃ キンッ
./⌒ヽ  l    ´ヽ〉〆ヽ
(   ヽ/    __人〉ヾ_ノ,ゞ
.\  /   /   {  /



   / ̄ ̄\  ( ;;;;(
 / _ノ  ヽ\ ) ;;;;)   国に必要な物は「領土」「国民」「主権」この三つだろ。
 |  ( ─) (─)/;;/
. |   (__人__) l;;,     領土を決めなければ国と国と戦記物が作りにくいだろ
  |    ∩ ノ)━・'     他にも領土が大きければ資源豊富で豊かな国
.  |   /  ノ´ }      海があれば漁業や貿易、大国に囲まれれば政治が不安定などイメージが広がる。
.  ヽ  / /    }
   ヽ/ /   ノ

84 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:27:05 ID:DRngb8gI0



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(   国民も人種、年齢、男女比など、ここら辺を弄れば話が作れる。
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/  人種なら人間とエルフやドワーフで法の保護が違うとか
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'    高年齢の住民が多ければ日本の高齢化問題みたいなネタができる。
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │     男女比に関しては男だけの国、女だけの国とか作れるだろ。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)  主義はその国の政治、法律、軍事力、歴史、将来像など
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|    政治は王政か民主か、誰が支配しているかだろ。
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }    支配者は王が一般的だが、王がいないなら法律、法律がないなら力が支配しているだろ。
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__    その国では民から慕われているか、圧政を強いているか、狂人的なカリスマで統一しているかなど
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

87 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:28:05 ID:DRngb8gI0



      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)  主義はその国の政治、法律、軍事力、歴史、将来像など
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|    政治は王政か民主か、誰が支配しているかだろ。
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }    支配者は王が一般的だが、王がいないなら法律、法律がないなら力が支配しているだろ。
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__    その国では民から慕われているか、圧政を強いているか、狂人的なカリスマで統一しているかなど
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /



    / ̄ ̄\ .........::::::::::...r‐ ' ノ.
  /      \........::::::::_ ) (_    善政ならクーデターは起こりにくいし、圧政なら国民が不満を持っている。
  |::::::: :      |.....:::(⊂ニニ⊃)
  .|:::::::::::::     |....: ::::`二⊃ノ    これだけでも色々話が作れるだろ。
   |:::::::::::::      |..: :::: ((  ̄
   .|:::::::::::::::     }    [l、      法律でもいえることだがどんな政策をしているかで国のイメージが変わる。
    ヽ        }  /,ィつ
   /   ヽ   . ノ .,∠∠Z'_つ     ある日突然くしゃみをしただけで死刑なんて法律があったらどうする?
  /    ''⌒ヽ  ./ .r─-'-っ
 .| (      / } ./  ):::厂 ´
  |   /  .// .ト  /

89 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:29:06 ID:DRngb8gI0



        / ̄ ̄ ̄ \
       ノし ゙\, .,、,/"u\    ふざけるなってやる夫なら抗議するお!
     / ⌒ (◎)ヾ'(◎)u \
      | u  ⌒゙(__人__)"⌒ u |
       \ u   `ヾ,┬、/` ,/
.       /⌒/^ヽ、 )__( ,ィヽ、
      /  ,ゞ ,ノ ゙⌒" ,  ゝ、
     l /  /      ト/.\\



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、_ \   現代社会で暮らす俺達ならそう思うだろ。
       .| ( ●)(● ) |
       .|  (__人__)  │  でも、その作品世界ではそれが当たり前だったら?
        |   `⌒ ´   |
        .|           |   昨日まで善政を行っていた王がいきなりそんな事言い出したら?
 r、     r、ヽ       /
 ヽヾ 三 |:l1.ヽ      /   ほれ、これで話が出来ただろ。
  \>ヽ  |` } >     <
    ヘ lノ `'ソ       ヽ
     /´  /,1      | |
     \ ノ .|     | |

91 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:29:56 ID:DRngb8gI0



         / ̄ ̄\
      / _ノ  .ヽ、\   次に軍事力だが兵が多いか少ないか、ファンタジー独特の兵科の有無。
      |  (●)(●) |
.      |  (__人__) .|  軍事国家なら軍人や武官が発言力が高いだろ。
       |  . '´n`'  .ノ
       .ヽ .  | |  }  経済国家なら逆に文官、宗教国家なら神官が発言力を持つ。
        ヽ.. ノ .ュノ
        / { ..ニj、
        |. | "ツ \
        |. | .l  |ヽ、二⌒)

93 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:31:06 ID:DRngb8gI0



 軍事国家がイメージしにくいなら、「喧嘩が強い相手には堂々と逆らえない」とイメージするだろ。

              |                |    も   で  せ  世   あ  こ
        む    |                |    な   き  い  界   れ   れ
       ひ    |                |     :  る   ふ  を  ば  だ
       ひ    |                |     :  か  く         `  け
       ひ    |               \    °
         °   |                  -─-  ─────────────
              /            /::::::::::::::::::::::::::::::::\      ___
  \           ,ゝ         /∧/〈  ∩ 〉\∧∧    /     \
   \____/            // ..::::::::::ゝ,乂ノ::::::::::::.. }   ( /      ヘ
              ____   /⌒Y :::::::::::i⌒i:::::://:::::::::  |-、   〉(_/       |
.          /   __ ) .{ (ノ :::::::::::゙┴'::::::::::< ̄::.. K) }  i (_/      |
         イ    ___ Yヽ ̄7       ( ̄ ̄ ̄)    ヽノ⌒'ゝ─(   う   /\
            |      ヽノ | イ   (      ̄| ̄      ) }      ゝ-く__/   \
            |      ̄ヽノ / .|    |\      |    _/| |         |       |
          /ヽ  r‐   )ァ   ヘ    \| ̄Tー┬一T  |/ |         |       |
.       /    \    ノ/   \   ` ┴、__|_,┴'´   /     |            /
       {          /       \           /       ト、        /
      \          ,/          `ー─-、_, -─'        | `ー───'
       \     /|                           |
         `ー‐ ´  /                               |
                 【軍事国家 AA代行ジャイアン】



                    /!/{  / ヾ--r
                 _  /     ̄    <_
               _.>`´       ___<
    ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ   >    r‐'" ̄ ̄     ヽ 、―ニ
  / ´`ヽ _  三,:三ー/ ,    |  `ヽ _       三,:三ー
 .ノヽ--/ ̄ ,    `    ̄/    |   ノ   ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  }  ...|  /!        / /⌒ヽ,|  ミ }
  }`ー‐し'ゝL _      レ l d     _}
  ヘr--‐‐'´}    ;ーー- | ヽ、_,   _,:ヘヽ-------------
   `ヾ---‐'ーr‐'"== .|/|  \          r= ==-
                  ヽ/l/|` ー------r‐'"    ̄ ̄
                     |└-- 、__/`\-:、
                    __,ゝ,,_____/ \_」 \
   【軍事国家に蹂躙される弱小国家 AA代行のび太】

94 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:32:05 ID:DRngb8gI0



 同じく経済力も力の一つだろ。経済力を駆使して敵対国のテロリストを支援したり
 市場買占めなど流通を操作して間接的に攻撃したり。

   ____________
 /               <
|                <
|      / ̄√ ̄ ̄Τ ̄ ̄
|     /    /⌒\|
| |⌒\/     |  ヽ||     悪いなのび太、このゲーム3人用なんだ。
| | ∂       \_」|
| \            ∟__
|  /       ____/
 \/        \____
  |      ____/
【経済国家 AA代行スネ夫】



\\  /_________   ヽ
     l/⌒\l l/ ⌒ヽ  |   |  お願いだからプレイさせてよー!
      |    V       |_|   ノ
      |   ≫|≪    |  l/⌒ヽ
   (⌒ヽ#ー∧ ー#♯     |
    \ _____ /⌒ヽ _ノ
        ヽ         | |
          |           | l
         | /⌒ヽ⌒ヽ ノ ノ
       ⊂二二二二二´/
            ,ー──´ノ、
          /| / \/ ヽ
【経済制裁を受ける国家 AA代行のび太】

95 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:33:05 ID:DRngb8gI0



         ____
       /     \    軍事と経済はわかるお。でも宗教がどうして力になるお?
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



   / ̄ ̄\
  /   _ノ  \   わかりやすく言えば宗教の教主が王を兼任したり
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)  宗教の教主から王を任命されたりする事で宗教が力を持ったんだ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  
.  ヽ        }
   ヽ (\    ノ、  国が国教を定めるのも、国民の不満を信仰で緩和する為だったりする。
   /  \\く} j
   |  〈 ̄ ゙ヽ ヽ
   |  .に    }
   |   (___,ノ

96 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:33:57 ID:DRngb8gI0



 宗教が力を持てば国民を扇動して国を動かす事もできた。

       _ _,,,,,__
     /: : : : : : : : : \
     /: : : ;;; : : : : : : : : :ヽ、
   | : : : / ) :_ノ^): :ノ^_):丿   のび太さんなんて、嫌い!
 .  | : : :/ / ヘ_   ヘ_|
   | : : |  | (゚|    |(゚| |
   ヽ,-i   -′  、-′|
   _ | ヽ      _′ ノ
 /: : :`ノヽ、    ヽノ /:ヽ
 ゙ ---′ __| ` -┬´ \;;ノ
     /ヽ\ ̄∧ ̄ノ`ヽ
    |  |    ̄   ̄ | |
【宗教国家 AA代行しずか】



    (  な    の    い `ヽ
    _>  く  .  ぞ    き   /
   (   し    み    る  (.
    `;  .た    を        )
    /   °         rー'
    `------ーt,       |
 ゜ 。  __.._ .  。 \ /`ー─'
     .{川cj      ~
:=-    i T´   . °
   /´~⌒ヽ. ゜   -=:
=-  レ'r.;_r-'´`ーvwn,、
 r'~`r---'~ )、 (!||||||||!)   -=:
 `-└─¬´r~ニゝ'^y'.つ
        `ー└-.._`;
【宗教国家から異端扱いされた弱小国家 代行AA略】



.

98 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:34:56 ID:DRngb8gI0



.     / ̄ ̄\
.   /        \  歴史だが、これは国の起源やその国で過去に何が起きたかだろ。
.    |  _ノ  ヽ、. .|
.   !. (一)(ー) | 例えば2年前に隣国を攻め滅ぼしたなら、隣国の生き残りが復讐を企てたりとかな。
   , っ (__人__)  |
.  / ミ) `⌒´  /  歴史といっても年表みたいにせず、過去にあったらしい程度でとどめておけ。
.  / ノゝ     /
  i レ'´      ヽ  細かく決めると後々話の流れでつじつまが合わなくなると修正が難しくなるだろ。
  | |/|     | |



       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \    最後に将来像だが、ようはその国が今後どうするかだろ。
     |   ( ●)(●)
     .|    (__人__)   領土拡大の為に戦争を仕掛けるか、王政から民主主義に政治転換するなどだろ。
      |     ` ⌒´ノ
     . |         }     __
      ヽ        / ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒ ヽ     /     /     /
.    \  \ ,(つ     /   ⊂)
     | \   y(つ__./,__⊆)
     |  ヽ_ノ   |
     |         |_
      ヽ、___    ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ

100 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:35:55 ID:DRngb8gI0



          ____
        /ノ ヽ、_\    国一つでも設定を考えるだけでこんなにイメージが広がるとは思わなかったお。
       (●) (● ) \
    /⌒(__人__)⌒   \
    |    )  )    u.   |
    \   `ー'´      /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ           ヽ /
   \_,,ノ|      、_ノ



       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \   大まかに国の政治は二種類。
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)   君主制と言う主権を王、大公、皇帝、首長、教主などが所持している国家。
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \ 主権を持ってる人物によって、王国、帝国、教国などの呼び名がつく。
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

101 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:36:50 ID:DRngb8gI0


   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /   もう一つが共和国。王を頂点におかず、国民に主権がある国家だろ。
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../
  |    ` /       ``77   /    国民全員が集まって決める直接民主制、国民が選んだ代表が主権を行使する
.  ヽ   /          / /   /
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./     間接民主制があるだろ。
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /
   |. \   〈\.\,〉 `,  f
    | . \  (ヽ ヽ `..   |
    |    .\ \      ノ



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \    ちなみに共和制=民主主義とは違うだろ。
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

102 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:37:56 ID:DRngb8gI0



     ____
   /      \    え? 違うのかお?
  /_、 ,,/"  \
/ (●) ゙(●) U \
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/



              / ̄ ̄\    民主制とは国民が選挙で政治家を選ぶ。
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |   |  (__人__)  |  任期を終えればまた国民に戻る。
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ



       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ   ところが、その政治家に任期がなく
     |     ( ●) |
     |      (__人)  世襲や貴族による独占した場合は
     |        ⌒ノ
     ン        ノ   寡頭制と呼ばれるだろ。
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ

104 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:39:01 ID:DRngb8gI0



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \    国家も大体三つのタイプに分かれるだろ。
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)  一つが都市国家。古代ギリシャのポリス、中世の商業国家
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }  現代ならモナコ公国やバチカン市国がこれに当たるだろ。
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ



     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ     通常国家、領域、国民、主張を持った国。交通の整備で規模が変わるだろ。
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫  最後が帝国。通常国家をいくつか支配しているだろ。
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄|   皇帝によって支配される事が多いが、共和制や旺盛を取る事もあるだろ。
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



     / ̄ ̄\           さて、実際にどんな国家があったか、どんな歴史を持っていたか簡単に説明するだろ。
   /   _ノ  \   .___
   |    ( ー)(●)  ( ⊂⊃ )
.   |     (__人__) ホワッ ̄ ̄
    |       ( ( ノ
   .l^l^ln    ⌒ }
.   ヽ   L     }  ∩ ノ)━・
    ゝ  ノ   ノ / _ノ´
   /  /    \/  |
  /  /       '  |
. /  /      |ヽ__ノ
 ヽ__ノ

105 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:39:51 ID:DRngb8gI0



 古代ローマ帝国。紀元前27年~西暦395年の東西分裂まで、地中海周辺を支配していた。

 最盛期には40~50万の軍隊を保有、帝国と植民地を結ぶ約8万5000kmの道路が存在しただろ。

                      ,. - ‐ - .,
                   ,r,,'´r ノ  ミ《、、 `,ヽ
                  r', 从ノi {ノ}}、,`i ゛{ ト"'゛ヽ
                  ゝ从 ` ' ` " '" `^}{ 〃, ハ
                  {,{,,、 ,, ,、  ,. r=、'ゝ, リ"ハ
                  ゛}=示'} ≧"志、 ` {( リ} } i
                   { ` ,'  ` `゛ー´ |j "彳,r、}
                       }  !、 _      r "{´' }
                   }  `´      ´  r' ./
                   ハ' ´ニ二ー- i /  r-イ
                    ヘ    `     ノ  |
                     'ー、__,. r ‐ ´  .| ,、
                     ,.イ i      |   >' ヽ
                   ,. r ´/| ト、    リ  r'三三ミゝ、
             _ ,. rー ‐'´         /   ノ三三ミr ´| |ヽ
          ,r‐ ' ´  、       ヽ       /三三ミ/|リ| |き| |ヽ
         /      `ー――--、   ,.----‐イ三三/| | | | | 屋| | ハ
        /                   /|/三三/| | リ| | | /| | r ´ヽ
       /   ,               /i | /三三イ| | /| | | | /| | | |ヘ、
        r    ヽ            /き| |イ三三/ミ|| | | | | |/| | | | | | | |`
      i      ヽ         /| | | 屋/三三三ミリ| | | | /| | | | | | | | | ハ
    /´  ,.、-‐-、 リ     ,. ri´| | | | | /ミ/三三三三/| | |/| /| | | | || | | |
   ./ r‐r',._ `^ヽ,`ー-、,. r´ir´| | | | | /ミミ/三三三三/| | //| | | | | | | | | | |
   / r‐ィ´   ̄`ー ,. `、 ヽ/| | | | | /,. -‐-ー―-´-`‐-、/r'| | r―-| | | | | |
  ./  }‐',´,、` ≧ _、 _≧ ---― ´   ",     ´`ー-っ-L| | | | | | | | |
  {   `r ´ ̄ ,             , , ; ー,、_   '" ,. ´ヽ´ヽ、|ヽ≦

107 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:41:06 ID:DRngb8gI0



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(   ローマ帝国をモデルにするなら専門用語や役職
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/  奴隷の存在は無視できない。
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



       ___
     /   ヽ、_ \     奴隷がかお?
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

108 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:42:05 ID:DRngb8gI0



   / ̄ ̄\  ( ;;;;(
 / _ノ  ヽ\ ) ;;;;)   ローマ帝国の生活基盤を支えていたのは奴隷だ。
 |  ( ─) (─)/;;/
. |   (__人__) l;;,    時期によっては市民より奴隷の方が多かった事もあるだろ。
  |    ∩ ノ)━・'
.  |   /  ノ´ }    奴隷と言っても待遇は千差万別だ。俺達がイメージするような
.  ヽ  / /    }
   ヽ/ /   ノ     過酷な労働と不当な生活環境に暴力もあれば、下手な市民より身分の高い奴隷もいただろ。



       ____
     /ノ   ヽ、_\    奴隷なのに偉いってどういうことだお?
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

110 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:42:46 ID:DRngb8gI0



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \    一つは知識や専門技術を持った奴隷。どの時代も手に職があると強いだろ、
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)   もう一つは貴族や皇帝など特権階級の奴隷は一般市民より地位が高かったらしいぞ。
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }    奴隷の値段も現代の値段で計算すると労働奴隷で500万前後、
.   ヽ   L     }    荷運びようのラバが150万前後らしい。
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \    技術知識を持った奴隷は千万~億もしたらしいぞ。
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ



     ., ──‐、
    /     \   ここら辺を題材にして、奴隷が主人公の話なんかも面白いだろ。
    |     _ノ  ヽ
   |     ( ●) (●)
   |       (__人__) , -―ーっ
    |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
   . ン         }  |. |
  /⌒        ノ  .|,  |
 /   ノ   _ィ ´ー‐ィ'  |
../   /    r_____ ノ
/   /      |i

111 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:43:48 ID:DRngb8gI0



               ____
             /      \   所で、役職とかはどんなのだお?
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \    執政官(コンスル) 統治権と軍事権を持つ最高職。権力の集中化を防ぐ為に常に二人いた。
     |   ( ●)(●)
     .|    (__人__)   独裁官((ディクタトル) 非常時に一人だけ置かれる役職で、
      |     ` ⌒´ノ   独裁官に対しては誰も否定権を使えないだろ。
     . |         }     __
      ヽ        / ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒ ヽ     /     /     /
.    \  \ ,(つ     /   ⊂)
     | \   y(つ__./,__⊆)
     |  ヽ_ノ   |
     |         |_
      ヽ、___    ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ

113 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:44:30 ID:DRngb8gI0



               /    //  /‐───- 、   \
              /r‐─‐ァーf/    /-────-、 \\ ヽ   ここの支払いはキョンの驕りね。
               / ∨三/'¨7   /   / /      \厶 ハ ',
.              /  \/__,/   /  ,イ l  |       il V∧ハ
            /  _//〉‐/    /\/ |i |l | 丶    i|  l ト、 ',
             ,′ f⌒∨ /    /ハ {\! |l !{   \  i|  | トく l
            / ハ.  V    /ィfテミ、 ヽ八 ヽ    ヽ_|  l |/ |
             l l 〈_∧   ',   ハ{_f::j:リヾ    ヽ∧>七 j  ! |_  |
             | l   _ム _ ゝへ| V;之_        _ ヽハ ,' /  | \|
             | l  >'´     ヽ           ィ≡气 / /  l\/!
             | l  |   -ー―一ヘ   , 、__  ヽ    〃:/|   ∧ |
          j八 |       __}  {  `ア    ,ムイ /  ,イ__j│
         ,r≦三ヘ   ̄    ト、 ` ー'  ,. イl│ Ⅳ  / | jlリ
        /  /  ハ   _,  --‐〈. >‐r<  /l│ 〃  / j /
          // /   | ハ     , イ1  /   ヽ./ ∧/   / /'
.        〆 /    い \ -<  }}/ ̄ ̄`ヽ>ーイ 、 /
      〈  /     ∨ 代\   ハ、 , -―‐- 丶 //丁fヽ
      ∧/       ∨   `三彡' \    __ ∨´  |│ l
      l |        \==彳│  \/  ` |   |│ l
      l |          `ー‐ ´ |    \    l|   |│ l
              【独裁官 AA代行ハルヒ】



 ::::::::::::::/ |::::::::::::::::∧:::::::::::::∧::::::::::::::::::::::!::::::::::::|::|
 ',::::::::::;′|:ハ:::::::::/  '.:::::::::/ V:::::::::::::::::::|:::::|::::::|::|
  ∨::::l.  |! |::::::/   '.::::; ′ ∨::::::::::::::::|:::::l::::::Ⅳ
.  ∨:|   |:::/    }; '_..-'´ ∨:::::::::::/:::l::|::::::|    あの……今月厳しいんで拒否権を……
   ∨    |/  _..-'´      ',:::::::::/:::::ハ|::::::|
       ,.. '_______   ' ::::/::::/::::|::::/    <独裁官権限で却下します。
        '´     ∪  `' |::/:::::/|::::l::::′
           ー‐---一'   |/::::/ }:∧:|    oh……
                   ,′:/ /リ `
                    ハ ,:::::/ /
                 ∪/:::/  ′
.   |              /V/
   l|                厂7
.   !             /∧|
               /:/
【拒否権を却下されたローマ人 AA代行キョン】

115 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:45:16 ID:DRngb8gI0



               ____
             /      \   非常時って例えば?
           /   ⌒   ⌒\
          /   ( ●) ( ●)ヽ
            l      ⌒(__人__)⌒ |
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \   外敵の侵略や疫病など国家存亡の危機などに対して
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │  権力が分散していると非効率だから、そういう時に
  |   `⌒ ´   |
.  |           |   元老院からの要請で6ヶ月間の期間だけ任命される。
.  ヽ       /
   ヽ      /   ハンニバルで有名なポエニ戦争時に独裁官が任命された。
   >     <
   |      |
    |      |

116 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:46:13 ID:DRngb8gI0



            ___    ━┓
         /   ― \   ┏┛
       |     (●) ヽ\ ・   お? なんで6ヶ月なんだお?
       l   (⌒  (●) |
        〉    ̄ヽ__)  │
.     /´     ___/
     |        ヽ
     |        |



   / ̄ ̄\
 /   __ノ ヽ     ローマは王を恐れていた。
 |    ( ●) )
 .|       (__人)   紀元前509年、圧政を強いていたタルクィニウスが市民の反乱によって追放された。
  |         rつ
  .|        ((三) それ以降ローマは王政を恐れた。 王が生まれるとまた圧政が帰ってくると信じていた。
  ヽ       ( <
   ヽ    /∧ ∨
   ∠    /⌒ ∧ ヽ
  (  \ /  / ___)
  |\  ''  /|
  |  \_/  |

118 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:47:05 ID:DRngb8gI0



        .___
     /)/ノ ' ヽ、.\      お?  そんなに王政を恐れたのに何で帝国を名乗ってるお?
  ./ .イ '(●)  (●) \
  /,'才.ミ)  (__人__)    \
  | ≧シ'  ´ ⌒`        |
  .\ ヽ           /



.     / ̄ ̄\
.   /        \   執政官、元老院、護民官など複数の役職を作って
.    |  _ノ  ヽ、. .|
.   !. (一)(ー) |  王のように一人に権力が集中しないようにした。
   , っ (__人__)  |
.  / ミ) `⌒´  /  独裁官は国が滅びそうだから特別処置として期間を決めただろ。
.  / ノゝ     /
  i レ'´      ヽ
  | |/|     | |

120 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:47:55 ID:DRngb8gI0



          ____
         /      \      なんだかややこしいお。
        /        \
      /) ノ '  ヽ、       \  残りの元老院や護民官と言うのは何だお?
    / .イ(ー) (ー) u     |
    /,'才.ミ) (__人__)       /
   .| ≧シ' ` ⌒´        <
  /  /                ヽ



   / ̄ ̄\
  /   _ノ  \    元老院(セナトゥス)とはローマの貴族達で構成された諮問機関。
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)   護民官(プレビス)はローマ市民達の代表で
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }   執政官や元老院が可決した法案を拒否する権利を持っていただろ。
.  ヽ        }
   ヽ (\    ノ、
   /  \\く} j  執政官、元老院、護民官がローマの政治を担っていただろ。
   |  〈 ̄ ゙ヽ ヽ
   |  .に    }
   |   (___,ノ

122 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:49:11 ID:DRngb8gI0



       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \   ローマ帝国は支配態勢を徹底する為に中央から政治や軍事の担当官を派遣しただろ
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)  支配地の治安や情勢は担当官の能力によって左右されただろ。
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)



     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ      支配地の呼び方は色々あっただろ。
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫  本国は皇帝自身が治める領地。
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄|   元老院属州は治安の良い場所で軍隊もいない。
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |  統治者は元老院議員から選ばれ、総督と呼ばれていた。
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

125 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:50:18 ID:DRngb8gI0



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \   皇帝属州は国境に位置する、軍事的緊張度の高い地域。
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │  軍団が置かれ、戦争になることもある。
  |   `⌒ ´   |
.  |           |  この地を納める総督は能力重視で選ばれ騎士階級の人間が選ばれる事もあっただろ。
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |



   / ̄ ̄\
 /  ノ ヽ、\   お次は中世ヨーロッパについてだろ。
. |   (●)(●)|
. |   (_人_)│  5~15世紀までの時代の衣装や建築物などがファンタジー世界のモデルになっているだろ。
 |     ` ⌒´  |
  |           |  でも、リアル中世ヨーロッパを舞台にしたファンタジー作品やゲームは少ないだろ。
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |

128 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:51:06 ID:DRngb8gI0



     ____
   /      \    えっ? ドラゴンクエストとか舞台にしているじゃないかお?
  /  ─    ─\
/    (○)  (○) \
|       (__人__)    |
/      |!!il|!|!l|  /
      |ェェェェ|



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    リアル中世ヨーロッパはローマ時代ほど貿易が活発じゃない
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)   その為旅自体珍しいし、宿屋は成り立たず、村は自給自足が当たり前で
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }   村意識が強く、冒険者と言ったよそ者に対しては警戒心が強く
.  ヽ        }
   ヽ     ノ   ファンタジーゲームみたいに主人公に有益な情を知らせるどころか
   .>    <
   |     |    下手すれば問答無用で石を投げられて出て行けと追い出されるかもしれない。
    |     |

129 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:51:54 ID:DRngb8gI0



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    封建制度の国では王命も「世界を救え」とかではなく「自治領の問題解決して」程度だろ。
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   それどころか自国によそ者が来る事を嫌って難癖つけて追い返したり
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }   あれこれ理由をつけて税金を搾取したりする。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   当時の民衆の暮らしは貧しく、助けてくれた冒険者がいてももてなしも恩返しもない。
   |    ( ●)(●
   |      (__人__) つまり、冒険者ギルド等に依頼を持っていく話が設立しない。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

130 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:52:51 ID:DRngb8gI0



          ___ _
       . /  >‐-、\    ゆっ……夢も希望もないお。
     . /~ヾ, j|  。 } \
      /|_ ゚ .,.〉 .ゞー≠  ...\,
     ./ ヾ≦'(_人__)      .\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    それでもリアル中世を舞台にするなら11世紀以降を舞台にするべきだろ
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)   この時代から暮らしが豊かになり、十字軍遠征で道路が開かれ
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l  交易が活発になってきただろ。
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

135 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:53:50 ID:DRngb8gI0



       ____
     /_ノ  ヽ、\    ぜ……ぜんぜん知らなかったお。
   /( ●)  (●).\
  /   (__人__)  u. \
  |ni 7   ` ⌒´    . |n
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''



   / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)   中世ヨーロッパでファンタジー作品に参考されるのはギルドだろ。
  |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ (\    ノ、
   /  \\く} j
   |  〈 ̄ ゙ヽ ヽ
   |  .に    }
   |   (___,ノ

137 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:54:24 ID:DRngb8gI0



      ___
    /       \    ギルド? MMOとかでよく言葉だお。
   /          \
 /   ノ  ヽ、_    \
 |   ( ●) (● ).     |
 \ l^l^ln__人__)     /
  /ヽ   L⌒ ´
      ゝ  ノ



       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \     ギルドとは簡単に言うと職人同士の互助会
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)     職人どうし集まって販売量や値段など色々決めた。
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \   ギルドに所属していないと営業できなかったりした。
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

138 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:55:02 ID:DRngb8gI0


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \   作品で使うならシーフギルドや冒険者ギルドとして使うの無難だろ。
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │  それか、職人を主人公にしてギルド内での立身出世物に使うかぐらいだろ。
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |



          ____
        /_ノ  ヽ\    やる夫の作品では前者のシーフギルドとかで使うお。
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

140 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:55:49 ID:DRngb8gI0



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     お次は近世ヨーロッパ、ファンタジー作品に出てくる王様は
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    この時代がだいたいモデルになっている。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄



            ___    ━┓
         /   ― \   ┏┛  お? それはどうしてだお?
       |     (●) ヽ\ ・
       l   (⌒  (●) |
        〉    ̄ヽ__)  │
.     /´     ___/
     |        ヽ
     |        |

142 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:56:47 ID:DRngb8gI0



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   大航海時代の幕開けで重商主義に政治方針が変わり、地方分権だと
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)  他国に後れを取る事から王といった中央政権になった。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃  昨今のファンタジー作品における王様が生まれた。
  /     ./ _ノ   
  (.  \ / ./_ノ │  
  \  “ /___|  |  
.    \/ ___ /



               /7
                 //   実際にあった王政制度について説明するだろ。
             //
       __    //   「臣下の臣下は臣下に非ず」と言う言葉が生まれた封建制だ。
.    /ノ ヽ\ .//
.   / (●)(●〉/
  l    (__人_,//l
.  |    `⌒// ノ
   l       // ./
.   ヽ r-‐''7/)/
    / と'_{'´ヽ
    /  _.、__〉 ト,
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|

144 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:57:54 ID:DRngb8gI0



      _____     ━┓ 「臣下の臣下は臣下に非ず」ってなんだお? とんちかお?
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ



              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \    封建制と言うのは王と領主の主従関係によって成り立つ制度だろ。
         i !  |  (●)(●) | 
      r;r‐r/ |   |  (__人__)  |    王は領主に領地の保護を、領主は保護の変わりに王の為に軍を動かす。
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }    同じように領主と騎士も主従関係を結ぶんだが……
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ

145 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:58:25 ID:DRngb8gI0



 騎士にとって主は領主、王は直接の主君ではないので

        |: :                  、ー―-                          : :|
        |: :                 ー==圦    `ヽ                        : :|
        |: :            マ\     :i     !イ}                   : :|   我の命令である! 従え!
        |: :              ヘ    ____  l} ,'____   Ⅳ                : :|
        |: :               __ヘ  〉  `'"   {_ /                   : :|
        |: :             `ヾ /≧_   _≦ l /                 : :|
        |: :               { i ゞ'`   ゞ' }7                   : :|
        |: :       ,r==========、__、  〈l    「」   ,r==========、       : :|
        |: :     /      , ´ ̄〉::ヾ  ‐‐  イ≧ャ /            \    : :|
        |: :     /      ,く____/::ムヌ} `ー ´ .|::/∨               \   : :!
        |: :   /         /     Y´∧\Y⌒Y/  /              ∧ : :|
        |: :.  〈         /     /  .}  } .l:l .{   {                〉 : :|
        |: :.  ∨       /   __/   |  | .l:l .|   |                   /. : :|
        |: :.    \    ./   / ′  /  .| .ll .|   ∨               /  ..: :|
        |: :      {ニ=-/___ノ   /__/ニ≧.ⅥⅣ ≦二\__   __   }   : :|
        |: :      〉-/    ./::/{      米      }ヽ::\    ____ 〈  ..: :|
        |: :    ∠ ,〈____ _/::/ |======"人゙ ======|  \:\__ニ二ニ___ヽ  : :|
        |: :      {/::::::::::::::::::::〃 .|     / ∧     |    ヽ:::::::::::::::::::::::::::}_  : :|
        |: :    _厂 ̄ ̄ ̄/__  .|_____  / ∧∧   ___/ソ ̄ ̄丁 ̄ ̄ ̄} 厂) : :!
        |: :  /___ヽ __ノ//  ∧.`Y   .!  Y´ {_!jjノ`――┴――‐┴一\: :|
        |: :   |           | /―-―Vハr====、∧V―-―`l            |: :!
               【封建制度の王様 AA代行ギルガメッシュ】



 騎士にとって主君は領主なので、直接の主君ではない王は「国王なのに騎士に命令できない」ことが多かっただろ。

.       / _   /.,' ., i | ;' .}  l .l .|  ';    ∧∨
     〈/ フ  .l .l ,' .| .!; /.'; l∧'; l .l、.ヽ
    ー=彡  .|  l /||l.l  ';.:Ⅳハ |N \ヽ.l_
     ト-'   ∨l|l;' ̄l¨、|ニ=ミ lト、 '∧<二、.ト、ト、    あ、すんません。職務規程にはいってないんでー
      >≠., ;!∨l|! -―tッ‐ ヽ〉.\∧‐tッ―- ヽ
      ⌒フ_,ィ.Ⅳ.|`′            \〉    /    うちんとこの上司に話しとおしてくれますー?
         〈ハⅥ                〈ィ
          ヽハ        、 r‐、      从   上司からの命令なら従いますよー?
             .};`:;.         |  ',     /-
           〈ハハ、         ';  ∨¨ヽイ⌒
           _|.l |:.、    ~ ┤
          イ.;:|ハ .';. `:..、     ';
        .//..::::::从l    >... _..;
     ..//..:::::::::::::::::;}        l
     `ヽ.\:::::::::::::::/|         .';
..     _Ⅹ.ヽ::::::::::| l         .
.  _x<三三ヽ 丶:::::l          ヽ
≦三三三三三ニヽ ∨:;.             \
三三三三三三三∧.∨;::. ̄ ¨>、  , < ̄.∧
三三三三三三三三ヽ∨.           .∧
  【とある領主の臣下騎士 AA代行銀時】

146 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:59:13 ID:DRngb8gI0



                  / ̄ ̄\
                / _ノ  .ヽ、\    封建制度の国家では国王であっても
                |  (●)(●) |
.                |  (__人__) .|   全ての権力を掌握するのが困難だっただろ。
                 |   ` ⌒´  ノ
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }    そこから「臣下の臣下は臣下に非ず」なんて言葉が生まれた。
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ              ."´




       ___
     /   ヽ、_ \    ずいぶんとややこしい制度だお。
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

147 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 19:59:59 ID:DRngb8gI0



   / ̄ ̄\
  /   _ノ  \    保護が不足していると思えば領主は別の国王に主従を求める事もあっただろ。
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)   同じように騎士も領主を選ぶ事ができただろ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }   軍役の義務も年間40日など細かく決まっており、契約範囲を超える行動は拒否できただろ。
.  ヽ        }
   ヽ (\    ノ、
   /  \\く} j
   |  〈 ̄ ゙ヽ ヽ
   |  .に    }
   |   (___,ノ



               ____
             /      \     今風に例えると、社長(国王)が従業員(領主)に残業お願いしても
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \  労働規定(契約)を盾に断るってことかお?
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/  <そんなイメージであってるだろ。
          /     ー‐    \

149 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:00:47 ID:DRngb8gI0



.     / ̄ ̄\
.   /        \   それに封建制度では領主は王に税を納める必要がないから
.    |  _ノ  ヽ、. .|
.   !. (一)(ー) |  時と場合によっては王より財政や軍事力を持った領主も存在しただろ。
   , っ (__人__)  |
.  / ミ) `⌒´  /   同じように騎士も領主に税を納めていなかった。
.  / ノゝ     /
  i レ'´      ヽ
  | |/|     | |



     ., ──‐、
    /     \    中世ヨーロッパで移動が制限されていたのは、引越しされると税収に響くだろ。
    |     _ノ  ヽ
   |     ( ●) (●)  だからさっき言った様に、リアル中世はファンタジー作品に向きにくいだろ、JK。
   |       (__人__) , -―ーっ
    |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
   . ン         }  |. |
  /⌒        ノ  .|,  |
 /   ノ   _ィ ´ー‐ィ'  |
../   /    r_____ ノ
/   /      |i

151 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:02:05 ID:DRngb8gI0



        .___
     /)/ノ ' ヽ、.\    封建制の国王って何の為にいるんだお?
  ./ .イ '(●)  (●) \
  /,'才.ミ)  (__人__)    \
  | ≧シ'  ´ ⌒`        |
  .\ ヽ           /



     / ̄ ̄\    当時の王は多くの領主を束ねていたと言うより
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ●) (●)  領主集団におけるリーダー格だろ、常識的に考えて。
    |      (__人__)  ∫
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄| 
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

153 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:02:56 ID:DRngb8gI0



      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)  次はファンタジー作品における王のイメージにもなった絶対王政について説明するだろ。
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|   リアルで絶対王政が生まれたのは俺の考察では以下の出来事が起因だと思っているだろ。
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /



 百年戦争や薔薇戦争など長い戦争で有力貴族が疲弊し没落し、財力体力を失った。

::::::::...... ))  .....:::::::::::::::::.....                         ヽ/_,ヽ, ヽ、
                                         |/  ヽ、 ゝ
                       へ            /'''ー―' 、  j `l
                     /,....,,_\          ヽ  ,、___,   ゝノ ,
- ,,,_                  (' .( ;ヽ く、         ,' (    `'ヽ、   ,'
‐-,,,,,_"''' ‐- ,,,,,__            ヽヽ' ,⌒ヽゝ        ヽ C      ヽ、,ノ、
    ~""''' ‐-,,,,,_‐-,,,,,_        ヽ||/  | ヽ、      ,、 く  ゝ       `ー‐ー-
            ~""''' ‐-,,,,,_  c,,-‐''ヽ、 /ヽ ヽ、.   /__\ヽノ   /\
                    くゝ ,,-‐''   ヽ ,.-ヽ、  '、( ヽ く    '、(ヽ く    ,r゛
                  ,、 `'  "'ヽ,.-‐''"彡彡ヽ,  ヽ' ,⌒ヽ    ヽ' ,ヽ  ,r'
                 /__\'''''''''ー-/彡彡ヽ,.-'7゛c,,-‐''ヽ ノヽ"'''c,,‐'' ノヽ,r゛
                 '、( ヽ く    /,.-‐''/  /  くゝ-ー''''  ヽ   7' ,.r'
                 ヽ' ,⌒ヽヽ、  ヽ/.., /ヽ    /彡ヽ彡ヽ  ,、‐''゙
''''''''''ー―─ ー―─--,,-c ,,-‐''  ノヽヽ/    ,'...,;`/、 ヽ、   / / ヽ,‐' ゙
              くゝ-ー''''''   ヽヽ  ,' ,' ノ ヽ、 \  l_,.-‐''"
             /\     ヽ,.-‐''"ヽ..ノ、,'/    `_,.-‐''"
            '、(ヽ く    /彡/ヽ(ミヽ、Yl ,.-‐''"
              ヽ' ,ヽ  /  / ヽヽ、__`ノ
‐- ,,,,,_─ー―─---c,,‐'' ノ ヽ、(  _,.-‐''"
    ""'''――─---------ー'''"゙`

156 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:03:44 ID:DRngb8gI0




 銃が開発された事による、騎士の戦力価値の低下。

           > ´i
        > ´:::::::::::|
       > ´:::::.==ニ<l_
       ¨ヽ> ´イⅥ  ゞ       !!
        ∧:::::::j マヘ  ;      .|ト
          }::::ノ マヘ¨      ||
        >¨ベ 、i      {¨:」
          ,:::::::ヽ::ヽ ヽ      i::::|
       , 7 ¨ ヽ\::ヽ::\     |::::l
       ,'7::::::::::::ヾ`:.、<ヽ   |::::|
       i::::、::::::::::::::\ヽ >}   .|::::|
       ∧:::::、:::::::::::ヾヽ::::::iハ 广iⅣ¨}
      ∧:::::::、:::::::::::::Ⅵ:::lハ iヽi彡,
.       ∧:::::::::、::::::::::.Ⅵ::::::}トi:::::¨|
         ∧:::::::::\::::::::. 、::::l |::::::「
          ¨i  ̄¨¨∧::::::::::.、i |::::::ト 、
          ハ___.∧::::::::::∨ |::::::| !」
       ,:::::::::::::::::::::::∧:::::::::::Ⅵ:::::{  ¨ ー.,
       7:::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::i.l¨゙゙.l>一<
     .7:::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞイ´ ヾ |
      ¨i  ̄ ||| ̄ ¨> 、_::ヽ  ∧i
       .l:::::::.|||:::::::::::::;:::::::::i::∧  .∧ヽ
       .|:::::::|||:::::::::::::;:::::::::.l::::::ゝー ´゚゚
       .|:::::::|||:::::::::::::;::::::::::j::::::j



 商業の発達により細分化された国より中央集権国家が好まれた。

 この時代に流通の発達で関所などが少なくなっていくだろ。

              _ノ
       . . -‐: :=: : : : ー-ミ
.     /. : : : : : : : : : : : : : : : : `: ..
     ′. : : : : : : : : : :.、ー-ミ : : : : `ヽ
   乂. : : : : , : : : ォvi. : :\: : : : : : : ハゞ
  .才: :: :: :::/.: ::::// : :i : : :ヾ : : : : : :.∧
.   ′:::: :::/ : : : :.′ 乂:{ : : :ハ: ハ: : : {:!
  /才{:i|!/抖竿ミ、   }八≧≠ミ::!: : 从
 イ }:i :N{才>-=ミ`゙  ノ 斗r-=ミNリ Y:;
   从(ハ{《八:うjノハ   ゞ:りイ 》 }ア}}′
    八 从      :i        .i 八
     \'.      '        ,/
      ∧     ` ゛      ハ
        \ `ー -- "´ .ィ:、
         fi≫ 、/从ハ, // {
       /} ` :<ー-<イ  {\
      /.:.:_{  .L _ヽ /_ノ   .Vハ
     . イ.:.:.:.:.:.{     V _ -‐  }}.:.:.\
 >.:´.:.:.}:_:_:__∧ ー- }!     ′_:_:_:}`:.<
 .:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.∧    :i    /.:.:.:.:.:.:.:.}.:.:.:.:.:.:.:.`
  【近世ヨーロッパ商人 AA代行ロレンス】

157 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:04:33 ID:DRngb8gI0



 宗教改革で教会の権威は堕ち、逆に王の権威が上がった

    、
    \、
     \、
       \、
        \、      ,..,:'''  .:.:.'               r''王"ヽ,
          \,_    ,;  .;:' '             _,,,、、j   ''''''''' ‐‐- 、
           } ヽ   ;: ,: ;: : :    _____,,,,-= ''"´ __,,,__,,        }
         ,、 j´ }\,::; ,:; ''           ゝ-''' "´   `ヽ      '.、
.         レ',.,' .l ,>' , -'''',                    _ヽ      .)
.         i. ヽ  i '"´   ヽ‐---- 、              /         ゝ,_,_,,、-‐.、
         ', /  j 教会   ヽ    ゝ、            ヽ、. ヽ,''''''''ヽ    ,、‐.、` ' "´
.      r‐''ヽ'   '    ___ノ‐‐‐-‐ゝ, ``‐-、 _        ヽ ヽ、  \
      ヽ,,__,,-、,,__,,、-'"´          ` ‐-、 ` , -'        ,r'´   "´
                           ``''    ._,、 ‐ ' "´
                            _,、 ‐ ' "´
                      _,、 ‐ ' "´
                _,、 ‐ ' "´
          _,、 ‐ ' "´
    _,、 ‐ ' "´
‐ ' "´



     / ̄ ̄\         大航海時代の到来で国家同士の植民地競争が激化。
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)  国威を示す為に、国の象徴=王が求められた。
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

159 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:05:20 ID:DRngb8gI0



      __
      /   \    ちなみに近世ヨーロッパで絶対王政をしけなかったドイツは
    /  ゝ_   \
   (●)(●)U   |  植民地を得られなかったらしいぞ。
   (__人__)     |
  ・━(\_∩     |
    ヾ(_  \    |
     { \ \  \
    / \_\ \ / .)
    |  |___ \ “ /
    \___ \/



   / ̄ ̄\
  /   _ノ  \   絶対王政では王の権力が、貴族、議会、憲法を凌駕しているだろ。
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)  フランス国王ルイ14世の「朕は国家なり」と言う言葉が
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }   絶対王政の意味を集約されてると俺の中では思ってるだろ。
.  ヽ        }
   ヽ (\    ノ、
   /  \\く} j
   |  〈 ̄ ゙ヽ ヽ
   |  .に    }
   |   (___,ノ

162 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:06:07 ID:DRngb8gI0



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   とはいえ、貴族や大商人を取り込まなければ国としては機能しないだろ。
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)  作品では自分勝手な暴君や気配りできる名君を出して盛り上げれるだろ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l



   / ̄ ̄\
 /   __ノ ヽ
 |    ( ●) )   絶対王政でもう一つ必要なのが、常備兵の存在だ。
 .|       (__人)
  |         rつ
  .|        ((三)
  ヽ       ( <
   ヽ    /∧ ∨
   ∠    /⌒ ∧ ヽ
  (  \ /  / ___)
  |\  ''  /|
  |  \_/  |

164 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:07:01 ID:DRngb8gI0



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\   常備兵が? なんでだお?
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /



       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \   王国の権威を示す意味や、王の命令で動く兵が必要だった。
     |   ( ●)(●)
     .|    (__人__)  常備軍を置く事で領主達は塀を持つ必要がなくなり、王の部下となる。
      |     ` ⌒´ノ
     . |         }     __
      ヽ        / ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒ ヽ     /     /     /
.    \  \ ,(つ     /   ⊂)
     | \   y(つ__./,__⊆)
     |  ヽ_ノ   |
     |         |_
      ヽ、___    ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ



    / ̄ ̄\    常備軍、優秀な官僚を持つ事で王は絶対的な存在となった。
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●) ファンタジー作品で生かすなら、常備兵と官僚の存在は無視できないだろ。
  |     (__人__)
  |         ノ
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /



.

166 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:07:52 ID:DRngb8gI0



.     / ̄ ̄\
.   /        \  次に帝国について。帝国とは複数の民族、国家、文化を纏め上げる事で成立する国だろ。
.    |  _ノ  ヽ、. .|
.   !. (一)(ー) | 帝国の支配者=皇帝と思われがちだが、主権者は王でも良いだろ。
   , っ (__人__)  |
.  / ミ) `⌒´  / 16~17世紀のスペイン帝国、17~20世紀のイギリス帝国は国王が国主を務めていただろ。
.  / ノゝ     /
  i レ'´      ヽ
  | |/|     | |



      ___
    /ノ  ヽ、_ \   帝国と聞くとなんだか悪いイメージがするお。
   /(●) (●.) \
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        |
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /

167 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:08:34 ID:DRngb8gI0



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \   まあ、それは他民族を支配している事、強大な軍事力で植民地を増やした帝国主義が
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │  俺達には否定的な意味合いに受け取れるからだろ。
  |   `⌒ ´   |
.  |           |   あと、強者が弱者を蹂躙するより、弱者が苦しみながら強者に勝つ話のほうが受け入れやすいから
.  ヽ       /
   ヽ      /   帝国をあくにする事が多いからだろ。
   >     <
   |      |
    |      |



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    さて、作品に帝国を出すなら成立からどれくらいの時間が経っているかで
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  がらりと話が変わるだろ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄

168 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:09:18 ID:DRngb8gI0


      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛  お? それはどういうことだお?
  /ノ  (●)\  ・
. | (●)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄  |
  \        /
    \     _ノ
    /´     `\
     |       |
     |       |


 帝国設立初期なら、更なる領土を求めて計画を企てているだろ。

 帝国軍を率いる支配者はカリスマ性が強くだろ。

                   ャ=ョ=ェァ‐-  _,.
                ,.ィ彡:;ィ≦:三ニ二彡'、_
              ノ},ム/ツ;イ;イ≦三ニ三ニ三≧‐
              {川:/i:/;斗三ニ三ニ=:ニ=ニ三ミx、
              ゙ミ:ィ:≠''" ̄`゙'゙'゙'x彡三=ニニミ:.iミf
              /^´>‐    , ノ  ゙キ三二ニニミi
                 ' Y´  ,.ィェァ ′/  }:≧>=、ミ、}
              Ⅵヽ 彡´rt‐ァ  二   {ミ:} ./ }ミi}
         ;:彡=≠゙ i: i 、ヽ ̄ '     _、j:ミ}.〉) .斥ミ!
       彡'"´  .:.:: |: |  〉      ヾ:.j:㍉:} イ/ヾⅥ
    ー=彡        L斗-┘     ⌒゙  }ヾ:}:i!__,/:i:;}Ⅶ|
    ≧=  ,:.:.      ヘ=ー─--‐'  ,..ノヾ:V  从:i:{::从
   ≠''"             } T弋_,..,,.ィツ}:i:}:i:jソ′ {:i:{:i/ .::
  イ   :.:.         从刈沁:}:i:从リイ´ ノ  Ⅵ′.::.
  x彡'        :.:.    `゙ゞ=-‐''''"´ ,   /   /  .:.
  彡        :.::      ,.} ヽ   /  /   ,.ィ´  ::
  彡'          :.:.    / |     , '   .′ /
  イ"     ..:.::   .::   //  .ノ   /    / ..:.:  .:.
 从    .:.:      /´           ,;′ .:.:  .:.:.
    【カリスマ性の高い皇帝 AA代行ライダー】

170 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:10:45 ID:DRngb8gI0



 帝国中期なら軍事より内政が重視されるだろ。

 そこでは軍人の扱いが問題視されたりするだろ。

             /. : : : `ヽ: : /: : : :\
                / . : : : `ヽヽ:l://. : : : : :ヽ
            / . : : : : : : : : Y : : : : : : : : : :.
            .: : :/⌒\: : : : l: : : :/⌒ヽ: :.:i
            | : :|    ::....、: l :, .'     '.: :|
           : : :|     ::::`´      ': : |
           '. : |_    ...:::::::.  '" ̄   |: :'
                〉, { ー―u‐ァ.::ィ r―u‐ァ |/、
             {う l / ̄::/ | ヽ ̄`ヽ |う}
               V∧ .:::::::〈 |      リ /
               ヽJ.   ::::::ー、l_,.     ,ィ′
                 Y:.、 ::::::. __,    /|
              l  \:::::.` こ´   / ,|
               _/|\  \::. l    イ/卜_
          _,. -‐<_} |::人>=.≧ー≦=人::::| {_>‐- .、_
    _,. -‐<_>  ´   乂:::::::三V} | {V三:::::乂  `  <_>‐- .、_
    【帝国中期、政治力のある皇帝 AA代行ギレン】

171 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:11:16 ID:DRngb8gI0



 一方、円熟期を過ぎた帝国では、官僚達の汚職、国民の貧富の差などの問題が目立つだろ。

 また国教防衛によって国全体が疲弊する可能性もあるだろ。

                     、                            ,, -- -- 、
                                                /         - 、
              _ ,,..  ..,,_                          /              ヽ
              ,. '"      ヽ ヽ.`ヽ.                       /                  ',
             /   ,. ''"```ヾ.,, リノ,;.ヽ                      l!   ,.   i!  i ; .    i
         ,彡'´ /       `´ ヾミi                     !   リi.,_l!_,ll_,l!_,ム_i!_,i! i    |
.          ,彡'´ i   ,."´_   ー  、゙il                     V,!:イ'zチ㍉. ,'´セテ‐,'ヾl   ,!
        ,彡' ´ {  ,,.--,,、`''ー- ‐  l!                      ヾト!  ̄´ l. :   ̄   ,トi. /
          /   彡〉  =-ャェュ≧く ァ≦'',ハ                       lヘ.  :.'_,、;.    /',!,,/
       { 彡ィi lミl   ` ̄´ { : ㌣¨〈,リ                       `iハ  ー=--   ,/イ''゙
          '///ゝ`lミl ヽ.      ; i i.  ノ'                        `ヘ  ¨¨´   ,  ,l
        '///〉ーl   !    ' ‐ r‐' 1                          r'、__,,.∠ ''´i
         ゙i//,! l.     , -====、  !                          |7r‐、Y゙r'ニヽ |
     ∠二¨`ヾ/! ',\    `"¨¨ ´ ,.'                 ,、____,,. -t'、  ノi|l{、 _,,ノ)- ..,,_
___{   `Yム'!.,,__  \         /                ,.へゝ..,,__     ヽー 'l,!i''ーァ/     `¨ ー─ァァ
       ̄`ヽ/,!¨¨'''' ‐-¨ニ≧ー,_-- イ、                /ニニニニムヽ.    l∨Α、 //,.ィ ンγ,''ニニニニニ彳ム
 ̄| ̄l¨¨iーr‐'iム 、   r‐v' r‐、ヽ`Y´‐'、- ──── --    ,/ニニニiニニニl l     ,!.iノ ノ }/,/,ン゙)'ニニニニニニニム
彡l彡l彡l彡l彡!⌒ヽ`ヽ.__,) }‐'  } ,! .| i´'イ-.r‐┬‐r‐┬‐r‐┬   /ニニニlニニニム 、 _,./ //,/./,.イニニニニニlニニニi
彡l彡l彡l彡l彡!`丶、` ー-.<,, ノ ,:! .| ! {彡l彡l彡l彡l彡l彡l   i゙ニニニニムニニニニゝ.‐-/       ' /,/ニニニニニ!ニニニl
                                     _,r‐''ニニニiニニニニン        /ニニニニニニ!ニニニl
                          【帝国末期、汚職貴族など】

173 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:12:15 ID:DRngb8gI0



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   こんな感じで帝国一つでも色々考えられるだろ。
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)
.   |        ノ   国はこれぐらいにして、王族について設定してみようか。
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ   やる夫は王様と聞いて何をイメージする?
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /




                     )i☆i(
               ;O;+  ;o+: ;i|*|i、 ;;o;+、 ;;O+;
               |i、i''ii、;i゙ii、;ii'゙゙'ii;;、,ii゙i、,ii''i,i|
               |i|O|・Xo゚)||◯||(゚oX・|O|i|   豪華絢爛な王城で玉座に座り、その横に美しい王妃と姫がいるお
               |'゙゙+''゙゙*''゙゙+''゙゙゙'+''゙゙*゙゙''+゙゙|
               ゙!!'''゙'''''゙''''''゙''''''''''゙'''''''゙'''、!!゙  金ぴかの王冠に豪華なケープを羽織っているお。
              /  ⌒     ⌒ \
             /   (●)    (●)  .\
             |      (__人__)     |
             \      ` ⌒´      /
            f~~r 、''''‐-: ''''~~"~ ""~~~,,,,{,
      _,,,,,,_    /,ィ〔/T‐ェ',     ''''' ~~   ヽ
   ,.'''~   ゙i ~~''t-'7:::i' ! !::::::::~''- .,         -‐く
   i   , t-l   l::/:::::l l l:::::::::::::::::::゙i' - .,_     `i
   i゙''''f l::::l    l/::::::;l ll l:::::::::::::::::::;!:::::::::::~ ''''''‐-t-'
   l_l l::::!   /::::::::l l l l::::::::::::::::ゝ:;:::::::::::::::::::::::::゙i
 /  \:::l.  /:::::::〔,,,l:l,,,〕:::::::::::::゙!~ ~'- 、:::::::::::::::〈
.."''t---f''゙!::!  ./::::::::::::::i:i:::::::::::::::::r.'    ヽ;:::::::::::::ヽ
  〈   〉.l::l.  ,!:::::::::::::::l::l:::::::::::::::::゙t:..、     ~''‐-- 'i
  l---l ゙',.=く:::::::::::::::::l:::l:::::::::::;;: -!  ヽ,        ヽ
    ̄ r::'":::::::ヽ;::::::::::;;l;;;;l. ァ ''/ .r゙;..,,,.ノ::ヽ,       ゙:,
      ヾ:;;;;;;;::;;: ‐'' "   i  i‐ァ ,!r'''''' '' - 'ヽ.,     ,,. t'
    ,,. -'''"__゙' ‐---‐‐''"__,」:l,,,!l;         ヽ;::~'''''''~:::::::゙;,
    ゙'''''''''" ゙''‐----‐''"     ゙''‐---‐''" ゙''‐---‐''

175 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:13:00 ID:DRngb8gI0



       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \   王族と言えばそんなイメージだろ。
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)  絶対王政時代のルイ14世をモデルにするといいだろ。
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)



         / ̄ ̄\
      / _ノ  .ヽ、\   ちなみに王族とは王の親族関係者を示す。
      |  (●)(●) |
.      |  (__人__) .|  王も含める場合は王室と呼ぶ。
       |  . '´n`'  .ノ
       .ヽ .  | |  }
        ヽ.. ノ .ュノ
        / { ..ニj、
        |. | "ツ \
        |. | .l  |ヽ、二⌒)

178 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:14:00 ID:DRngb8gI0



   / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)  王の生活についてはルイ14世を調べると
  |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ  色々儀式してきただろ。これは王の権威を周囲に印象付ける効果があっただろ。
.  |         }
.  ヽ        }   王が触れることで病気が治ると証して35万人にロイヤルタッチを行ったと言われてる。
   ヽ (\    ノ、
   /  \\く} j  王の肖像画が多いのは権威アピールとしてメディアを利用したと言われてるだろ。
   |  〈 ̄ ゙ヽ ヽ
   |  .に    }
   |   (___,ノ



      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)  ちなみにルイ14世は着替えや食事風景も公開した。
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|    最終的には妻の出産も公開したらしいぞ。
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


209 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:26:56 ID:DRngb8gI0

             (ヽ
         __  ( i)))   えええええ~~~!! 何でそんな事まで!?
        /⌒  ⌒\ \
      / ____________ノ  \
    ./::u:: ⌒__________( ○)(○)
    |    (⌒)|__________(__人__)
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _______|l!|li!|
    | | | |  __ヽ__________ |ェェェ
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄



      __
      /   \     そうやって自分は凄いと周囲に示していた。
    /  ゝ_   \
   (●)(●)U   |   着替えは自分がファッションの最先端を知らしめる為。
   (__人__)     |
  ・━(\_∩     |   出産公開は色々諸説があるが……俺はこの説を押すだろ。
    ヾ(_  \    |
     { \ \  \
    / \_\ \ / .)
    |  |___ \ “ /
    \___ \/


180 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:15:03 ID:DRngb8gI0



         ____
       /   u \   ど……どんな説だお?
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /



    / ̄ ̄\ .........::::::::::...r‐ ' ノ.
  /      \........::::::::_ ) (_   ルイ14世には双子の弟説があった。
  |::::::: :      |.....:::(⊂ニニ⊃)
  .|:::::::::::::     |....: ::::`二⊃ノ   もし弟なら王の長子相続に背くことになると言われた。
   |:::::::::::::      |..: :::: ((  ̄
   .|:::::::::::::::     }    [l、    だから出産を公開してまで子供にはそんな疑いをかけさせたくなかっただろ。
    ヽ        }  /,ィつ
   /   ヽ   . ノ .,∠∠Z'_つ
  /    ''⌒ヽ  ./ .r─-'-っ
 .| (      / } ./  ):::厂 ´
  |   /  .// .ト  /



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   王族をシナリオにするなら、王位継承争いやオーソドックスに姫が浚われる。
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)  もしくは王族の末裔として国を復興させるなんて面白いだろ。
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

181 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:15:39 ID:DRngb8gI0



           ____
         /       \   王室はだいたい理解したお。
        /   ─   ― ヽ
      /    ( ●)  ( ●)' 次は貴族について教えて欲しいお。
      |        (__人__)   |
      \       ` ⌒´  ,/
      /      ー‐   ヽ



     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ    中世の貴族は領民の安全を守る代わりに税をとる地位だろ。
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫ 戦時は兵士として、平和な時は狩りや乗馬、夜会など贅沢を繰り広げた。
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄|
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

183 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:16:37 ID:DRngb8gI0




        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \    貴族にも階級があり、最下級が騎士と呼ばれていた。
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)   騎士は爵位もなく、財産を持たず、主君に家僕のよう名働きもする下級騎士もいただろ。
       |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln        }
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))



               /7
                 //   爵位はだいたい8つ。
             //
       __    //   大公(グランドデューク) 王の弟や息子、王家の分家の長。
.    /ノ ヽ\ .//
.   / (●)(●〉/    公爵(デューク) 王家と縁が深い……つまり王の妹などを妻にしたり、親戚筋
  l    (__人_,//l               または王家に匹敵する力を持った大貴族。
.  |    `⌒// ノ
   l       // ./
.   ヽ r-‐''7/)/
    / と'_{'´ヽ
    /  _.、__〉 ト,
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|

185 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:17:36 ID:DRngb8gI0



              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \   侯爵(マーキス) 複数の土地、いわゆる領地を持っている諸侯。
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |   |  (__人__)  |  伯爵(アール) 土地を持っている貴族
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ



        ∩⌒ヾ
        い   )          子爵(バイカウント) 伯爵と男爵の中間の地位
         、 . ノ           別名副伯都呼ばれる。ちなみにドイツにはない爵位らしいぞ。
         |  | / ̄ ̄\
         |  |./   _ノ  \  男爵(バロン) 貴族としては最下位の爵位。
         |  |   ( \)  l
         |  |   (⌒ (\) 準男爵(バロネット) 男爵の下位。貴族としても扱われない場合もあるだろ。
         |  |   / ̄(__丿
         ト    /ー、/    騎士(ナイト) 位を持っていない貴族。
         |     \ノ
         |      )
         |      /ヽ
         |      /三)
         ノ     〈  ̄
        /   _  ⌒ヽ
       /   /  |   |
     /   /    |   |

186 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:18:23 ID:DRngb8gI0


         ____    貴族と扱わないのに準男爵ってどういう意味だお?
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |
      \           /
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ



     ., ──‐、
    /     \    俺の考察では一種の名誉職かと思っている。
    |     _ノ  ヽ
   |     ( ●) (●)  シナリオに生かすなら、主人公が功績を挙げたが、貴族の妨害などで
   |       (__人__)
    |     ` ⌒´ノ   とりあえずお茶にごしに与えられる爵位なんか使えるかなと思っているだろ。
   . ン         } 
  /⌒        ノ  .
 /   ノ   _ィ ´
../   /    r
/   /      |i

190 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:20:32 ID:DRngb8gI0


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(   貴族についてだが、中世の前期と後期でかなりイメージが違う。
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



        .___
     /)/ノ ' ヽ、.\   貴族は貴族じゃないのかお?
  ./ .イ '(●)  (●) \
  /,'才.ミ)  (__人__)    \
  | ≧シ'  ´ ⌒`        |
  .\ ヽ           /

193 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:21:44 ID:DRngb8gI0



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \    前期の貴族は狩猟と野試合が流行だった。
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │   狩猟は乗馬の練習も兼ねていたし、買った獲物をその場で食べる楽しみもあった。
  |   `⌒ ´   |
.  |           |    その為貴族は狩猟用の森を保護し、領民の立ち入りを制限した。
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |



   / ̄ ̄\     また野試合では勝った方が敗者の装備品を奪えると言うルールがあった。
 /    _ノ \
 |     ( ●) )  武芸の腕試しと装備品の略奪で糧を得ていた貴族も痛そうだろ。
. |      (__ノ、_)
  |      ` ⌒ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |

194 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:22:34 ID:DRngb8gI0



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)   ところが後期になると野試合は強奪のルールはなくなり
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ   代わりに観客の前で手合わせする試合形式にうつっていっただろ。
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃ 
   ヽ、l    ´ヽ〉
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /
    |       そ ノ



      ___
    /ノ  ヽ、_ \   なんで前期と後期で違うんだお?
   /(●) (●.) \
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        |
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /

195 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:23:28 ID:DRngb8gI0



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    前期が血生臭いのは貴族は領土を守る戦士だったから。
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)  有事に備えて常日頃鍛えていた。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\   ところが後期になると、貴族達の領地が増え
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |  軍の指揮やグループ内での揉め事の解決。
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /  広くなった領地の管理に知力が必要になり
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ   武辺のみではやっていけなくなった背景があると俺は思っているだろ。
      | |/|     | |

197 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:24:14 ID:DRngb8gI0



               /7
                 //    国家編はこれぐらいにして、次は軽く戦争に触れてみるだろ。
             //
       __    // 
.    /ノ ヽ\ .//  
.   / (●)(●〉/      
  l    (__人_,//l
.  |    `⌒// ノ   
   l       // ./   
.   ヽ r-‐''7/)/
    / と'_{'´ヽ
    /  _.、__〉 ト,
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|



            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、     覚える事がいっぱいあって大変だお。
         /             \
      /                ',  でも、知らないことを知って楽しいお。
     ./     , -‐、     _,, -‐、  ',
     l    /   `'    ´     .l
     l      ,==ミヽ   ,ソ==ミ    .l
     .',   U   ,      ヽ     /
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l

200 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:24:47 ID:DRngb8gI0




━━━━━━━━━・━━━━━━…━━━━━━━━━━━━…━━━━━━━━・━━━━━…━━━━━



                  タイトル:やる夫で学ぶ(考察する)ファンタジー世界


                  第4話「ファンタジー世界の作り方 戦争、騎士編」


                              続く


━━━━━━━━━・━━━━━━…━━━━━━━━━━━━…━━━━━━━━・━━━━━…━━━━━



222 :ムジカ ◆4KRMAWh.3I:2013/03/23(土) 20:39:35 ID:DRngb8gI0


      ,. - 、 ー、 ,. -― 、
     ソ::::::  ....::::::::::::::..... ヽ':ヽ、
   /::: /   .................  :::::ヾヽ、    以上で投下終了です。
   ノ::::.::/ /:::V::::ヾ、 、ヽ\\:::::::(
   f:::::::..::::::::::::::::: ::::::::::::: : ::::::::::::::\ ヾ  誤字脱字、寝坊、投下抜けすみませんでした。
   〉:::::::, '´"''"ルハ:トノヾ〃'' ゙"' ,::::::::::: }
   j、:::〈                ,ゝ::::::ミ      今回のお話はわかりやすかったでしょうか?
  /ハ Y´ _^ヽ、, , /~__   l:/´ヾ   fニニi!
  ヽ ;il ̄|「  ̄ l|/゙)|「  ̄ l| ̄l/ l j r==|  | あれこれ詰め込んで何が言いたいんだ状態になってなければいいです。
   ヾ|  ゝ___,/ /i! ヽ___/  l// |!  |  |
    l  .', / ./,」i_丶∴ .゙  l-'   |i  .|   |
    , -j-/´/`ー、rニニ、 ゚    ,! ,,._ |i   |   |
-‐ '::::/´ / /  /ヽニツ'   ノl`\  `ー-L,,_ |
:::::::::::l ´   / / lー  _//   ヽー- 、 ,_ `
::::::::::l!         /‐ '' /     /::::::::::::::::::`
:::::,、::l       /  /      /:::::::::::::::::::::




         ,. -ー冖'⌒^'ー-、      次のお話は現在70%前後できています。
       ,ノ             \
     / ,r‐ヘヘく⌒'^''¬、  ヽ   明日友人からカラオケかDanceEvolutionに呼び出されない限り
     { ノ ´~\_、 ゝ--、  〉  }   ,r=-、
       〉{ ‐7 ̄`Y¨Y´ ̄ヽ- }j=く   /,ミ=/ 日曜日に投下できると思います。
.      { {  ゙ー‐くi___ュー‐‐'   リ,イ}   〃 /
      ゙ヘ ;∵ゝ===ァ∴'∵;jシ  ,〃 /
       ヽ  `⌒´    ノ{ー、〃 /
    . -┬ 个-、__,,.. ‐  x个 ┬―-ミx
 /    |::::::|、       〃 |::::::|  /  \
{     |::::::| \、______/   |::::::|〃      }



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 WOTAKU RADIO CLUB
___________________
//   //          ||
    ビシッ  / ̄ ̄ ̄ ̄\ [lllllll]
    / ̄\(  人____) ̄    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  , ┤    ト|ミ/  ー◎-◎-)    | 完成しだい投下予定時間をお知らせします。
 |  \_/  ヽ    (_ _) )   <
 |   __( ̄ |∴ノ  3 ノ     | 今度は寝過ごししないように気をつけます
 |    __)_ノ ヽ     ノ | ̄|    \___________________
 ヽ___) ノ    ))   ヽ.|∩| //
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

カウンター