記事一覧

やる夫が鎌倉幕府の成立を見るそうです 第十一幕 「倶利伽羅」 その二

第十一幕 「倶利伽羅」 その二
元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1239208452/

334 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 21:59:24.00 ID:paJ8q/so


【前回までのあらすじ】

              ____
           '"´ : : : : : : : : : : : `丶、
            / : : : : : : : : : : : : /|: : : : : \
      /\ ,': : : : : : : : : : : :,/  |: : : : : : : ヽ
.     〈  ` ̄ ̄ }'⌒{ ̄ ̄´    | : : : : !_;_/'.
     \__/:「 ̄\_____/ : : : : |__j
        │: : : :.|: : : : : : : : : : : : : :| : : :|: : : : |
        |: : : : : i: : : : : : : : : : : : /|: : : |: : :j:│
        |: : : : : i: : : : : : : : : |: :/7´): : ト、:∧:|
       │ : : : : : : : : : : : : : ∨ l f: : :│/ ̄
.         |: : : : : : : : : : :'; : : : '、 | レ`ヽj〈
        i.: : : : : : : : : : :ヽ: : : ヘ!J   ヽ   ね~んね~ん~ころ~り~よ~。
           '. : : : : : : : : : : : \: : :_V⌒) j
      rー--ヘ : : : : : : : : : : : : `く_,ハ__(_ノ
     ハ:::::::::| :ヽ : : : : : : : : : : : : :\:::::::`ヽ
      /  ';:::::::| : : : : : : : : : : : : : : : : : \:::::::}ヽ
     ,′  !::::::| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ:::| |

335 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 22:01:10.95 ID:paJ8q/so


【治承七年三月 信濃国】
       ・     .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;., ;,::;
   ;:;;: , .,.,                 .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,...
    ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:. . . ;:;: ,.:  ;,;
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:. .::;:;;: , .,., .,. ;: ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
          : :. ::..       .: :. .:.::.  :. . :. ;:;;: , .,., .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *
;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :. :. . :.::,; +;.,;,:: .,... .. ;:
    ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,__   __;,... .. ;:
           :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;: , .,., ,  ´    `´   `'' 、
  ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;+  ,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:     /  /      ヽヽ  \
        ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:  .'/ /         ヽ ヽ  ヽ
                          ノィ  ' /  / / ,     !  l ヽ ゙
                          ./ f,' i  ││ |! 丶.   |  |  | |
                          f  | l l  ,イ |ヽ!、.  ト、. |  |  ! |
                          l ,.イ ヘ l ー!‐_、ト ヾ\ l ≠.jト、,l /! ,
                          |ハ ,!ゞV´!:::_j`    `'イ::_j`メ|/,.-、l!  ……。
                           f ト, ! ー'      ー'  ' !.ノゞ
                            `Viヾ.!     '      j /| /
                             !ハ !ゝ.    ´`    ..イ /
                               \ルヽ .    ,.イノレ'
                                ` rノ ` ´  |' -..
                              / |‐-   -‐ヽ  \_ __
                           rィl´    |-- ― -- /     //ァ

336 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 22:03:10.43 ID:paJ8q/so


         ,r'ブ ;"//  ,/ ´ヽ,
       ,f"」∠='"⌒`''´ヾ, -ー气
         jf´            }   ーヘ
       ,!    j   _,、,, ゝ .ゞ二_ ヾ|
        .f 、 、ヽ;、n5ァ   \ 、ニj
      ヽ`テiァ` "ご     | f、く   如何なされた覚明殿。
        j ´.j          | |, |.|   信濃の月は京と違うものですかな。
         { く;ッ        |. ト ,リ
       ヽ  _,、-ッ       ,| ,レイ\_
        ヽ. ヾ "     ,/.| ||::| ヾく`
        ヽ     _,/.: |.||::| 、,ゞ゙`
          ゙ーr―''"´ ..:: __」||:::| ドゝ
            _」-ェ=_=ニ´-‐''N:::| Yゝ


       /........  l   /  |  l   !  l  i   ヘ
     /: : : :i: : ::i: : ::./i: : : :.i: : ::イ: : ::.!: : :|........!...: : .ヘ
   _〆'!: : ::l.....:::l...:::/ l....:::;イ:....../|::..../!::....l: : : |: : : ト..!
     l::i::|..!......l!..7‐ゥ.、x'´!::.../ !.:,/__!:...イ::. : :!:: : .|ヽ!
     l::|..::!.ヘ....!,r≠、.  !./  /./  l.` | i: : :|::!:: :| |
      !!i: :|: ::`.!'i゜::::.j` '´  '´r≠ヽ、 |:::::/::!i:::/
       !ヘ..!: : ::|.廴;.ノ      {゜::::::ソ イ/:::/ !'
       ヘ!.i: :.l      !     ー' /: : ; :/
          !.!: :ト     __       /: : /!/
         l.ト、|..\        /.!: / |'   ……月はいつも同じ。
         ヘヘl.ト..| ヽ    , r‐,'イイ:/  '   だから思い出す。
           ,ゝti    ̄ |./、' ソ      京での事。私の使命。
         /:::r'´     └、:\
       _, r'´:::::::|_ __,,..,,_ _ |::::::`ヽ、_
    , ィ:´|: : : : : : : レ'´: . : . :`ヽ、|: : : : : : : |`jヽ
   r'|: :!:::::i: : : : : : :|:_;. -‐' '‐- 、;:!: : : : : : : l:::l : :ト、

339 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 22:05:28.60 ID:paJ8q/so


         r、/,,,__,_//,,,,,,,,/,,   ゛ヽ
         l       // /  ゛ヽ
         ヽ      〈//     !
         〈r,,ィ-‐‐ー  \ 「⌒ヽ |_
         /゛.'-'-‐‐`   〉 |..♭)l | ゛ヽ、  左様ですか。
        く_.  ヽ     ||.イ / \ ヽ  ……一つ伺ってよろしいか?
         ヽ        | | レ´|l /〉  〉
          ヽー     /|| ト、|l / |
           iヽ   / |L/|/λノ/|/
           ` ‐イ  /|/l  ,λ,/_/_,-‐'" ̄゛`‐
            ,/⊥/ _/  /  /
            | Y |/  //  |


             /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
                /:.:.:.:/:.:.:.:,r:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:.:.\
           /:.:.:.:.!:.:.:./:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:!:.ヽ:.ヽ:.:.;ヽ
           /:.:.:.:.:l:.:.:/:./l:.://:,:イ:.:/l:.:.:.:ハ:.jl:.:.:i:.:l:.、ヽ
            /:.:.:.:.:.:l:.:.:l:/:.レ_/'´/シ !:.ツ′.V ';.:.l.:.!:.:l:.:',
         /:.ィ:.:.:.:.:i:.:.:':.:.:.:!__```¬ ' ´  , --l:.、/:/:l:.:l
         ´ l;';.:.:.:.',:.:.:.:.<7:::::::`ヽ     _ レ/:':ノ!/
               ';l:.:f ';.:.:.:.:.l::::::::r'′    r'::::::lヽ// '´/'
             Vヽ ',:.:.:.:lー- '     l::::::メ /:;'!
              ヾl、',:.:.:.!        ` ´ /::/
                ';ハ:.:ト,、   -    ノ;.:.;'  ……何?
                 >:〈/丶、 _ -v' ´V l:,'
                / ヾ、  _ヽヽ、   l;'
              イヽ   ヽ'´ `',  `l:ヽ、

340 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 22:07:19.18 ID:paJ8q/so


         r、/,,,__,_//,,,,,,,,/,,   ゛ヽ
         l       // /  ゛ヽ
         ヽ      〈//     !
         〈r,,ィ-‐‐ー  \ 「⌒ヽ |_
         /゛.'-'-‐‐`   〉 |..♭)l | ゛ヽ、  特に難しい話ではありません。
        く_.  ヽ     ||.イ / \ ヽ  ……ただ。
         ヽ        | | レ´|l /〉  〉  覚明殿。貴方ほどの高僧が、何故このような戦闘に
          ヽ      /|| ト、|l / |  首を挟まれるのかと些か不思議に思っております。
           iヽ   / |L/|/λノ/|/
           ` ‐イ  /|/l  ,λ,/_/_,-‐'" ̄゛`‐
            ,/⊥/ _/  /  /


 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´  ……そう。
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   / 
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、

341 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 22:09:11.12 ID:paJ8q/so


         ,r'ブ ;"//  ,/ ´ヽ,
       ,f"」∠='"⌒`''´ヾ, -ー气
         jf´            }   ーヘ
       ,!    j   _,、,, ゝ .ゞ二_ ヾ|
        .f 、 、ヽ;、n5ァ   \ 、ニj
      ヽ`テiァ` "ご     | f、く   差し出がましいことを申しました。
        j ´.j          | |, |.|   どうかお忘れください。
         { く;ッ        |. ト ,リ
       ヽ  _,、-ッ       ,| ,レイ\_
        ヽ. ヾ "     ,/.| ||::| ヾく`
        ヽ     _,/.: |.||::| 、,ゞ゙`
          ゙ーr―''"´ ..:: __」||:::| ドゝ
            _」-ェ=_=ニ´-‐''N:::| Yゝ


  / / /           l     ヽ     \ \ _  +-ヽ  ヽ  ヽ
. / / l          l ヽ    \  \   x ´ヽ ヽ\ ヽ ヽ l、  \
/ // |      l    !  l、 ト、  \ 、  く ヽ\、ヽト、ヽ l  l l\ ヽ
_ //  |     l    L -┼、 \  \`‐-ミx〉 _」,. -ヽ \  !! ヽ ミ、
∠l    |     _+ 「, ! l ! \ `ー-ヘ  / ,ニ,.-‐':ヽヽ l\ ! l  ヽlヽ
/ :l l   |     l l l l V _           クf;::::::;:::::.::l | !   ! l トヾ
_ィ | l  l     l l ハ/ __`          つ.:.:::::.::j | |   l!l
 /l |  ト l ヽ lハ/ ,rニ--:::::ミ、           ヾ_ - ′l l  .! トN
../ | ハi  ハ l  V/〈〈 ら::::':::::.::l                 //!  ト、|   ……いい。
/ | / ll  | ヽ l  ト ヽ. ゛う:.:.:.:.:::j                  //ll   ! l |   別に隠すことではない。
.  l/ リ  | f、ヽ \ ヽ. ヽ-‐´        ′       /j   ハ N   私の目的は仏教の再興。
    l∧リ, 〉ヽヽ  \\           _      ///  / ,リ ′
       V ヽヽ\  \ミ、、         ´    / /l l /
         ヽlヽ ヽ、  \` 、 _         イ /i ////
           ヽ:、\  \ト\「 ¬‐--‐ '´ l l/ リ/ツ′
        __ ヽ `へ \、-j         l \

342 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 22:11:43.27 ID:paJ8q/so




     ――はっきり言う。


     ――今の寺社は、堕落している。




343 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 22:13:34.43 ID:paJ8q/so


.  N. {               ヽ
.  N.ヽ`               〉  
  N.ヽ`        ,.ィイ从       /
.  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく   
    lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !   さて、ここで治承・寿永の乱におけるキーである。
    ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ
       !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´            “寺社”
       ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\   
  -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー について触れようと思う。
    /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|   義仲の躍進には、寺社の存在が欠かせない。
.   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |  
  / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|

344 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 22:15:57.53 ID:paJ8q/so


   <ヽ,  「:l       /7   「l   /'.7
    丶`:-': '-..,「:|    |:l   _/"ー-´/ ナラッ!!
       ̄ ̄ヾ/  ̄ ̄ヾご/´ ̄ ̄
         /        丶
         レ⌒ o ⌒ヽ,   }  やあ、僕仏教!
         〉 (ё, (ё ' (G)i  飛鳥時代に日本に来たんだ。
        {   し     ノj,'  
         ',   'こ'     J
         ゝ .,,_____,. イヽ、
         ,< `-ー/彡/ヽ
     _/  ノ(_ //_,,.〉  ノ
     と__ゝ-''´ {//l|l _/ヽ/

          仏教(擬人化)



   <ヽ,  「:l       /7   「l   /'.7
    丶`:-': '-..,「:|    |:l   _/"ー-´/ ナラッ!!
       ̄ ̄ヾ/  ̄ ̄ヾご/´ ̄ ̄
         /        丶
         レ⌒ o ⌒ヽ,   }  でも変なんだ。
         〉 (ё, (ё ' (G)i  僕宗教なんだけど、何か国を守ってくれって言われたんだ。
        {   し     ノj,'   どういうことかな? まあ良いけど。
         ',   ー     J
         ゝ .,,_____,. イヽ、
         ,< `-ー/彡/ヽ
     _/  ノ(_ //_,,.〉  ノ
     と__ゝ-''´ {//l|l _/ヽ/

346 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 22:17:53.53 ID:paJ8q/so


.  N. {               ヽ
.  N.ヽ`               〉  
  N.ヽ`        ,.ィイ从       /
.  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく   
    lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !  当時の仏教に要求されたのは
    ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ
       !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´        “国家鎮護”
       ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\   
  -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー- ラノベ風に言うと“防衛省霊的対策本部”見たいな。
    /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|   その為、僧侶というのは基本的に国家公務員となり、
.   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |   僧尼令という律令で僧侶を管理することになる。
  / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|     
  T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |

347 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 22:20:27.34 ID:paJ8q/so


   N {                \
  ト.l ヽ               l
 、ゝ丶         ,..ィ从    |
  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |
   `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ
.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ   その仏教において、尤も重要視されることに、
    ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン
      l     r─‐-、   /:|         “戒律” 
       ト、  `二¨´  ,.イ |
     _亅::ヽ、    ./ i :ト、    というものがある。
  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、 仏教徒が守るべきルール。
    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l    妻帯しないとか肉食しないとか言うアレ。


350 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 22:23:40.97 ID:paJ8q/so


  (((;;;:: ;: ;;          ;; ;:;::)) ::)
   ( ::: (;;   ∧_,∧   );:;;;)) )::: :; :))
    ((:: :;;  (´・ω・)っ戒律;;;; ; :))
     ((;;;  (っ ,r どどどどど・・・・・
          i_ノ┘

 ((;;;;゜;;:::(;;:  ∧__,∧ '';:;;;):;:::))゜))  ::)))
 (((; ;;:: ;:::;;⊂(´・ω・`)  ;:;;;,,))...)))))) ::::)
  ((;;;:;;;:,,,." 戒律⊂ ) ;:;;))):...,),)):;:::::))))
   ("((;:;;;  (⌒) |どどどどど・・・・・
         三 `J

         .∧__,,∧   ;。・
       ⊂(´・ω・`)⊃戒律
    ☆   ノ   丿 キキーッ
      ヽ .ノ  (⌒) 彡
       と_丿=.⌒

         .∧__,,∧ゼェゼェ
        (´・ω・;)   戒律ドゾー
        ( o戒律o )))
         `u―u´

          鑑真

その戒律、即ち僧侶と言える様になる免許取得の儀を受戒という。
これが出来るのは当然資格取得者である僧侶が必要となり、
その為大陸からわざわざ鑑真を呼びつけることとなった。


351 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 22:27:35.38 ID:paJ8q/so


そうして出来たのが、かの東大寺。
いわば東大寺とは、奈良時代において僧侶になる為の唯一ともいえる僧侶国際ライセンス発行所であった

           ,〟-──、.
         ,.、-     '''''' ヽ、
        /。。゚。゚,、-────ヽ
       /。゚。。゚ 。|        ヽ
       |。゚。。 / ─- 、-、 ゚ _=|
      / ̄ヽ |   ━━ヽヽ l/━|
      ヽ Ll        ,..ヽ |  |
       | |.        ヽ─  |
       | レ┐      -二三  |    
       |   |           /
       ヽ=へ   ────'''/
      ┌‐.<    ────=、
      ,.┴─、\         \/ヽ
     /    \ ヽ      / )/-/ヽ
    /        |     ノ┐/ ,.-/  ヽ
   ./         l   ./ / l "|"/'ヽ |
   |          ヽ  .|  (   / l .|
   '|, ノ  ,,-,,.、-'" ̄`>ィ.|   ).l´ /|  |
   /        / / |    /| |  ,l、_    ___....,、┐,,,、
   / /        ノ  |.,-─''"ノ  | /,. ,.┴、.、'" _,-‐ニ/ι、
  / |           // / ‐'" ノ  | |  '  -─ 、,-つつ-''"
  |  |       _,................/   =-'"  //'''''''"/''>......-.    / ̄ ̄ ヽ
  ヽ        '"     `ヽ、 、   ノ   / /     ./^)  ,     、',(ヽ
   ヽ=─'''"          \ ''‐-   //     〈 〈  {0} /¨`ヽ}0},〉 〉 バーカ
ヽ、 /"´  _     _              ,,-、  _.、-=` ヽヽ   ヽ._.ノ   /
  \  |  `ヽ 、 | ` ヽ 、  /`ヽ 、   /   |//  ||/|          |

356 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 22:30:46.58 ID:paJ8q/so


僧とは国家公務員であり、国家鎮護を司る重要な役割を担い、
それこそ日本国中のありとあらゆる土地に国分寺、
国分尼寺が建設され国家鎮護を司ることになったのである。

                              / ̄ ̄ ヽ,
                             / 丶 /   ',
                         ノ//, {゚}  /¨`ヽ {゚} ,ミヽ
                        / く l   ヽ._.イl    , ゝ \
  .ni 7                  / /⌒ リ   ヘ_/ノ   ' ⌒\ \
l^l | | l ,/)                (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)
', U ! レ' /   / ̄ ̄ ヽ,       ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
/    〈   /        ',        .n   .|   ・    ・   |
     ヽっ{゚}  /¨`ヽ {゚},       l^l.| | /)ノ           |
  /´ ̄ ̄ .l   ヽ._.イl  ',      | U レ'//)           ノ
/  ィ-r--ノ   ヘ_/ノ   ',    ノ    /          ∠_
   ,/              ヽ rニ     |  f\      ノ     ̄`丶.
  丿'               ヽ、  `ヽ   l |  ヽ__ノー─-- 、_   )

359 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 22:34:33.72 ID:paJ8q/so


が、ここにきて律令政治が財政破綻。
八世紀の墾田永年私財法の頃には、緊縮財政のあおりを受けて給付金が減額されてしまった。

                              / ̄ ̄ U,
                             / / 丶   ',
                         ノ//, {゚}  /¨`ヽ {゚} ,ミヽ
                        / く l   ヽ._.イl    , ゝ \
  .ni 7                  / /⌒ リ   ヘ_/ノ   ' ⌒\ \
l^l | | l ,/)                (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)
', U ! レ' /   / ̄ ̄ U,       ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
/    〈   /        ',        .n   .|   ・    ・   |
     ヽっ{゚}  /¨`ヽ {゚},       l^l.| | /)ノ           |
  /´ ̄ ̄ .l   ヽ._.イl  ',      | U レ'//)           ノ
/  ィ-r--ノ   ヘ_/ノ   ',    ノ    /          ∠_
   ,/              ヽ rニ     |  f\      ノ     ̄`丶.
  丿'               ヽ、  `ヽ   l |  ヽ__ノー─-- 、_   )
. !/                  ヽ、 |   | |           /  /
/                      !jl   |ノ          ,'  /

これでは彼らも方向を転換せざるを得なくなってくる。


360 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 22:38:28.96 ID:paJ8q/so


   N {                \
  ト.l ヽ               l
 、ゝ丶         ,..ィ从    |
  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |
   `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ
.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ
    ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン
      l     r─‐-、   /:|   そうして平安時代に突入するわけだが、
       ト、  `二¨´  ,.イ |   そこで日本仏教界の方向を転換する重要人物が登場することになる。
     _亅::ヽ、    ./ i :ト、
  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l

361 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 22:44:04.81 ID:paJ8q/so


        ,rモンi, -‐. . ´: : : : : |_ヽ‐-<                f/ : : : : : : : : : /: : /iハ : ヽ : : : : : ヽi
        jノ-'´: : : : : : : : : : : : :`': : : \            /: : : : : : /: : :./i: :/`‐'ヘ : :ト、 : :ヽ: :∧
     , ィ'P、; ; ; ; ; ; ; : : : :; ; : :: : : : : ; ; ヽ             /: : /: : : / : //:./    \i V: : i:/ : i
    (_ ,イ! i: : : : : : : : ; ; ; ; :; : ヽ: : : : : :; ; ';         i: : /: : : //_ムイ    _.L_ V´:l : : |
      l: :!/: : : : i ; ::i i: : :l l : :l lL \: : : : : : l        l: /i: : ∠r' ̄ ̄`     ´ ̄ ̄`ヽ: | : : |
      l: : : : : : : l: ';: i;l: : :l l; -'^ ´ _ -ヽ: : : : i        `i: l/i ィT弐ハ     ィ弐ヾ゙Y´ i:ハ: イ
      |: : : : : : : j ; i-'  ̄   =ニ二r 、 l: : : : :l         |∧ヽi弋_{zrソ       弋z.ソノ  il ノ/|
      l: : : : : :r' _ , -      ヘいjア l: : : : :i        |: : ヽ{                   r':. : :.|
      i: : : : : i ´,斗古 !      ̄    !: : : : l       .  |: : : ハ       '      ∧: :. :.|
       l: : : : : i !_ゝ-' '   ,      j: : : : |      .  |: : : i: :.\    ---    /: :.i: :. :.|
       ',: : : : .ヽ      _ -‐、  /: :i : : :!_        |: : : |: : : : :>、      . <:. : : :.|: : : |
        ' ,: : : : :\    (_ -‐ ' /: : :!: : l: `ヽ、     |: |:.:.|: : : r'‐{¨> .- .<¨Y}ハ: :. :.|: :.|:.|
         ヽ: : : : 、 、 _ _    /.l: : : :i: : :!: :_:/     |: |:.:.|: : / Y/////////Y  \: |:. :|:.|
          \: : :\ : : l ̄´ ´  iー‐ 、_!\_!        l:.:l.:._l__〈 /`ト、____ノi\  V: : 乃
            7ヽ; : ;< ̄j     `ヽ,  \_     r‐´' ̄   V  l/////////.|  \/ ̄ ̄`ヽ、
           /: :i: :7ヘ!`'、       ト、   \  ̄ヽ、、         i/////////i         ∧
           /-‐ュ/ r 、イヽ,  r 、  | 7 `ヽ ' ,   ヽヽ.       l/////////{           /  i
          ,イ´ / ,へ、 ` ー- ゝ、`ー、   `-'    l  i       \///////       , '.  l
         / l  レ'(_` ー-`-        ヽ       lヽ、        \///  ,.rfix.    /   |
         i  i   .`二ニ=-         \_    i i.        0Y    ⅧⅨ}   │   |

                   最澄                       空海

最澄と、空海。即ち天台宗と真言密教である。


368 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 22:52:35.95 ID:paJ8q/so


           //゛'‐ 7  ゛" i゛  し>ソ゛'‐-..,,_::::::::::::::::::   __,,,. .-‐:::::::゛゛''''‐-.,,,_
          //   /:::/.!:::::::i!:::::ヾ::::::::::::::::\::::゛'‐-..,,_:::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::___:::::::::::゛''‐._
          |!  /:::i.|::|:::::::iヽ::::::ヽ\:::::::::::::ヽ:::i::::::::::: ̄゛゛''''‐-...二>-..,,_ ゛''‐,_ ̄゛゛''''‐-..,,\
          ゝ/::::::::i |:::|::::::|', \::::\ .゛''-:::,,_::'i::::::::::::::',::::::\:::::::: ̄'',-....,,゛'-  \      ヘ
        //:::::.|::::::::::|.', .',:::::|ヾ', _,,..-‐"‐-   /:::/::::::::::.ト 、:::\:::::::::::|  ゛゛''‐.. ヽ
      // ./::/:|:::|:::',:',.',:::', ミヘ '  .,z==-:_  /:::/::::::::::::::|ミヽヽ:::',::::::::::|
      ミ' .//:::::',:|',::|ヾ ゝ'     .r"下し'リミ |:::∧:::::::::::::|  > }:::', ', _,,.!-_   人は、皆救えるんです!
       /"/:::::::::::.',トミ| /~       ゝ弋;;;ソ |::,' ',::::::::::::',く /::::::ヘ ',~ ./\   悟りを開けるんです!
     /  /::::::::/::::::!::::\ イハト、     "    |,'  ',:::::::::::ヽ'::::::::/'', |/:::::::::::,>'‐-...,,,,_ 悟る心さえあれば!
        ,'::::::::/:::::::::.://ヾ ヾ,チ         丶  \::::::::::\::::! |/::::::_,-''ノ二三‐_
       .i:::::::/|:::::::/ /:::/:::ヽ ,             /\::::::::::ヾ!/_,..-'"_ノ    /
        |:::::i .|://  .{:::/|:::::::::> `   _,.-'" 7     /   >.----、モi--   /
        |:::::| .}:|   ',::|.Γ゛'-ニ,ヽ.、‘ ミ/    /  //: : : : : : >    /゛ ̄ ヽ
        .',:::| ヾ    ヾ> ~>"゛>.--'-.,,_    /、_∠/: : : : : : : : :/    /:::::::ヽ
         ヾ、    / イ  _/ ヘ  .゛'':::::::::ゝ/: : : : : : : : : :/    /::::::::::',
             /  7    //∧ ∠,.-'". /: : : : : : : : ://   /::::::::::::',

人は誰でも悟りを開けるという、いわば本当の意味での宗教的な意味を持つ天台宗と、


             ./:::::::/::::::::::::::::,:::::!::::!ヽ':::::::::::::::ヽ
            /:::::::/:::::::::::::::::::/:::::l:::::j`Y.ハ:::::::::::ヽ
.            ':::::::/:::::::::::::::::::/::::::,1::/   ハ:::::::::::ハ
.            |:::::::|:::::::::::::::::::l::::::/.}/    ハ:::::!::l!:!
            !::::::|::::::::::::::::/!::::/ /   /  ̄ \!::l}:!  手順を踏んだ儀と、修行によって、
            |:::::::!::::::::::::/イ!/ ̄ `   ,ィ:㌃} |小/  人は生きながらにして仏になる事が出来るのです!
            j:::::::ハ、:::::j _,ィち丁ヽ   ゝソ ' .!/'
            /::::::::::fハ,.{ ` ゝソ    、   .!、     __
.           /:::::::::::::ヽ,_N、        __   /! _ヽ___ハヽ、_
          /:::::::::::::::::::::::} \    <´_ソ , ' {、: : : : :.`¨¨ヽ ヽ   ̄ ̄ ¨ 、
          /::::::::::::::::::::::::::'',,  > - ,, _/!、 ./: : : : : : : : : :ヽ .}  f ⌒.ヽ_ }
.         /:::::::::::::::::::::: --ゝ、  ¨ト、  !ヽ、 /: : : : : : : : : : : .} .},/    //
        /::::::::::::::::::/: : : : : : `'' - 、 }¨´ 人,j: : : : :.,ニニ.、: :.リ /    /´
.       /::::::::::::::::::/: : : : : : : : : : : : :廴{  ̄  _,ハ: : :./ / , `¨.<  ,,. "
       /::::::::::::::::::/: : : : : : : : : : : : :, = -.、-   ハ: :ゝ'_/_/ ,y  .,ィ}´
      , /::::::::::f´ ̄ ''-,,: : : : : : : :./ ¨¨¨う__,,,_∠\`¨´ `¨丁´ /

どちらかというと個人が悟りを開く方向の真言密教。
この二つが、この後の仏教に大きく影響することになる


370 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 22:59:25.21 ID:paJ8q/so


           ,.ィ、`:イ´,: : 、: ヽ、
          ,/: : :ヽ7´: : : : ヘ: ハ
.         /: : : : : : : : : : : : : : :ヘ: ハ
        /: : :,: : !:.:!`"l: ト.、: : : :ハ: :i
.        ハ: : :l‐-!:/、 リxヘ: : : :i: :.!   目指しましょう。
         ヘ: :!:斗-ミ  ,ィ´¨!ヽ;、:!: |      即   身   成   仏   !
    .,...,..,__  ヘ!/ ゝ '   ゝ ' リノ': ,.ヘ,ヘ、
   ,イ!   `,   Yハ   rー1 ノ: : f`    .〉
   ヽ、   .!'  l: `>,d、ノイヘ, : :ゝ、  /
    ハ   r' .,ィ''ヤ¨/ .{  ,リ }ーァ.ハ  l
     }  l イ i ,} / ̄ミry'´ ̄`, f/ .l  ',
     !  Vヘヽ,Y {  シVミ   l.!'.∠.!  ,
     ,'   .l  >ノ, ゝィ´.l j! `r-.'.|'´: : l!  ',
.    {   .! / ハ、 ゝノX レ'  ノ: : : :.!l    ,
     ',   ,/   ハ    ヽ  i: : : : :!ハ   !

はっきり言って、当時の真言密教はかなり強烈な宗教であり、
生きながらにして仏になる即身仏等、かなり過激な呪法を取り扱う宗教でもあった。
まーよーするに、死んでもミイラとして生きるという。


374 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 23:02:40.40 ID:paJ8q/so


                     //: : : : : : . , : : : : . : : : : :.\、
                  /: : : : : : : : : :/: /.::.::.ヽ: : : : : : :. \
               /.: : : : :/; : : :./! /^V^、: \: : : .',: :..丶
                /:: ./: //: :.//: /     \::\: : l: : : }
.               |: : l:: //:/__//     __\ : : l : : |
                  |: : ..l //´ ̄`     ´ __ `\: :}: :./
               ヽ.: ハ:| Y´「[」ヽ      /|└|`Y l:ハ.イ
                  |〈  、 ┴┘       └┴'   l ノ|
                  |::.\ハ       ,       ル':.|
                  |::.::.:: .:、     ___,     /: :l: :..|
                  |: ::.::.: . \          /.: : :l : :|
                  |: : ::.::.::.::::.::>.、       イ.: : :   l: : |
                  |: : : ::.::.:/| ̄:`: ー .´ ̄|7ヘ: : : :l: : |
                : : : : :|: :i: :.i:/ _,ト 、: : : /二`ヽ/^ハ: :.:l:.: .|
            : : : : :, ┴┴┤ / |: : :>' ̄.   \l__〉.:|: : |
         : : : : :/      |/   |: ::|_ト、      \  ̄`ヽ
          : : : :/            |::.:..:.`-\        i__   \
        . : : : : :l             |: : : :.:.::.:..:>、__, -┴|    l

因みに、高野山的には、21世紀現在も空海さんは高野山でご存命だとか。
高野山を選んだのも、儀式に使用する水銀が大量に産出するからという。


375 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 23:05:51.96 ID:paJ8q/so


   <ヽ,  「:l       /7   「l   /'.7
    丶`:-': '-..,「:|    |:l   _/"ー-´/ ナラッ!!
       ̄ ̄ヾ/  ̄ ̄ヾご/´ ̄ ̄
         /        丶
         レ⌒ o ⌒ヽ,   }  平安時代に入るとね、
         〉 (ё, (ё ' (G)i  僕らは裕福な貴族と個人的な結びつきを得ることになるのさ。
        {   し     ノj,'  
         ',   'こ'     J
         ゝ .,,_____,. イヽ、
         ,< `-ー/彡/ヽ
     _/  ノ(_ //_,,.〉  ノ
     と__ゝ-''´ {//l|l _/ヽ/


   <ヽ,  「:l       /7   「l   /'.7
    丶`:-': '-..,「:|    |:l   _/"ー-´/ ナラッ!!
       ̄ ̄ヾ/  ̄ ̄ヾご/´ ̄ ̄
         /        丶
         レ⌒ o ⌒ヽ,   }  そしたら密教が何と大ブレイク!
         〉 (⌒, (⌒ ' (G)i  貴族って呪法とか好きだよね。
        {   し     ノj,'   真言密教ってそういうの多かったんだ!
         ',   'こ'     J   
         ゝ .,,_____,. イヽ、
         ,< `-ー/彡/ヽ
     _/  ノ(_ //_,,.〉  ノ
     と__ゝ-''´ {//l|l _/ヽ/


   <ヽ,  「:l       /7   「l   /'.7
    丶`:-': '-..,「:|    |:l   _/"ー-´/ ナラッ!!
       ̄ ̄ヾ/  ̄ ̄ヾご/´ ̄ ̄
         /      U 丶
         レ⌒ o ⌒ヽ,   }  
         〉 (⌒, (⌒ ' (G)i  でも全部の仏教が密教化しちゃったんだよね。
        {   し     ノj,'   割と節操ないのかな。
         ',   'こ'     J   
         ゝ .,,_____,. イヽ、
         ,< `-ー/彡/ヽ
     _/  ノ(_ //_,,.〉  ノ
     と__ゝ-''´ {//l|l _/ヽ/

378 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 23:09:27.95 ID:paJ8q/so


しかしながら天台宗は宗教的にではなく政治的に力を増すことになる。

             /` ´} rっ    >/_):.:.: ̄.:.:.:.:- ,, _
           <   ヽ rっ/こニ,r'コr=ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ)、_
  -- ._   _ .r「」「} /、⌒  >ゝ-''/ /` ー''.:.:.:.:.:.:.:.:.:r'⌒「}_ )
./.:.:.:.:.r.、ヽ「r‐;.:}:`r_'ノ./ ;!   /:/ // :!.:〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ⌒ム.\
:i.:.r'j.:.:} :).:.}  ゝ'   / /   :{/ 〃:!ヽ」.:.}.:_.:./.:,:.:./.:.:.:.:.:.:.:.{」ハ、ヽ
ハ.:ゝ.:.:j(.:ノ    , -' :k=x_ 〃/.i 」_.:.;r'_:∠_///.:.:.:}.:i.:!:i.:.i.:.:.!ヽ ,
 `一"     /  };ノ _ノ > _>''" ノ.:.| 〃ふヽ` - _〃j.:!:|.:.|.:.:.| ', ,
    ノⅤ>"_ ... (_r'´./.´ _,x< .:.:.:.:! .ぃzソ    rチx'从:リ.:.:.ハ ∥ !
  r←‐x"\ヽ '⌒`  ̄ ._rチ┘.:.ハ.:.:.:.:|       tりノ}ヽ'!.:.:.; j八ノ
  } / \ \)、_  ( >.:.:.:.:.ハ.:.:.:.| r  _  ノ  /.:ハ.:.:|.:.:.|
  7    >'"  ⌒ヽ )⌒ソ.:.:.:.:ハ.| |ト ヽ _ ア,..rvう_{ {.:..! .:.|   京の鬼門に国家鎮護のお寺を作ります!
  /   ./       `  ←チ.:.:ハ!小.ヽ.__ ,,:《≠/⌒ソこハ.::.|
. /   /  _      r'⌒´)_⌒メ _    ,r==》< _」⌒ハ:!   延暦寺ですよ! 延暦寺!
:'    ,∧/   - __,, -  ̄ }} 」_ ー-  _ ''ヽ  〃/ /ヽ,__ノ
   /ヽ,ハ_〃   }ハ    ヽ .)      ム`'' k'_ノマ :k'⌒ヽ
   ;'  》'>.、  ⌒り     Vハ  / ヽ  《」⌒':r'Ⅶハノ、_  :>、

               +      +               +      +                +      +
   m n _∩          +      m n _∩          +      +m n _∩          +      +  ∩_ n m
  ⊂二⌒ __)  +  /\___/ヽ +⊂二⌒ __)  +  /\___/ヽ +  ⊂二⌒ __)  +  /\___/ヽ +    ( _⌒二⊃
     \ \    /''''''   '''''':::::::\    \ \    /''''''   '''''':::::::\     \ \    /''''''   '''''':::::::\     / /
       \ \  |(●),   、(●)、.:|  / \ \  |(●),   、(●)、.:|  /  \ \  |(●),   、(●)、.:|  / /
        \ \.|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| / /  \ \.|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| / /   \ \.|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| / /
          \  |   ´トェェェイ` .:::::::|  /     \  |   ´トェェェイ` .:::::::|  /      \  |   ´トェェェイ` .:::::::|  /
           \\  |,r-r-| .::::://        \\  |,r-r-| .::::://         \\  |,r-r-| .::::://
             \`ー `ニニ´‐―´/           \`ー `ニニ´‐―´/            \`ー `ニニ´‐―´/
             / ・    ・ /             / ・    ・ /              / ・    ・ /

比叡山延暦寺の完成である。


383 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 23:16:53.34 ID:paJ8q/so


      r、
      ! !
      | |   _
      | ! __ / )
     ,ィ ┴ニ-ヽ/
     l   -‐‐|
      l   ^」       _,,.,_
    _,,..」   ヽ.,,_      _ ヾi ,ヘ
    lヽイ   //^>へ-<z‐ヘュ_|l/ _!、_
     ン'|7t_y、,>`''" l ゙i、 、 ̄ `ヽ<  `゙〉
    く !   |/ l /l ヽ, ゙l、ヘ ヽ  ゙i゙ヽ /
    `j    l/ /{( |  !|l j l |、 l、 ヽ } )\
     l     !/__゙ヽL.」 リ|/ j } l } l j   >
    |    |l    ̄`   ‐'''メ、l リノ`iヽ z'"
    l    |{`'"゙゙゙''    ィ5t、  ヘ }  l/
     !   j ヾ='"   ,  マン ゝ/| l  !
    I   iヽ,  r-、,_     / ノ  ! l
    l    l fヘ l   `7   /'"rl  l l   限られた人しか受けられない東大寺の受戒はもう必要ありません!
   j    }、 ヾt、 ヽ-‐'゙  ,、+'" /ノ|  /   これからは延暦寺で受戒できるようにします!
   /    l へヽ`''‐-r'''"、   {  j  /
  /    j\|l]r、_ {ノヽl \ | / /
  {     /  |lヽl」、‐-{、     ヽメ/
  !      |レ┴''ヘ  ニ=-ュ、_
   !   _,、,、/   i l |,、,_   || ,`ヽ


                     7 ̄``'ー- 、 ` 、      `' 、三三三三
                    /  _,,,.、-‐:、,`'‐ 、,` 彡     ` 、三三三
                     ', ヾ--‐'"~``    l彡'‐. 、彡 丶丶`' 、三
                     /  .  }∩{     ヽ彡彡彡'; 、彡丶 丶`
                   /     }∪{      '彡三三ソ-`、.、 :.丶:.   !!!
                . /¨`ヽ、           三三三ソ l .|彡`'ー-
                . /    \        .ノ三彡' ///三三彡
                /      ゝ //////   `'"  ~   ノ三三彡
                Υ工エエエェェイミ /////    ‐--‐'´ `ヾ三彡
                .`ヽ、     ミ'从       ,:,:,:,:, '     ;三彡
                   ヽ、  ミ从从从   ,:,:,:,:,:,:,:,:.'    〈三彡
                    /ミミ.,.r'从从〉,.;:,:,:,:,:,:,:,:,:,:'       `ミミ
                   彡彡彡ソ从从リi;:;:;:;:,:,:,:,:,      ,、. -‐‐
                .   ヾ彡彡ソ从川ノ;:;:;:;:,:,:,:,:.'   ,. - '   ....:::::
                ''''''''''ヽ`~~,フ'"~ヾ;;;;;:;:,:,:,:.:  ,. ‐.'´   ..:::::::::::::::

延暦寺は、当時国際ライセンスで定められていた戒壇を延暦寺に勝手に創設。


384 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 23:20:02.46 ID:paJ8q/so


        /__/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.凵\
   ∧ /凵:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.ヽ\:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ \
 __/ | \/:.:.:/| .|:.|\ヽ \.斗-‐ゝ:.:.:.:.:.:.::ヽ、/
/  | )  |:.:./`ト、レ'  ゞ'"´ ヽ|   |:.:.:.:.:.i:.:.:.ハ
L__/__」 〉 |:/ -‐‐    <"´ ̄   |:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|   延暦寺の受戒を、東大寺の受戒と同じ扱いにしてください!
 .ヽ_/\/  /      `丶   |:.:.:.:.:|:.:.:.:..|
   ヽ  | .〃  i7 ̄ ̄l   〃〃 |:.:.:.:.|:.:.:.:.:|
    ヽ |.    V   .|       |:.:.:...|:.:.:.:/
     .ヘ|    .V  |       |:.:.:.:.|:.:.:.:.\
      、    .ヽ ’       .」:.:.:./:.:< ̄
       \_        _,,. - ''´|:.:./―''´
       \「\‐ー ┬ -´ハ:::::::::::::|:/, \
           |_::レ'`´ヾ、|::/::,,r'⌒',)ノ
           |__.」::::|  .ヽ::ヾ´ '、,ノ'


    |          .::::::::::::::::::::.
    |         ...:..:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::.:..:...
    |        {0}::::::::::::::::::::::::::::::::{0}
    |      ⌒..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..⌒
    |         .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.::.
    |         .:.::::::::/ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::::::.:.
    |         /       \
    |       ` トェェェェェェェェェェェェイ´
    |          \      /
    |            ,.トェェェェェェノ、
    |             ─

あまつさえその戒壇を東大寺と同レベルにしろと要求。


387 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 23:22:17.37 ID:paJ8q/so


|     _ ヾi ,ヘ
|へ-<z‐ヘュ_|l/ _!、_
| l ゙i、 、 ̄ `ヽ<  `゙〉
| l ヽ, ゙l、ヘ ヽ  ゙i゙ヽ /
| |  !|l j l |、 l、 ヽ } )\
| L.」 リ|/ j } l } l j   >
|:::::::::::::::‐'''メ、l リノ`iヽ z'"
|:::::::::::::ィ5t、::::ヘ }  l/  してくれなきゃ怨霊になります。
|:::::,::::::::マン ゝ/| l  !
|、,_     / ノ  ! l 
|  `7   /'"rl  l l
|-‐'゙  ,、+'" /ノ|  /    .    / ̄ ̄ ヽ
| -r'''"、   {  j  /      ./^)  ,     、',(ヽ ――!
| {ノヽl \ | / /      〈 〈   {゚} /¨`ヽ}゚} ,〉 〉
|-{、     ヽメ/       ヽヽ   トェェェイ  /
|  ニ=-ュ、_            |    |   |  |
| |,、,_   || ,`ヽ          ノ    ヽ__ノ   |

こうして、なし崩し的に比叡山延暦寺の戒壇は認められることになった。


389 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 23:25:31.67 ID:paJ8q/so


     : :,'/.,.':. ./:::.: /:/!: l l: l l:i l::. l l: i !:i: ! :i :!i: i:.  :! :.  :
    : .:i:. .,.':../!:::::/:/ l:: | l::i. l:! .!::. :! !: !:!:i: ,'i: :! !i: i:   :! :..  :.
    : : :レ':/  |:::ハ/ |:: ! |:i !! !:. :| i: j:i:.レ ノノ| !l: iヽ .:.:! ::.  ::
    i.:.::!/-‐―廾ナ¬ーl-、   !  ゝ'   i_L. -┴‐-⊥_\|.i. ::  ::
 .   i.:.::|   _,ィi歩気≧x         ´ ,ィ≦豕≧ュ、   |:i :  :
 :   ! .::| ,zi㌘{{i、__片!|`ヾ         '"´{、__及}}∧   |:i :    これで多くの人が受戒を受け、
 :.  i :.::|  `弋 !ゝ.__ノ_,!            _iゝ.__ノノ jf〉   |:i      僧侶になり、救われるんだ。
 :.  ! :.::|   ´ ̄                  ̄` `゙     !:i:  : .:
.. ::. i :.:iハ  ::::::::::::::::::               :::::::::::::::::::   ハ!: . .: :.::
:. .::.. i : :iハ               :!               ハi i:: .:i::.::
:: ..:i:..i :..::l:∧                           /.!i i:: .:i::.:::
!:: .::!:::.: :::l':.∧                         /.::!i i:: .:i::.:::!
!i::. .:l::: : :::!': ヽ、        ー---- --           ,.イ. .:!i i:: .:i::.:::!i
.!i:::.:::l:::.: .::l : :. .\                    /:/ . :!i i:: .:i::.:::!i

延暦寺戒壇が認可されたのが最澄の歿後七日後。
最澄の怨霊化を恐れたものと見られている。


393 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 23:29:04.34 ID:paJ8q/so


   <ヽ,  「:l       /7   「l   /'.7
    丶`:-': '-..,「:|    |:l   _/"ー-´/ ナラッ!!
       ̄ ̄ヾ/  ̄ ̄ヾご/´ ̄ ̄
         /        丶
         レ⌒ o ⌒ヽ,   }  
         〉 (ё, (ё ' (G)i  さて、戒律周りのごたごたが起きてその後寺社がどうなったかと言えば――。
        {   し     ノj,'  
         ',   'こ'     J
         ゝ .,,_____,. イヽ、
         ,< `-ー/彡/ヽ
     _/  ノ(_ //_,,.〉  ノ
     と__ゝ-''´ {//l|l _/ヽ/

394 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 23:30:43.25 ID:paJ8q/so


     \  ウホッ!  /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !  /
      \    ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l | /
   | ̄ ̄ ̄\  | | /ヽ!        |            |ヽ i !/-、,,_,, _,,
   |          \ ヽ  |        _   ,、            ! ,/       ヽ、
   /    ̄ ̄ ̄ ̄\\ !         '-゙ ‐ ゙        レ/  .        \
  /    やらないか \     ∧∧∧∧∧       /  ,!   | | ト,       ゙、
 /              /\  <     い >    / ,,イ ./|!  .リ | リ ! .|! | ト|ト}
/             /  /  <  予    > // //ノノ  //゙ ノ'////|.リ/
           /    /   <     い >  ´彡'゙,∠-‐一彡〃 ト.、,,,,,,,,,,,レ゙
―――――――――――――<  感    > 二ニ-‐'''"´      /`二、゙゙7
    ,, - ―- 、         <  !  男  > ,,ァ''7;伝 `        {.7ぎ゙`7゙
  ,. '" _,,. -…;   ヽ       <     の >   ゞ‐゙''  ,. ,. ,.   l`'''゙" ,'
  (i'"((´  __ 〈    }      / ∨∨∨∨∨ \.   〃〃"     !   |
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }     /_,,._,,.....、、..、、、,,_   \        (....、 ,ノ  !
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }    /゙´         .},   \       `'゙´  ,'
    |! ,,_      {'  }   /       ,.ァぃぐ      \ ー--===ァ   /    す
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、 /    ァ')'゙⌒´  'リヽ,      | \ _ _   ./  大 ご
    ヽ ‐'  /   "'ヽ/    ヾ、  ,.、=ニテ‐゙レ     l  \` ̄   ,/   き く
     ヽ__,.. ' /     / .     〉 '" /{!  .\      〉  | \   ./    い  :
     /⌒`  ̄ `   / ,r‐-、  /     ̄´     `i.  /ミlii;y′  \/    で

   大体こんな感じになった。


399 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 23:34:04.66 ID:paJ8q/so


   <ヽ,  「:l       /7   「l   /'.7
    丶`:-': '-..,「:|    |:l   _/"ー-´/ ナラッ!!
       ̄ ̄ヾ/  ̄ ̄ヾご/´ ̄ ̄
         /        丶
         レ⌒ o ⌒ヽ,   }  
         〉 (ー, (ー ' (G)i  元から素質はあったんだよね。
        {   し     ノj,'  “四分律”って書物があるんだ。
         ',   'こ'     J   これは大昔のインドで書かれたもので、
         ゝ .,,_____,. イヽ、  8世紀には読まれてたんだ。
         ,< `-ー/彡/ヽ 
     _/  ノ(_ //_,,.〉  ノ 
     と__ゝ-''´ {//l|l _/ヽ/


   <ヽ,  「:l       /7   「l   /'.7
    丶`:-': '-..,「:|    |:l   _/"ー-´/ ナラッ!!
       ̄ ̄ヾ/  ̄ ̄ヾご/´ ̄ ̄
         /      U 丶
         レ⌒ o ⌒ヽ,   }  
         〉 (ー, (ー ' (G)i  
        {   し     ノj,'  この内容といったらもう……。
         ',   'こ'     J  
         ゝ .,,_____,. イヽ、  
         ,< `-ー/彡/ヽ 
     _/  ノ(_ //_,,.〉  ノ 
     と__ゝ-''´ {//l|l _/ヽ/

403 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 23:38:24.92 ID:paJ8q/so


 、        ヽ
 |ヽ ト、  ト、 ト、 、.`、
/|l. l. | |l l | | l |l.| |l. l
/' j/ ノ|ル'/レ〃j/l |
-‐7" ヾー---┐|_.j
 ̄   ./゙ニ,ニF、'' l _ヽ
::   ,.,. |ヽ 」9L.` K }.|
    l'  """  l ) /
  h、,.ヘ.      レ'/
          レ′
 r.二二.)     /   Q:男の僧が居て、思わず立っちゃったんですが、
  ≡≡    ,イ      その人が僕のを咥えてきたんです!
.       / !      快楽は感じてないんですが、僕、何か悪い事したでしょうか?
\   /  ├、
::::::` ̄´   /  !ハ.

 「時に比丘あり、男根起つ、異比丘即ち持つて自ら口中に内る。
  此の比丘以て楽みと為さず、即ち却けて受けず。
  疑を生ず、「我れ将た波羅夷を犯すなからんや」


    ,/:::::::::;;ィ:‐ 、::::::::::::::::::::\
   ィ;ァァ-‐'"    /:::::::::::::::::::::::::ヽ     
   / , -‐   〈:::::::::::::::::::::::::::::::l
    { i ,r',ニゝ   ヽ、::::r=;、:::::::::::::|     
   ;、 i.ィ-。、 :=   i:::|-、!}::::::::::::|     A:その坊主は悪いが、お前は悪くない。
    >. ニ´' `   |:::〉r人,、_:::::l
    〈''" -, ー-、   .ノ:::Y    `ゞ-、
.     `Z二二_¨ヽ.ツ"::::::::ゝ,  /// ‐、
      ゝ-<ノ:::::::::::::::::::::〉// /   \
      {:::::::::::::::::::::::::::::/'´  ,. く     \
     ヽ、::::::::::::::::::/   /   \       \
         ̄「フ>、   /      \_   ヽ
            |:/-‐'´ \/ /   /  ̄    ̄` ヽ
         ,イ:|   /   /  /             |

 「汝は犯さず、彼の比丘は犯す」。


407 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 23:41:31.10 ID:paJ8q/so


 、        ヽ
 |ヽ ト、  ト、 ト、 、.`、
/|l. l. | |l l | | l |l.| |l. l
/' j/ ノ|ル'/レ〃j/l |
-‐7" ヾー---┐|_.j
 ̄   ./゙ニ,ニF、'' l _ヽ
::   ,.,. |ヽ 」9L.` K }.|
    l'  """  l ) /
  h、,.ヘ.      レ'/
          レ′
 r.二二.)     /   Q:可愛い男の子が寝てたんですが、その子のナニが立ってたんです!
  ≡≡    ,イ      思わず口で咥えちゃったんですが、僕、何か悪い事したでしょうか?
.       / !     
\   /  ├、
::::::` ̄´   /  !ハ.

 「時に乞食比丘あり、晨朝に衣を著け、鉢を持ち、白衣の家に至る。
  白衣の家に小児ありて眠る。男根起つ。比丘即ち持つて自ら口中に内れ、
  已りて疑ふ、「我れ将た波羅夷を犯すなからんや」


    ,/:::::::::;;ィ:‐ 、::::::::::::::::::::\
   ィ;ァァ-‐'"  U /:::::::::::::::::::::::::ヽ     
   / , -‐   〈:::::::::::::::::::::::::::::::l
    { i ,r',ニゝ   ヽ、::::r=;、:::::::::::::|     
   ;、 i.ィ-。、 :=   i:::|-、!}::::::::::::|     A:いや駄目だから。
    >. ニ´' `   |:::〉r人,、_:::::l
    〈''" -, ー-、   .ノ:::Y    `ゞ-、
.     `Z二二_¨ヽ.ツ"::::::::ゝ,  /// ‐、
      ゝ-<ノ:::::::::::::::::::::〉// /   \
      {:::::::::::::::::::::::::::::/'´  ,. く     \
     ヽ、::::::::::::::::::/   /   \       \
         ̄「フ>、   /      \_   ヽ
            |:/-‐'´ \/ /   /  ̄    ̄` ヽ
         ,イ:|   /   /  /             |

 「犯す」


412 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 23:44:16.75 ID:paJ8q/so


   <ヽ,  「:l       /7   「l   /'.7
    丶`:-': '-..,「:|    |:l   _/"ー-´/ ナラッ!!
       ̄ ̄ヾ/  ̄ ̄ヾご/´ ̄ ̄
         /      U 丶
         レ⌒ o ⌒ヽ,   }  
         〉 (ー, (ー ' (G)i  
        {   し     ノj,'  男色関係の一問一答なんだよね。
         ',   'こ'     J   因みにこの問答がもっと一杯あるから。
         ゝ .,,_____,. イヽ、  暇と手間を惜しまなければ読んでみると良いよ。
         ,< `-ー/彡/ヽ 
     _/  ノ(_ //_,,.〉  ノ 
     と__ゝ-''´ {//l|l _/ヽ/


   <ヽ,  「:l       /7   「l   /'.7
    丶`:-': '-..,「:|    |:l   _/"ー-´/ ナラッ!!
       ̄ ̄ヾ/  ̄ ̄ヾご/´ ̄ ̄
         /      U 丶
         レ⌒ o ⌒ヽ,   }  
         〉 (ー, (● ' (G)i  
        {   し     ノj,'  後“宋版大般若経”って言うのがあってね。
         ',   'こ'     J   そこにとある僧の落書きがあったんだ。
         ゝ .,,_____,. イヽ、  何が書かれてたかって言うとね。
         ,< `-ー/彡/ヽ 
     _/  ノ(_ //_,,.〉  ノ 
     と__ゝ-''´ {//l|l _/ヽ/

415 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 23:46:09.07 ID:paJ8q/so


                   稚児の尻舐めてたい
                   稚児とシたい


                   「児尻舐
                    児尻セう」



424 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 23:50:18.58 ID:paJ8q/so


   <ヽ,  「:l       /7   「l   /'.7
    丶`:-': '-..,「:|    |:l   _/"ー-´/ ナラッ!!
       ̄ ̄ヾ/  ̄ ̄ヾご/´ ̄ ̄
         /        丶
         レ⌒ o ⌒ヽ,   }  
         〉 (ё, (ё ' (G)i  僧侶辞めたら?
        {   し     ノj,'   とか言っちゃうのは駄目かな?
         ',   'こ'     J
         ゝ .,,_____,. イヽ、
         ,< `-ー/彡/ヽ
     _/  ノ(_ //_,,.〉  ノ
     と__ゝ-''´ {//l|l _/ヽ/


   <ヽ,  「:l       /7   「l   /'.7
    丶`:-': '-..,「:|    |:l   _/"ー-´/ ナラッ!!
       ̄ ̄ヾ/  ̄ ̄ヾご/´ ̄ ̄
         /        丶
         レ⌒ o ⌒ヽ,   }  
         〉 (ー, (ー ' (G)i  これがもう平安時代にはしっちゃかめっちゃかになっちゃってね。
        {   し     ノj,'   “禁断悪事勤修善根誓状抄”っていう、
         ',   'こ'     J   宗性っていうお坊さんが、もう○○しない。
         ゝ .,,_____,. イヽ、  ○○します約束しますから許してって文章なんだけどね。
         ,< `-ー/彡/ヽ
     _/  ノ(_ //_,,.〉  ノ
     と__ゝ-''´ {//l|l _/ヽ/

429 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 23:54:34.61 ID:paJ8q/so


          一、四十一歳以後は、つねに笠置寺に篭るべきこと。
          二、現在までで、九十五人である。
             男を犯すこと百人以上は、淫欲を行うべきではない。
          三、亀王丸以外に、愛童を作らないこと。
          四、自房中に上童を置くべきでない事。
          五、上童、中童の他に、念者をつくらないこと。


434 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/13(月) 23:58:03.39 ID:paJ8q/so


   <ヽ,  「:l       /7   「l   /'.7
    丶`:-': '-..,「:|    |:l   _/"ー-´/ ナラッ!!
       ̄ ̄ヾ/  ̄ ̄ヾご/´ ̄ ̄
         /        丶
         レ⌒ o ⌒ヽ,   }  
         〉 (ё, (ё ' (G)i  九十五人とヤっちゃったから!
        {   し     ノj,'   百人越すとやばいからもうしません! ってとこかな。
         ',   'こ'     J   正直本当に百人超してないのかの方が疑問になるよね逆に。
         ゝ .,,_____,. イヽ、
         ,< `-ー/彡/ヽ
     _/  ノ(_ //_,,.〉  ノ
     と__ゝ-''´ {//l|l _/ヽ/


   <ヽ,  「:l       /7   「l   /'.7
    丶`:-': '-..,「:|    |:l   _/"ー-´/ ナラッ!!
       ̄ ̄ヾ/  ̄ ̄ヾご/´ ̄ ̄
         /      U 丶
         レ⌒}o{ ⌒ヽ,   }  
         〉 (ー, (ー ' (G)i  
        {   し     ノj,'  これ結構えらいお坊さんなんだよ?
         ',   'こ'     J   何でもね、えらくなると稚児が抱ける特権が得られるんだってさ。
         ゝ .,,_____,. イヽ、  なんだかな本当
         ,< `-ー/彡/ヽ 
     _/  ノ(_ //_,,.〉  ノ 
     と__ゝ-''´ {//l|l _/ヽ/

441 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 00:00:45.46 ID:OqiynU2o


そうして、平安荘園時代になると、彼らの影響力が更に大きくなる。

           /`ー──一'\               / ̄ ̄ ヽ,
          ,r(●)(、_, )、(●)\            /        ',  
         .|  '"トニニニ┤'` .:|            {0}  /¨`ヽ {0}.',
         |.   |   .:::|  .::::|            l   ヽ._.ノ   ',  
         .|   ヽ  .::::ノ .::::::|            リ   `ー'′   '
          \   `ニニ´ ..:::::/           /⌒  r^ー-──'⌒ヽ 
       ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙-、.         (   、  `ー───-、  |
       :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i          ヽ、 `ー──^-、   /
           |  \/゙(__)\,|  i |          ノ`ー───-'   /

国家の徴税、即ち国司の影響力を排除する為には、彼らに土地を寄進し、
その庇護の下に置いたほうが良いのである。


447 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 00:03:49.64 ID:OqiynU2o


その主体となったのは農民であるが、さて、当時の農民のイメージと言えば
なんだか気弱そうで虐げられていた哀れな人々をイメージしてしまいがちではないだろうか?

                /     \   \
               / ―― \     /
             _ノ      \  _ノ
                 ____
               /@ @ @ @ヽ
               /@/ ̄ ̄ ̄`ヽ@ヽ
              / /         |  |
              | /  ⌒  ⌒   | @| /ヽ
              || (●) (●)   | | /   ヽ
              /         |@| ヽ/〉 ノヽ
             /          | | //ヽノ /
            {           / /|//   `
             ヽ、       ノ / //
             ヽ``ー――‐''"ノx//x|
                ̄/○\ ̄x //x| |
              | 〈__/y/ヽ__〉x//ヽ,|x|
              .|x x // x x(⌒  /x |
              .|=====//'ー'==|

458 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 00:07:06.39 ID:OqiynU2o


実際はこんな感じ。

               =片爿=,ァ乙rz r、 .,、__>ヽ___  ._,-'^'-、  `三三` _ヽ`i_   7^>、――、
               「tュ.tュ」レi.tュ.弓 ,ニ、`l.tュ.r;ァ,ノ,ェニ-=ニ=-ニーァヽ'三'_〉 i.tュ iュ] /ィ.l  二二ニ
               弓.巨 .|.呂巨 `71.i i、tァ./  r三三.三三ュ | ono.| ,コ.ムヽ ´.|.| `ァ./ r、
               ,ェ'rヘ_)  Lロ,ヒ 「_,ル'ん'ヽ_) r-(ヽ┘(/―┐l,l^l,l''l,l (_,,,..-、_)  l,l ヽ二二、)
 i¬ー-、,,,_          rー--、    .r---、,,,,     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          ,,,,,,,__
  .l     .`ー-、_      .|   |    .|     `゙`''ー、  .,,r''"´ ゙̄'、   .┌'''''''''''''"   ゙'''''''''''''7  ,i''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''7
  `¬ー-、,,,   l   ,,,,,,、  |   'i,,,,,,_,,,└-,,,,_    | /  ,.、  r、 !   ,i'           ,,_,i' /            /
    _ `''ー-┘  |   ̄       l, .,,,....,,__`゙`¬、| | ./ .| .| .i .|  `ー-ヽ   r-ュ  /   ー――-ォ   ,.―――'
    i.  `゙゙゙''ー-、,  'i          | |   `''''ー ,,, l  | |  | .|  | ,i' ̄ ̄`   `"    ̄~~,i     ./  /
    .i、__     `i  `''''''''''''┐  i,'''''''' .l、_      || .| / / ,i'  i i   ._    _    ,i / ̄ ̄~'   ~ ̄ ̄`ア
      `゙゙゙゙`''-、,__l       |   .l     `゙゙゙'''¬-、,_| 'i ` ,,レ' . / .i'__  l,,,,,,ユ   .l,,,,,,ユ  __l /           /
    ┌ーx、,_          l    .|   r'¬y、,,,__    ヽ_ノ |_ ,y'   ,i           l'  .`――;   ,.-――''
      'i   `゙`'''ー-、,,_  ,ノ   .|  .|      `゙゙____ `    ,l  ,rーy  .,r-j  ,i      /  /
      l、,,,,_      `'i ヽ   ,i   ゙l、,,,_  /@ @ @ @ヽ   ,l  ,l  ,l  └┘ .,i ,.――ー'   ー――‐;ァ
         `゙゙゙'''ー-=、__」 `;、_r'        ゙゙/@/ ̄ ̄ ̄`ヽ@ヽ,l  ,l  l   l1   .l' /            /
                            / /         |  | `一''  ト--イ `ー―'イ――――――‐―‐'
                            | /  ⌒  ⌒   | @| /ヽ
                            || ≦゚≧ ≦゚≧  | | /   ヽ
                            /         |@| ヽ/〉 ノヽ
                           /          | | //ヽノ /
                           {           / /|//   `  ウチに喧嘩売るちゅうことは
                           ヽ、       ノ / //      叡山にてぇ出すのと同じことだっせ?
                            ヽ``ー――‐''"ノx//x|
                              ̄/○\ ̄x //x| |
                             | 〈__/y/ヽ__〉x//ヽ,|x|
                            .|x x // x x(⌒  /x |
                            .|=====//'ー'==|

464 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 00:10:29.17 ID:OqiynU2o


             ,イ    │
          //      |:!
           //,. -/r‐- 、| !
         /,/ ./ |  _」 ト、
       /.\`/  |二...-┘ ヽ
.        i   ,.>、;/ー- 、    l
       ! ∠.._;'____\   |
   ∩  ,!イi´●`> <´●`> `\.、ヽ.
   | |/'´ |  ̄、_,、_,  ̄  U |\ ヽ、  いや、あの、税金……。
.   | |\ |    !.ノ        | `''-;ゝ
    \ \|              |. ‐''´
     \|               |
      |     国司       | |
       |               | |
      .|               | |


    .i^ヽ  _,, ..,,           _ -ー¬、;:r-、
     l  `'´   ヽ       「´  _,ミ┐ i
 r‐'''"´    i'''´ ̄厂゙~゙~,フ  ヽ  く  /  |
 ゙l   _,r''~l .l   l、_,,r二..,,__ └'ー┘,/   /        ,,..- 、ドウ ,-、
  `'ー''  」  | 「`',,..二..,,,__  `コ  ノ   ,「        l   レ'^''i l l
      `''V  二,、    `''"   `''"´  .r'^l、   ,,,.. ,ニソ´ / | .|
             ,ノ  `'ー、キン ____,、,__ユウ.|  ゝ  .i  `ハ   / |  |
       _,,,r'´ /'ヽ、 `/@ @ @ @ヽ|、_,,} i_`| `^'-'ノ  .L .|  |
     ,-‐''    `-一' /@/ ̄ ̄ ̄`ヽ@ヽ`   `i 「`y'  ィユ `'  .|
     `ヽ、,,_, -''ニヨ   / /         |  |l] ロ  !│ _,、  =    l
         [_r、  ム| /  ⌒  ⌒   | @| /ヽ .イ │ .|└、, `   |
         ,-ヾ   || (●) (●)   | | /   ヽヽ !l `ー-┘  ,ノ
         ヽ,_,. --、/         |@| ヽ/〉 ノヽ ヽ,_,,..,,_,,. -'
             /          | | //ヽノ /
             {           / /|//   `
             ヽ、       ノ / //
              ヽ``ー――‐''"ノx//x|  税金? しりまへんな。
                ̄/○\ ̄x //x| |  こっちゃ叡山がついとりますねんで?
               | 〈__/y/ヽ__〉x//ヽ,|x|  文句があったらそっち言ってもらいまひょか?
              .|x x // x x(⌒  /x |
              .|=====//'ー'==|

村に必ずお寺があったりするのはその名残もあるとか。


469 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 00:13:06.72 ID:OqiynU2o


まあこんな状況だから、

       ___
     /  ∧
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   /    /            \
   /     |::.            ヽ
  /     |::::             |  叡山には話しつけたよ?
  /     l::::. -=・=-   -=・=-  |   で、何だっけ? 詳しくお話しようか?
/ 、    \   \___/    |
   \     \:::..  \/    ノ⌒ヽ、
     \     \      /    / iヽ
      \     \   /     / /  \
        \     \/    //
         \    /    //

                 ____
               /@ @ @ @ヽ
               /@/ ̄ ̄ ̄`ヽ@ヽ
              / /         |  |
              | /  /  \   | @| /ヽ  おっさん手ごわいな~。
              || (●) (●)   | | /   ヽ
              /         |@| ヽ/〉 ノヽ
             /          | | //ヽノ /
            {           / /|//   `
             ヽ、       ノ / //
             ヽ``ー――‐''"ノx//x|
                ̄/○\ ̄x //x| |
              | 〈__/y/ヽ__〉x//ヽ,|x|

473 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 00:15:28.18 ID:OqiynU2o


       ト-,J i     ,、  l,z,-‐"´ ヽ、   フ/     '"´ |
     l`ヽl、,ヽ、 l   l ,/   /^ーz-ヽ  /,//z_,.- /  |!
     l   ヾ、 >   ノl l   ノ, '"二   ミ、         lノj
     l!   ゝ'" /、 l l /,-'/´。  f'  ヽ、 ,-‐ 、     l
      l!、 / ,ィ'ニ,_ , 《l l' イ _ -''"    l, lヽ_ ヽ    /
    ヽ ̄y /イ,-'フ-<, ヽl‐- '"        ∨ 〉 ゝ》   Z_    知るか! ぶっ飛ばされたくなかったら
     ヾ/ /_ヽ ィ ゚ ノ              ,_ノ/   ∠ヽ、    出すもん出しやがれ!
      /'ヾ、 ̄ル/1ヽ  ,-‐- 、        l─<   て::::::::
         了'´  / k<,.-‐''":::::へ       l   ヽ  >:::::::::
         `ー-〈  ヽ-'::::::::::::,、::,ヘ      l    `/:::::::::::::
           ,-‐'ヽ  ヽ::::::::,;'   ヘ    /  l  /:::::::::::::::::
        ,.‐''" , -' ヽ  l _,z==ミシ  /     ∨:::::::::::::::::::
 ヽ、_,.-‐'"  /    ∧、'´,-‐-、  /      /::::::::::::::::::::::
  ヽ、     / _,-‐''"`/::::::ヽ    ∠,_      /:::::::::::::::::::::::::
     ~`'"ソ'"´ : : : : /:::::::::::::`ー‐'"::/ヽ`、 _..,-'/::::::::::::::::::::::::::::
      /: : : : : : : : /:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::ゝ/;;;;;;/::::::::::::::::::::::::::::::

                 ____
               /@ @ @ @ヽ
               /@/ ̄ ̄ ̄`ヽ@ヽ
              / /     U   |  |
              | /  /  \   | @| /ヽ  無茶苦茶や! 法も何もあったもんやない!!
              || (○) (○)   | | /   ヽ
              /         |@| ヽ/〉 ノヽ
             /          | | //ヽノ /
            {           / /|//   `
             ヽ、       ノ / //
             ヽ``ー――‐''"ノx//x|
                ̄/○\ ̄x //x| |
              | 〈__/y/ヽ__〉x//ヽ,|x|

徴税能力のある武士が、歴史の表舞台に立つのも無理はないのである。


479 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 00:19:19.70 ID:OqiynU2o


           ,-=;,    +
          {__7!       +      +
          〔_ラレ     +  ,、_,-‐y;   +
           `y"l       rヲレへシ'"/\__/ヽ
           iト-ヘ、      (_;フイ./''''''   '''''::::::\ r;_/iレソ
            l  'ヽ      ル ||(●),   、(●)、.:| し ン′
              ヽ   ヽ     レ' ||!   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| 人_フ
             V  ヽ,    |   |.|   `-=ニ=- ' .:::::::|/ /
              ヽ   ヽ,  ト = }{i\  `ニニ´  .::::/ /
               `i 、,  ヽ, }- ルハヽ、ニ__ ーーr'   シ´
                V   `;|   i∨  ̄~7  ン〈___/
                V丶  |   リ >,    ( _/ ,_

しかし寄進は後を立たず、寺社は大量の荘園を抱えることとなる。
そして貨幣経済に突入し、商業という概念が発達しだすと、全国に組織が存在し、
需要と供給がどこで発生しているかを見極める事の出来る寺社は、いわば商人の側面を持つようになる。


484 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 00:24:37.23 ID:OqiynU2o


更に、寺社は膨大な荘園と組織を抱え、慢性的な人員不足にあった、
それに加え、

      l   ^」       _,,.,_
    _,,..」   ヽ.,,_      _ ヾi ,ヘ
    lヽイ   //^>へ-<z‐ヘュ_|l/ _!、_
     ン'|7t_y、,>`''" l ゙i、 、 ̄ `ヽ<  `゙〉
    く !   |/ l /l ヽ, ゙l、ヘ ヽ  ゙i゙ヽ /
    `j    l/ /{( |  !|l j l |、 l、 ヽ } )\
     l     !/__゙ヽL.」 リ|/ j } l } l j   >
    |    |l    ̄`   ‐'''メ、l リノ`iヽ z'"
    l    |{`'"゙゙゙''    ィ5t、  ヘ }  l/
     !   j ヾ='"   ,  マン ゝ/| l  !
    I   iヽ,  r-、,_     / ノ  ! l
    l    l fヘ l   `7   /'"rl  l l   全ての人に救済を!
   j    }、 ヾt、 ヽ-‐'゙  ,、+'" /ノ|  /   
   /    l へヽ`''‐-r'''"、   {  j  /
  /    j\|l]r、_ {ノヽl \ | / /
  {     /  |lヽl」、‐-{、     ヽメ/
  !      |レ┴''ヘ  ニ=-ュ、_

という根本的な行動理念が存在した為、



              /\___/ヽ
           /''''''   '''''':::::::\      叡山は誰でも大歓迎。
            . |(●),   、(●)、.:| +    修行でも用心棒でもドカタでも、
          |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|      どうぞお気になさらず
.       .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +     ご自由にお暮らしください。
          \  `ニニ´  .:::::/     +
      _,,... -‐| l ト、`¨二¨´ ,.イ.l lー- ...._
   ,ィ''"´:::::::::::::::| l.l ::::ヽ、__, .::´ :l.l |:::::::::::::::::`¨lヽ               r'つ
.  /:::|:::::::::::::::::::::::W \ ::::::::::: /lル:::::::::::::::::::::::|:::ヽ               / ∟、-‐''つ
  /:::::: |::::::::::::::::::::::::l.  \ /  .l::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ         ,.<   )ヽヾニニ⊃
. /:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  /\  .l::::::::::::::::::::::::|::::::::::ヽ      /\\   i lニ二⊇
/:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l/\_/\.!::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ    /::::::::::::\.ゝ-─'ー-- '

どの世界にも、生まれた組織に居られなくなったもの、居られないものは一定率で存在する。
そうした無縁の連中の引き入れ先となって行ったのである。


487 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 00:29:36.32 ID:OqiynU2o


  /|      /|       /|      /|
  l |      l |       l |      l |
  _L!_     _L!_      _L!_     _L!_
  || /二二ヽ  || /二二ヽ  || /二二ヽ || /二二ヽ
  ||/(*´∀`))'||/(*´∀`))')||/(*´∀`))'||/(*´∀`))')
  Oゝ、__乂__> Oゝ、__乂__> Oゝ、__乂__> Oゝ、__乂__>
  || |::::::::::::::| || |::::::::::::::| || |::::::::::::::| || |::::::::::::::|
  8 (二∧二) 8 (二∧二) 8 (二∧二) 8 (二∧二)

そうして寺社勢力の暴力組織、僧兵集団が発生する。
彼らは寺社勢力の荘園防御、寺社勢力の尖兵として大いに活躍する事となる。


 \i、"ゞ/( _ 人 ,;从ノ" i、;;::.\
)ヾ ノ  从 ,,:;:''  ,; ;, ,;., ’.∠
    \          /./_   
  | \   | ̄ 園城寺  ̄| _ ..:| : :. ̄ 
:. ,: |::: : |  |::::| ̄ ̄| ̄ ̄ '´   ヽ: ::::::::|
,)ノ',|::: : |  | ,;' ,;ノ!、从 ゙! ∧_∧.::::::::|
ノ;ノヾ;, ., ( _ 人 ,从ノ" i、 i ( ;ω(;:) ::::::| (:
(. ,.( ,;  /         / つ つ :::::::|.:从, ボーボー
人:. ヾ,、 (.         (_つ ノ    ,;;'人,,ノ
 (;. (:,  ,)::.           し´ ;,、 ,;ノノ .:;.(
、 ヽ;,:.;):.从;.,パチパチ       . ,、 ,.:;(゙:  ,.:.人
从ヾ;. '',人ヾ,´         ,ノ (,.ノ,、ヾ , .,;ノ
;;''')ヽ);;;;;;;,,,,,,)ソ''⌒;;)⌒;ソ.( ,;. ,:ノヾ; . ,;) ,、, 从 メラメラ

その荘園や勢力争いの為、
園城寺を何十回も焼いたのは比叡山であったりする。


492 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 00:34:50.77 ID:OqiynU2o


その一方で、勿論寺社組織は優れた高等教育機関であった。
また、大量の書物を抱え、多くの大陸渡りの技術を保有する技術者集団でもあった。

━━━━━━━━━━━━━━

        
  ,__                    _
  iii■∧   /                , ^   `ヽ
━ (,#゚Д゚) / ━━━━━ ∧∧━━  イ fノノリ)ハ 
   |   つ ∇      (゚Д゚;)     リ(l|゚ -゚ノl
   |  |┌─┐   /⊂   ヽ    /⊂  ヽ
 ~|  ||□|  √ ̄ (___ノ~ √ ̄ (___ノ~
   ∪∪ |   |  ||   ━┳┛  ||   ━┳┛

495 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 00:39:51.02 ID:OqiynU2o


.、Nヾミ                i     
 ヾミミ、       _,.ィイ八、     !     
  ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_    
     {F|!  ̄ ゙iニ{'´   ゙̄!r'-r,^、i     
      l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/    
      `!  ̄ヽ '   ̄~´u ,'.,ィ'    
       i.u  ___     ,' |    
        ヽ、 ´ -- ``   ./  ト、   
       ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_
    _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、 

ばっさり言ってしまうと、当時の寺社は


    ,ィィr--  ..__、j
   ル! {       `ヽ,       ∧
  N { l `    ,、   i _|\/ ∨ ∨
  ゝヽ   _,,ィjjハ、   | \
  `ニr‐tミ-rr‐tュ<≧rヘ   > 
     {___,リ ヽ二´ノ  }ソ ∠ 
    '、 `,-_-ュ  u /|   ∠
      ヽ`┴ ' //l\  |/\∧  /
--─‐ァ'| `ニ--‐'´ /  |`ー ..__   `´
    く__レ1;';';';>、  / __ |  ,=、 ___
   「 ∧ 7;';';'| ヽ/ _,|‐、|」 |L..! {L..l ))
   |  |::.V;';';';'| /.:.|トl`´.! l _,,,l | _,,|  , -,
    ! |:.:.:l;;';';';'|/.:.:.:||=|=; | |   | | .l / 〃 ))

大学+商社+土建屋+銀行+金融業+流通業+大農場+私設軍隊+……

一つの国なんじゃねこれといった宗教組織だったんだよ!


503 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 00:44:41.93 ID:OqiynU2o


   <ヽ,  「:l       /7   「l   /'.7
    丶`:-': '-..,「:|    |:l   _/"ー-´/ ナラッ!!
       ̄ ̄ヾ/  ̄ ̄ヾご/´ ̄ ̄
         /        丶
         レ⌒ o ⌒ヽ,   }  
         〉 (ё, (ё ' (G)i  ただでもね、だからといって彼らが絶対に主流にはなれなかった。
        {   し     ノj,'  
         ',   'こ'     J
         ゝ .,,_____,. イヽ、
         ,< `-ー/彡/ヽ
     _/  ノ(_ //_,,.〉  ノ
     と__ゝ-''´ {//l|l _/ヽ/


   <ヽ,  「:l       /7   「l   /'.7
    丶`:-': '-..,「:|    |:l   _/"ー-´/ ナラッ!!
       ̄ ̄ヾ/  ̄ ̄ヾご/´ ̄ ̄
         /        丶
         レ⌒ o ⌒ヽ,   }  
         〉 (ё, (ー ' (G)i  なんでかって?
        {   し     ノj,'   簡単だよ。
         ',   'こ'     J   宗教に高等教育者、そして利権を足してごらん?
         ゝ .,,_____,. イヽ、
         ,< `-ー/彡/ヽ
     _/  ノ(_ //_,,.〉  ノ
     と__ゝ-''´ {//l|l _/ヽ/

504 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 00:47:37.29 ID:OqiynU2o


    A:内ゲバ

     /\___/ヽ              /\___/ヽ             /\___/ヽ
    /ノヽ       ヽ、         /ノヽ       ヽ、         /ノヽ       ヽ、
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ         / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ         / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ
    | ン(○),ン <、(○)<::|  |`ヽ、    | ン(○),ン <、(○)<::|  |`ヽ、    | ン(○),ン <、(○)<::|  |`ヽ、
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i .   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄
  /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ/   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ/   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ
 /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ/    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ

結局彼らは内部に大量の派閥を抱える事となる。
その為トップは、朝廷の権威付けが必須となり、その為に強訴を繰り返すこととなる。
朝廷無しでは纏まれないのに、朝廷に対し無理強いを行うという、ある種の矛盾が発生する事となる。


509 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 00:52:08.38 ID:OqiynU2o


――そして平安末期、寺社と国家の間に、決定的な亀裂を発生させる時期が到来する。

――院政期。

           ,ィ' . . . . . . . ./ . . |::: . ...:.:i:.;:.:...... . . |. . ...:ヘ.......:.:.:.:ヘ
            /:.:.;/:.:.:::/.:.:.:/.:.:.:.:.;|::::.:.:.:.:.:|::i:.:.:.:.:.:.....|:: . . . ヘ . . . . .ハ
         /:.:.:;ィ'.:.:.:::/.:.:.:.:|:.:.:.:./ |::i:::.:.:.:.:|.:|ヘ:.:.:.:.:.:.:|:::.:.: . . ヘ. . . . . }
          j/ /:.:.:::/:.:.:.:.:.ト、:/  |::|、:.:.:.:.|:.| ヽ;/:.:|::::.:.:.:i::::.∧.:.:.:..|
            |:.:.:::::|:.:.:.:.:.;|:.:/\. |::|∨:.:.:|:;l ,/ ∨::j;::::.:.:..|:::.:.:.:ヘ:::.:|
              |:.:.:::::|:.:.:.:.:/|/___`|::| ∨::.:|'`____∨ |::::.:.:.:ト、:::.:.:∧:|
          |:.:.:::::|:.:.:.:;ハマテ〒行|j  ∨:| 〒:テチヤ7i:::.:.:.:.|::`ヽ:::.:ヘ、
             |:.:.::::;|:.:/::ハ ik'。ィ::|´  ヽ:| |k'oィ::j.,' |::.:.:.:リ:::.:.:.:.i\::l
           ヽ:.::|∨::::::λ`--'┘    ` └'--".j|::.:.;/:::::.:.:.:.|:.::| `
            ヽ| |:.:::::::j      '         /:|;ィ' ):::::::.:.:.|:.:|
              |:.:.:.:::ヽ、     ー'ー'    ノ::::./'":::::::::.:.:.:|:リ
                 |:.:.:.::::i:::`>‐-ァ-, -‐<´:/::.:.;/-γ'´ ,,フ:::|'
               |.:.:.:.::|‐i´{i ,ィ:ノ____,/ /::;ィ´,.f´{  ´ -‐'⌒ヽ.
                ,r|.:.::i::| {| :|| /   /  /.:.:{ {:{ | j (´ ̄`,}ーr‐'
             < |:.:.:|:リ || :V  /=="j:.:.:/ {:{ | {(_ ̄゛ |:: |
             ノ" ヽ、:{\ヾ、|/ _,.-‐ァ'|::.:{  Vハ (  ̄__,ノ:: j
            /     ` {"ヽ、 ,ィ'´  / |/リ ヽ. i λ:: ̄:::::: ,人
          /      〈  ハ,/  _,ノ     :::::V   `=ニニィ"::∧
            〈    ~`ヾ::::..ノ,>   <´      :::::`ーr---‐'´:::::.:.:∧

帝が仏教界を纏める“法皇”となった時代。
白河、鳥羽、後白河三法皇の三代が土地を大盤振る舞いする。
俗に“三代起請の地”と言われる広大な荘園を寺社が持つことになる。


512 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 00:58:27.44 ID:OqiynU2o


             ,イ    │
          //      |:!
           //,. -/r‐- 、| !
         /,/ ./ |  _」 ト、
       /.\`/  |二...-┘┛┗
.        i   ,.>、;/ー- 、  ┓┏
       ! ∠.._;'____\   |
   ∩  ,!イi´●`>::<´●`>::`\.、ヽ.
   | |/'´ |  ̄、_,、_,  ̄    |\ ヽ、  一国の半分以上が寺社領ってどういうことじゃゴルァ!
.   | |\ |    !.ノ        | `''-;ゝ
    \ \|              |. ‐''´
     \|               |
      |              | |
       |               | |
      .|               | |

寺社を奉ずるものと、あくまで寺社と距離を置きたい者との対立が、
深刻化の一途を辿る事となった。
聖と俗は切り離されて然るべきであるという考え方は別に珍しいものではない。


515 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 01:04:00.34 ID:OqiynU2o


 そうして寺社でのお稚児さん遊びはますます加速する事になる。
戒律も何もあったもんじゃない。

                                            ,,ィ===== 、
                  ____                , ==ミゝメ== ,,__     ヽ
             ,. ‐''"´        ` ー- 、        / ,/ r '´ `´´  ̄ 丶㍉、
           /                \   \       / // 〃 ,  ヽ  ヽ ヾ `ヾ、
          ,イ            \   \::: : \   / / /' 〃 イ   ト', ', ヽ\\ ヾ
         /   /     !   :|  :|ヽ\   \:::::. ヽ  !  i 〃,イii ハ   i ', ', ! ',ヽヽ  ',
        ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ ! λ i/⊥山-イ  人i i'リ i ',',ヽヽ "
        i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ,  カ  ',rtテ=ミi〃 /ソ_メ、i  i !i !! ',
        |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、ヽi'   パ:::。i 〃リ イ゚::i`〉  リ :レi i リ  〉::::::::::::::::::::::ヽ       _
        | .::i:./  .:::,イ ::_/:::/   リ !斗f‐-、::::::::::ハ::::| !ハヽ ヽ'',,´   、 `''゚〃 /i i/ソ リ 、'::::::::::::::::::::::::::::::>、_  ,..-::'::::::::ヽ
        |/:|/  :/,ィ"´/:``   /  |/'_」」. i:`: :::::::|::::| |   ヽ ヽ   - '''〃 // /ノノ    >---、_::::,'-〈;;;;r::' ̄ ̄::::::::::::::ヽ
       ,ィ|  / ::::::/i,.>''"アiヽ      /´::::}`.|:::::::::::::l::::| |i ハ、_ヾヾゝ ィ</ /〃イi !    /  , r::´:/   |ヽ、:::::::::::::::::::::/
      / | ,'::::/{ rT{::::::::::r !     {:::::rリ ∥:: :::::/ト、ハ| !_〔   ̄Y´´ト、'´_ i i i ハ', ./  /::::::/     i':::::iヽ:::::::::::::::::lヽ,
      {  | {::/::::::ヽ|:|乂、_,ノリ      ヾ之' ,'|::::::::,'. | 乂 ´  >='´†ヾ=< `rt-ヘハ',/    ̄.l/      |::::::::',ヾー- ::_/  ',
      ヽ | |,' |::::|::::|`ト! ''' "´     、 ,,,,, ハ|::::.::i  !  `''ー‐ '´ `大'  ' ,`>//i! ;, ヽ./      l //     ヽ;r:、l .',::::',    i
       i   |::::|::::l::::|ト、""゛          /:::|:::::::|  ヽi! ヾ r '〉´ /; i ヽ  〈ヽ/ i!  // l  l.  、|,イ/|  | l      .l::::::l.    |
       ハ::  l: ::|::::|::::iハ \     ` ´  .イ:|!:::ハ:::::|    i!/  l  イ ∧; ヽ、ヽ ヾ j/l .l|  l  /\_ l  ト ',  l   ヽ:::|    l
      ∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ  .レ   ヌk__/O',_ スゝ ハ   l l l  l.l/l´lヽ ',lヾー-',.._l_    |ノ    l
      /::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\ {      |||z.|||      } l' |  l.ヾ、l lCi  ヽ|. ┬.、ヾl   トl_l|   k'
.      />< \   ヘ. i:.:.i   ,'!ハ| `<ュ」::|::::::::.:.∧   `ー、     |||O|||     /   ヽ l| l |Фノ    l:::rtヽl  ./l´ l   ヽ ',
.     ,イ-― 、` 、\  ヽ|,イ   /_||__〉   ハ`ヽ :::::.:.:.∧, イ ` ー― ´  ̄ ` ー イト二ニ二,イ`トl i  、    ノ::::ソ l ノ'´  /   ヽ.',
    / :: :: :: :: \ \`'''" `''ー-イ>=<ヽ  | !:: ヘ:::::.:.:.∧i iヘ             ハ ゝ  i ヽ ヽヽ     `ーC ´ _/ .|l | \ヽ
   ,i :: :: :: :: :: :: :\ \  く/,' ハ ト、\ ` | |:: :: }:::::::.:.:.ヘ!i ヘ            / ! ',.    !', ヽ ヽ ヽ 、_  .,rー--┼---ト、 |、 lヽl、lヾ
.   /:| / ̄\:: :: :/:ヽ ヽ   // ,':: ヘヽ ) | |:: :/!:::::∧::.:.ヘ ハ           ,' !i {ニ=彡 ', ヽヽヽ ー‐/     \:.:.:.:.::':.::ヾ┐

                           ※当時のお稚児さんのイメージ


528 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 01:07:44.73 ID:OqiynU2o





   ――当然、その有様に絶望し、改革を望むものが表れるのは、時間の問題であった。





532 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 01:13:01.62 ID:OqiynU2o


             ,ri ,r'ム----┐
          lV´: レ'; ; ; ; ; ; ; ;'--z___
        _,,,,,,,_!`: : ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; >   戒律なんて誰も守っちゃいない。
      <_,;,; : : : : : : ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; `,、   じゃあ戒律に何の意味があるんだ?
      _,r'; ; : : : ; ; : : : : ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;`、  寺で稚児抱いて良い飯食ってる人が救われて、
    ´7: : : : : : : ; : : : : ; ; ; ; `ヾ、,;,_; ; ; ; ;/ ̄ヽ、 生きるために殺生をしなくちゃならない人が救われない?
   ∠´,;r': : : : : ; : : ; ; : : ; ; ; ヾ;ヾ、! `ヾ、ヽヽ,ノヽト、                 ___,,,,,,,,___
    /´: : : : : : : : ; : ; : : : ; ;、ヾ__ヽ    `   ,ノ !_ゝ、      _  _____,rー-‐'''´;r';,;,;,;,;,;,;,;;ヽ、
    レi: : ; : ; ; ; : : ; : : : : `ヾ--` / ,r''''ヽ      <   `ー-.,r‐ ''l;,;,;,;,;,;,;/;,;,;,;,;,;,r'´;,;,;,:.:.:.:.:.;,;,;,;,;,;`,、
     !: : : : ; : : : : :、: :ヾ、'''ー` / /i´ ̄`!       !      !;,;,;!;,;.:.:.:.:!;,;,;.:.:./;,:.:,;.:.:.:.:.:.;,;.:,;,;,;,;,;,;,;,:.`、
    ,!_;!: : : : : : : : : ヾヾ、!   ,!| l ` フ′      !      l,;,:.!;,:.:.:.:.l;,;.:.:./;.:.:.:,;i:.:.:.:.:.:.:,;,;.:.;,;,;,_,;r‐'''ヽ
        レ!: : : : 、: : :ヾ、!    レ    ´       !   ヽ   !;.:!;.:.:.:.:.l;.:.:.:,;i.:.:.:,;,!:.;,:.:.:.;,;.:.;r''´:.:.:.;,;,;.:.:ヾ:.、
         Vi : 、: ヾー‐‐`    '             !     ヽヾ.l.:.:.:.:.:l:.:.:.;,;l:.:.:,;,l.:,;,:.:.;,;,r':.;.:.:.:.:.:,;,;,;.:.:.:.:.l:.:`、
         ヾ、`、_ヽ _,,,r‐,,r,,-.,_      _,     l      ヽヾ:.:.:.:.:.`、.;,;,;!:.:.;,l:,;,:.:,;/.:.;,:.:.:.;,;,;,;:.:.______l;,;,/:ト、
          `  `ー‐‐'ー ` -ノヽ    /ノ   ,/  ̄''''''ヽ ....::. ヾ:.:.:.:.:ヾ;,:`、:.:!;,;.;/:.:,;,:.:.:,;,r'´ ̄;,;,;.:.:.レ';,;/:.:.`、
                 `ヽ ___ ,,..-‐‐‐‐‐'7      ` :::::. ,/ヾ:.:.:.:.:.ヾ.`、!;/:.:.:,;,;,;r':.:.;,;,;,;,;,:.:.:.:./;,;,/;,r'´:.`、
                          /   :::::..   .::::...     `、:.:.:.:.:.`<,;,;,;,;,;,r':.:,;,;,;,;,;,;,;,___/:.`7;,;,;,;,;,;,;_/、
                          /   ー--...,,,,r‐ ..::::::...   `ヾ、;,;,;,`、;/,;,;_,;r‐''''''´;,;r'´ ̄:i-‐‐'''´  ヽ
                          !     :::::::::::.    :::::::::....    `ー、;,r'´:.:.:.;,;,;,r'´;,;,;,;,;,;,;,:.:!  ;     `、
                          l     .:::::::::..     ::::::::、:::::::::... <;,;.:.:.:.;,/;,;,;,;,;,;,_;,;,;,;,;_;!  ; '  ,   ヽ
                           !     `ーヽ:::.       :::::ヽ、::::::::l;,;,r'´:.:.:.;,;,;r'´:.:.:.;,;,;,:.:.l   ,   ' ,  `、
                            !    .:::::  ヽ::..       :::::::: ̄:: l;,:.:.:.:.:/;,;,;,--;,;,;,;_;.:.:.!  ,     ,   ヽ

                              法然


535 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 01:15:43.89 ID:OqiynU2o


            ――それは嘘だ。


            ――人は救われたいと願えば救われるんだ。


            ――戒律なんていらない。


            ――必要ないんだ。


536 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 01:19:18.82 ID:OqiynU2o


            ,_,.ィ_,._
           _ソ:::::::::::::´<,
           イ;;:::::::::::::::::〉  救うんなら、全部救わなきゃ、嘘だ――。
            ,_'リヽ;;;::::;;;/
           /´ ̄ヾ:::フ'ヽ、
.          {     ,}::/  l::`‐.、                 _,..:-=ー'
            ヽ, ノ {'′/ ヽ::::::l,         ,.    ,r-‐;=' "´     ,..ィ
          } !   ,!  ,/  〉::::l,      ,..‐'´::`ー‐'´::::::て_  ,.. -‐''´::::::
          〈 ヽ,  | /   /::::::::ヽ、  ,..-''´;::-ー''::´:::::::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::::::::
          〉 ,.!ィ  l/ ,:へ::::::_;:::-:''´-ー'´::::::::::::__;;::::::::--:──:---:::::::;;____
         / ,/  ,;.ゝ'´::::``ニ´_;:::::-‐‐''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         /-/:''´ ̄'':´::::;;:: --‐、──t-、;:: -── '' ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`` ‐-
         /イ_;::::ィ‐''´ ̄l,     {::::::::::|
      ,/''::::::〉'´;;;;;;!;;;;;;;;:l    !::::::::::l
     ,<二ミ/;;;;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;:}  /:::::::::/
     i- 、:::::ソ ;;;;;;;ヘ:;;;;;;;;;;;;;:l,  ,ゝ、:;;:」
     └ター゙';;;;;;;;;;:l !;;;;;;;;;;;;;;:l, !_z'=〈
      l:;;;;;;;;;;;;;;;;:! |:;;;;;;;;;;;;;;;:l ゞー'´

法然。美作国久米(岡山県久米郡久米南町)出身。
9歳のとき父を失うが、その際の父の遺言によって出家。
比叡山延暦寺で修行し、1175年43歳の時に浄土宗を開宗する。
当時52歳。戒律を完全否定し、ただ念仏を唱えれば全てが救われる。
ある意味、最澄の理想を完成させた人物。


621 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/17(金) 00:28:52.19 ID:7V3SgKco


               、___  , -―  ̄ ̄ ー- 、
                    //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
                  / /.:.:.:.:.:.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              // /.:.:.:.:// / /ll.:.:.:.:.:.:.:.::.l.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:ヽ
              / / /.:.:.:.:/// // || !.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.::.:..:.:.:.:ヽ
              /  l /.:.:.:/-、  | |  || ヽ.:.:.:.:.:.| ,:.;/.:.:..:.:.:.:.:.:.:.l
            /  /l|.:.:.:/, -、 | l ⌒ヽ!、.:..:.:/ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:|
             /入.:.:.:|b:::|   l,!  彡、 |:|.:./:./:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::..|
             //.:.:.:_./,!__!      /::::\l:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::.:.:.:.:.:./
              //.:.:.::'y        〈::::::::::::ゞ:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:/.:.:/  
             l l.:.:.:.:| ヘ         `"// /ー、:.:.:.:.:./.:.:/
               | l.:.:.:.:|.:.:.:\\     / / /: ,ノ:.::.:.:../.:.:/   このままじゃ良くないです……。
           | l|.:.:.:.:!.:.:从\    // /:/_)'.:.:.:..:/.:/    でも、私駄目駄目だからまだ何が正しいのかわかんないです。
           |! リ リl,リ!     ̄フ/~ //:.:.:.:.:/.:.:/      もう一度宋に行って、今度は……。
              _|!_ノ 冫>へ   /ノ―ソノノソ///
            _,f--℃/ ̄ヽη/⌒`ヾ_   フ
      r '  ̄     _ ィー^ケフ      Y  〈
     l      ,,/........|  l/           ヽ

               栄西


622 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/17(金) 00:30:32.77 ID:7V3SgKco


             ,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\      天竺まで行きます!
          ,イ.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.,   最近の宋で禅宗の話を聞いたんです!
           /.:.:.:.,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:., ト.、.:.:ヽ.:.:.:.:.:.ハ   私、この宗派だと思いますっ……難しそうですけど。
        /.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:/|.:| lヘ.:.:lヽ、.:.:.:ハ  仏法再興の為に頑張ります!
        ,'.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:/ .|.:! |ハ.:l lヽ.:.:.:.!                      _
        !.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:./ !.:.:/z=.、 l '"¨`! ハ.:.:.:l.                     / `,
        |.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:|/!.:.:/ィ";/.__     z≠、.:|.:.,'                     ./   ,
        .!.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:l l/ ,ィ'ひ,`! `,.     ヒ j }.:.|/                     /   ./
        V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧.'  代  ソ     、 ̄ l.:.:.|                    ./  ./
         V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧    ̄      '   !.:.:.!                   /  ./
         V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧          、 ―1  .!.:.:|             ., - ― 、-'   /
          ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧       ヽ _ソ  /.:.:.|            /     ヽ ヽ/
          ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧、         ., '.:.:.|.:.!           / ト、 `,   ヽ  ヽ
             ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.∧` ー  _ ,,..イ.:.:l.:.:.|.:.l      __ ,,...,ィ  ,ソ   ,}`  /  ,'- 、
            ∨.:.:.:.:.:.:.:.:∧     l .` '¨¨へ.|.:.! _,,. - ''": : ./  /{   ゝ イ、 .,イ  ./!、_ ,}
            ヽ、ヽ,.:.:.:.:∧...,, _   l.\   ,,>''": : : : : : : : : i  l         `.-' _ /
               ̄,イ ー -`_,,,...≧,,」,,ノ>''": : : : : : : : : : : : : : l  !   _,,,...ィこー  ''"
              / ,イ´ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l  ∨¨  ノ

栄西備中国吉備津宮(岡山県岡山市)出身。
14歳で比叡山延暦寺で出家、しかし当時の戒律の乱れに絶望し山を降り、28歳で宋に渡る。
当時は帰国していたが、禅を学ぶ為に再渡航を計画していた。43歳。
後に禅宗の一派日本臨済宗を開く。

        _
       '´   ヽ
      i  ノノハ)i |  それにしてもお茶って美味しいですよね。
      ヽ (l゚ ヮ゚ノリ  本朝でももっと広まらないかな……。
       ( つ旦O
      と__)__)

抹茶の製法、たて方を日本に広めたのはこの人。


538 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 01:21:32.89 ID:OqiynU2o


     ――そしてその改革を望む多くのうちの一人が、




         /          `ヽ
      /       、  、   \
     /,.  ,. /    l.  | ヽ ヽ ヽ. ヽ
    / / i'/ /  ,|  |  ,!  |  ',. !  ',
  ∠-7 j |.|  | ./| ,1 ハ. ハ |   |l. l |
      | | |l.',. } ナTァ-| ./ l./'''Tナ{. ,リ  |1
     l!Mヽ.{<ィテtト !'   ' t5モト,.レ!' ,1 ,!
      1',l.| ゙ト 'ぅり  ,  2tタ /  /,!'
      `| l. 「ヽ    __    /! イ/    ――私。
       l.ト. |l. ヽ、     _,.ノイ/ |!
       ` ヽl ヘゝl` - ´lル ′
           /.ノ    ヾヽ、
       _.. - ´  L._,. -- .._...|   ` ‐ 、._
     ,f´l. |    「 _, - 、._j    / / ス
   / l. ', ',     「_,. -- ..」    / / / ',

539 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 01:25:20.37 ID:OqiynU2o


       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||   
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/ 
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//   私は仏教を、元のあるべき姿に帰したい。
        `ィヘ:ト、 _   c'   ノ:イ/    その為には平家のように寺社に遠慮するような集団は、邪魔。
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l


         ,r'ブ ;"//  ,/ ´ヽ,
       ,f"」∠='"⌒`''´ヾ, -ー气
         jf´            }   ーヘ
       ,!    j   _,、,, ゝ .ゞ二_ ヾ|
        .f 、 、ヽ;、n5ァ   \ 、ニj
      ヽ`テiァ` "ご     | f、く  寺社に気兼ねするような者ではいけないと言う事か。
        j ´.j          | |, |.|  そして、何の色もついていない義仲殿が最適と言うわけですな。
         { く;ッ        |. ト ,リ
       ヽ  _,、-       ,| ,レイ\_
        ヽ.        ,/.| ||::| ヾく`
        ヽ     _,/.: |.||::| 、,ゞ゙`
          ゙ーr―''"´ ..:: __」||:::| ドゝ
            _」-ェ=_=ニ´-‐''N:::| Yゝ
            ∥「 ノE   、._.ノイ ̄`゙''ー--
           j| 片_,シ  _  ,,ノ´

540 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 01:29:01.37 ID:OqiynU2o


         r、/,,,__,_//,,,,,,,,/,,   ゛ヽ
         l       // /  ゛ヽ  なんとも、国家百年の計とはこのことか。
         ヽ      〈//     !  目先の領地しか考えていない坂東の連中に聞かせてやりたい話ですな。
         〈r,,ィ-‐‐ー  \ 「⌒ヽ |_
         /゛.'-'-‐‐`   〉 |..♭)l | ゛ヽ、
        く_.  ヽ     ||.イ / \ ヽ
         ヽ        | | レ´|l /〉  〉
          ヽー     /|| ト、|l / |
           iヽ   / |L/|/λノ/|/
           ` ‐イ  /|/l  ,λ,/_/_,-‐'" ̄゛`‐
            ,/⊥/ _/  /  /
            | Y |/  //  |


 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´   坂東をあまり甘く見ない方が良い。
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /    油断するとすぐ付け入られる。
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '     鎌倉は目的の為なら手段を選ぶような優しさは持ってない。
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '      必要なら親兄弟でも殺す。
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、

541 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 01:30:21.58 ID:OqiynU2o


            _,. - ''  ̄ ̄ `ヽ、_
         _  '´             `ヽ
      , '´                    \
   _, イ´                      ヽ
  ´ ̄/   / ./                      ',
    / ′/.l  ′ .|      ヽ          |
   ./ .!  ,' l l    |  '.       ',     l    |
  .,' /l  | .! ハ    |.   ヽ      |     |     |
  l ′! ハ トl.ハ   ト、   ヽ.    !       l    !
  |′ l トヽ.l.イヽ'.,  ! _ヽ.__,,..lヽ.,,__|      .l    ,'
     ', ハ ハ l'::;! ヽ.',  \上_ ``!      ,'   /
     ヾ `l l ┘  `  ´|テ;;;;::ミ>.|     ハ ,イ /  もちろん……。
          |.ハ.  ′     r'_;;;/  l   / リ./ l/   私も目的の為に手段は選ばない。
         ', lヽ  .、        |  ./ '´/ ′   使えるものならなんでも使う……。
        Vl  \       _,..′ ./,.イ/
         ヾ    `ー zニ ´_/ /ソZヘ
            / ̄´    // ̄   ノー‐----、
           ノー--―r--  -'ア´        ト






     ――そう、何でも。




544 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 01:33:40.02 ID:OqiynU2o


   <ヽ,  「:l       /7   「l   /'.7
    丶`:-': '-..,「:|    |:l   _/"ー-´/ ナラッ!!
       ̄ ̄ヾ/  ̄ ̄ヾご/´ ̄ ̄
         /        丶
         レ⌒ o ⌒ヽ,   }  
         〉 (ё, (ё ' (G)i  ああそうそう、最後に言い忘れてたよ。
        {   し     ノj,'   日本にはね、寺社が強い土地ってあるけど、
         ',   'こ'     J   特に強い土地があるんだ。
         ゝ .,,_____,. イヽ、
         ,< `-ー/彡/ヽ
     _/  ノ(_ //_,,.〉  ノ
     と__ゝ-''´ {//l|l _/ヽ/


   <ヽ,  「:l       /7   「l   /'.7
    丶`:-': '-..,「:|    |:l   _/"ー-´/ ナラッ!!
       ̄ ̄ヾ/  ̄ ̄ヾご/´ ̄ ̄
         /        丶
         レ⌒ o ⌒ヽ,   }  
         〉 (ё, (ё ' (G)i  
        {   し     ノj,'   ――越後、加賀、越前、そして、近江。
         ',   'ー'     J   
         ゝ .,,_____,. イヽ、
         ,< `-ー/彡/ヽ
     _/  ノ(_ //_,,.〉  ノ
     と__ゝ-''´ {//l|l _/ヽ/

547 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 01:39:45.39 ID:OqiynU2o


         ――つまり、北陸ってことだね。

                                      _,,,,--‐゙゙l               /             _,,,-'"
                                   ,,ー'゙´   ,/             /         r'"゛
                                  |     ,./              /             ,!
                                  !    l゙^"              ,..―'"゛           ..l
                                  ゙l.   `、        ,..-‐¨                   !
                                   |  .,,,/     .,,-'"゙゙.l          , ---、    .,./゙゙ーゞ
                                   ! ./ . ヽ,,   /    ゙l .,,--、 ,, --′  .l   ,ノ
                                 ,./   !   `^^´     l´   `゛      l,,..-'"
                                ,r′  !           /         ,r'"
                               /     !             /            /
                             /     !   , -'''''-----(゛            ゝ 、_
                            ,イ         l.... -゛         /               |
                          /  \     l         |               /
                         /     .`'''''ー-./           !               !
                         l゙             |            ,ノ             ヽ
                         ヽ          l        ,/         ..-^'---- ミ__
                ,....-..、         _.ヽ       _.. ノ       .'!、、           /           ヽ
    ./ '''''――''ッ''"゛   !        / `'′_,ノ ゙̄'''"           ヽ           {             \
    .|.      ヽ..、  〈,,..ゞ゙l__,  -'"   ,ノ .!、               l,       ,,|           /
     .}      ,,..′     ..l.    / ゙'"    l               l         / |            ,.. ヾ
     ゙l     .く、      ゙^´""′       .l     ., 、           |     . /  l    .i- ........ く..、
    .__,ノ       .\            !  / ,/ .( _,_   /   `''、,  ._、  .__、   _/゛   ゙''、.  /     │
    /          `゙'''、      ..l | .../     " .`'./       ̄゛  ̄´ .`''"゙7゛       `'''゙ ._    |
   ./             /-,、     !,.,ミ゛    .〉   ., ゙‐'l゙            |         /   ,ノ    !

551 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 01:44:07.37 ID:OqiynU2o


        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
       /:.:.:.:./.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.、:.:.:.ヽ:.\
      /,:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.!:.:.:.l:.:.l:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
.    //:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:.l:.:.!:.:.、:ヽ:.ト. ',
.    /」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:./:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:.l:.:.! 1
   ノ'´|:.|:.:.:l:.:|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:}:.:.| !
      |:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ ´ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./
     1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚: ::|      {゚: ::ル',!:.:.ィ:/ ,リ
      ゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘   、 `ー' /:イ,シ /
.      ヽヽヽ:.l、     _ _    /:.:.!
        ` lハ:lヽ、       ,.-1:./   そう、寺社の協力を得て、
          ヽN |` ‐ 、__,. ィw  '/    平家さえ排除できれば――、
           ,r'^,!       「ヽ、'´
        _,.-'  |       ヽl ヽ、.._
    _,. r ´     |   _...._  |   l. `ヽ.._
   r{. l. |        |-‐ ´ _...._` -|   |   l. ト、
  / ヽヽヽ      |-‐ ´ ,.- 、`ー|   |   | l ヽ

553 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 01:45:01.38 ID:OqiynU2o






          ――ここ信濃から、京への障害は、存在しない。





554 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 01:46:48.10 ID:OqiynU2o



             ‐ '"´ ̄` ー 、
             _ ,. -‐ ´ ̄` ー- 、
         一 ' "´/: : : : : : : : : : : : : :.:.:\
            / /: : : : : :/: : !: i: : ヽ..:.:.:.ヽ
          ,. ' //: : : : :/ :/ : :/:./: :.!: : ;.:.:ヽ:.i
        -‐'´ /:.:/: : :/: /: /!: :/:,イ: :./: : :.}.:.:.:}:.:l
         /: :/!: :.l.|/|:.:/ |:./|/ |: /!: :.l.:.l.:.:从:.l
        ∠ ヘ: /:l人代ナ7'‐l/  'l7十ト|/.:/:/:!::ト、
      /    〈イ.l: :.lイtx=ミ    彳=‐ァri/:/:.∧| \
           /.!:.ト、lハ 廴 }    廴/ノ/r、:/   !
            /イ|/l:.ト:.トヽ     :.   ///イ/
            /!:!:〉;: ...、  ‐‐ //:.:/:/        ――そして木曽殿には、私がいる。
             / l/ ! l/トレ>  イ///
               __,. -‐'フ   /}\
             ,. ィ'TT    |--、 ,.--!  `  7ァ、     ――叡山に居た、私が。
         < /| |::|     |ニ二ニ!   // /
            `7 l \\   |     |   // ∧
          /:.:.:.:\ fァrr-、     |  // /:.:.:l

555 :1 ◆uZxOfxKewg [saga]:2009/04/14(火) 01:47:07.40 ID:OqiynU2o




  次回へ続く


.
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

カウンター