記事一覧

やる夫が天下布武を目指すようです 第十話 「金ヶ崎の撤退」

第十話 「金ヶ崎の撤退」
828 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:01:13 ID:98za3AI2


第十話 「金ヶ崎の撤退」


首尾よく上洛を果し、義昭を将軍職に就けたやる夫は、
滞りがちな本国の行政や伊勢方面の軍務の為に美濃に帰国していた。

~岐阜城~

       ____
     /⌒  ⌒\   ん~、岐阜はやっぱり落ち着くお。
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  京みたいな場所よりも田舎の方が落ち着くなんて、
  |             |
  \              /   やる夫も小市民なのかしら……
 織田信長(通称:やる夫)

829 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:02:29 ID:98za3AI2


(*゚ー゚)<やる夫様、やる夫様の帰国を聞き、森勝蔵殿がお見えになって居られるとのことですが……

         ___
       /     \   何!?
      /   \ , , /\  
    /    (●)  (●) \  勝蔵がかお?
     |       (__人__)   | 
      \      ` ⌒ ´  ,/  ……すぐにココへ通すお!



(u゚ー゚)<ははっ!(……何時になく真剣なお顔……勝蔵殿とはいったい……?)

830 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:03:24 ID:98za3AI2


      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (ー)(ー)/;;/  ……
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l   (……勝蔵ねぇ……)
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
 一雲斎針阿弥通称:やらない夫)

831 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:03:53 ID:98za3AI2

~数分後~

(*゚ー゚)<森勝蔵様、お見えになられました。


     |┃三                 ̄ ̄> .::.::.: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ::\.::.::.::.:\
     |┃             /⌒l   , ‐、/ .::.::.::.::.:: | .::.::.::.::.::.::.: | .::.: |.::.::.\.::.::.::.:ヽ
     |┃             {  |  ,/   |/.::.::.::/ .::.: |.::|::.::.::.::.::.:: j :.::.::|/.::.::.::.\.::.::.: ',   
     |┃             |  |/{   |.::.::.: ,'.::.::.::.:|.::l::.::.::.::.::.::ハ.::.:∧ .::.::.::.l.::ヽ :.::.l
     |┃        /^ヽ │  | ̄!  :l ::.l .::|:\:/ |.::l .::.::.::.::./  ∨.:ハ.::.::.:.|\|::.::.:|  上洛おめでとう~!
 ガラッ. |┃       {  `、 l   :l, |  :l.::.:!.::.| .::/\!∧ :.::.::./ __/∨ |.:::.::.:|.:| .::.::.::!
     |┃        `、  ヽヘ  :L_j  :{.::.ハ.::.l :,'   `ーヘ.::.:∧ 三三三 |.::|∨::.|.::.::.::.|   んでもってお帰り~♪
     |┃         \  ∨      ∨ ヘ.:l小. 三三 ∨       ・|.::l.::.::. |^ヽl :|
     |┃三        ゝ        ヽ Ⅵハ      '      :::::::| :l.::.::.::|_ノ:l :|
     |┃         〃 `Y⌒ ー─    |_ンーヘ::::::: `ーー ’   │l ::.::.:ハ.::.::V
     |┃         {{   \      ノ⌒ | l l |ヽ、 _         イ|:l.::.::.:,'.:.::.::.::|
     |┃  ヽ       `ーt一'´ ̄て`      | l l | ヘヽ> -‐ '´ん.::リ:l .:: /:l.::.::.::.:|
     |┃三          `ヽ、 __      | l l |   | l l\  ∧ ∨:l.::.:/::.:l.::.::.::.:|
     |┃三               `ヽ、__////    V|ヘ ヽ_}_ ∨.:/.::.::.l.::.::.::.:|
     |┃三                  人彡∠/    V|ヘ  ∨ |//ヽ :.::l.::.::.::.:|
     |┃三                 /.::.::ヽ、__/  V|lヘ  ヽ j /// }ー-、.::.::.:|
     |┃三                  森勝蔵(森可成の次男・後の森長可)

832 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:04:27 ID:98za3AI2

(u゚ー゚)<(や、やる夫様にタメ口!?この子、気は確かか!?)


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;) ……
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

834 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:04:51 ID:98za3AI2


         ___
   クワッ! /     \  
      /   \ , , /\ ……勝蔵!
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |
      \      |r┬-|  ,/
           `ー'´ 


(u゚ー゚)<(ああ……やっぱりお怒りに……)

835 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:05:20 ID:98za3AI2


 *o ゚ |+|   。*゚  +゚ } o  |*  o。!    |!
 o○+ | ∨    | {r|! *l:     + |!*l::j o ○。
・+     ,-i| o.+  ___  。*゚}‐ 、゚ + |
゚ |i   | {r|! *l:  /_ノ ' ヽ_\   ノヾ}  |
o。!    |! * .゚ /(≡)::::::(≡)\  レ ノ  ゚|
  。*゚  l ・ / /// (__人__) ///\o  ゚。・ ゚   よく来たお!!
 *o゚ |   |     |r┬-|      |   *|
。 | ・   o ゚ l\     ` ー'´    /*゚・+゚ ||    一人で来たのかお!?
 |o   |・゚ ,.‐- .ハ       イ | * ゚   |
* ゚  l| /    、` ニ ´ ノ  ノ   o.+ | ・    偉いお!勝蔵は偉いお!
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    |_|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_|
    >
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o


(u゚ー゚)<…………はっ?

836 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:05:54 ID:98za3AI2


               __
               /⌒ヽヽ
       ___   ,、__   |/
  ‐=ニ_ : : : : `Y: :`: : : : : : ` ヽ、
   , イ: : : : : : : :l: : : : l: : : : : : : : : \  もう……父さんもやる夫も大げさだなぁ。
 /;:/: : : : : : : |: l : : |、: l: : : : : : : : :ヽ
/// , : : : : :l_:_/|: l : : l l_:_|_: : : :ヽ: : : : l  あたしが泊まってるのだって岐阜の町だよ?
  / /: : : :/ 'l:./`|: l: : { ´l: |、`ヽ: : l: : : : !
 ,' /| : : /: :/|{  l/l: : | ヽl \: : :l : : : l  お城にぐらい一人で来れるよ。
 |/ |: : /: :ハr┯┯ l : |  ┯┯yl : |: :\l
.   |: :lイ ;'ハ b::|  ヾl  b::! l l: l`l:`メゝ
   ヽ| レ |: :l  ̄      ̄・ l l/ー': :l
       l.:|: :ゝ、._  ー'ー'  _,.ィ': : l:: : :|
       |.:|: : : :__二7T ¨´lヽ、| : :l: : : |
       |.:|: : :||    l´___7 |: : |、: :│

837 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:06:25 ID:98za3AI2

         ___
       / ⌒  ⌒\  そんな事ないお!
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\ 並の11歳には到底出来ない偉業だお!
     |    .   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/  もぉ……ご褒美に南蛮巻き焼き菓子でもあげちゃうお!
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ

838 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:07:04 ID:98za3AI2


             (⌒)
              (こ○こ)       ,-、
              (___)       てOう
                 _      ‘ー’   (⌒)
.        ,-、       //⌒   /     (こ○こ)
       てOう      〈.::.{  __, ベ.ー-<   ‘ーヘ_ノ
       ‘ー’      ,ゝ'´.::.::.::.::.::|.::.::.::.::`丶、
              / :.::.::.::.::.::.::.::j.::.::.::.:: く ̄     うわぁ~い!
          {ヽ   ,'.:/.::.::⌒/|.::.::ハ⌒.::.::.:ヽ ハ
          ∨\_ {/.::.::/:./ |::/ ヽ\.::.::|.::V }  甘~い巻き焼き菓子大好き!
.          / / ∨イ.::/≡≡l/  ≡= ハ.:.|ヽ「∨
            ヽ_{     |.:ハ:::::: 、_,、_, ::・{:.Ⅳ ∨  中の黒いのがたまんないんだよねぇ~。
             \.  |ヘ.::.:l、 _(_ ノ_ イ.::|  /
          /.::.\ ヽ::|   ∨{  / |.:/ .xく
          /:/.::./\ ヾ\ 「] /| ノ'/.::.::l
        /.::./.::./.::.::.: _}   |lヽV/ l|r'´.::.::l.::.|
          l_;斗-く :.::.::. 〈 j   >ω<.| :.::.:: l.::.|
         V`ーく¨ヽ.::j≧ヘ  /  ∧ }| :.::.:: l.::.|
          /.::.::.∧/∨l|  Ⅵ_/  レく :/l.:|l:ノ
.        |.::/l.::ヽ_,,斗‐'´/ 了丁 //  リ

839 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:07:44 ID:98za3AI2


            ,ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::/.:.:.:.::::::::;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           /::/.:.:.:.:.::.:.:.:::/:.:/|::.:.::::i:::/7:.:.:;/:.:..:.:.:.:.:.:.
         /,イ:.:.:..:.:.:.:.::/::.:;ィ'.::/ |:.:.::::i;/ |:.:.:|i.:.:..:.:.:.:.:.::   でも、家のお爺ちゃんはお祝いの時には、必ず朝からお汁粉なんだよ。
         '"/:.:.:.:.:./:..:/.:.::7::_/__,ノ|.:.:.::i:|  |:.:| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.
         |:.:.:.:.:.:/:.:/.:.:/ |:/    |:.:.::|' `ー|-|-|:.:.:.:.:.:.:.::   お爺ちゃんは好きだからイイだろうけど、普通は食べれないって。
           |:.:.::/|:./7|::ハ 三ニュ、  |:.:::{   ヽ| \.:.:.:.:.::
          j::/  |//:.:リ::j       ヽ:| ヾニ三. /:ヽ、::.:
          '"     |:.:.::::ノ    ゝ-、__,       ・/.:.:.:.::∨
                 |:.:.::∧    V.__丿       /.:.:.:.::/ }.:
               |:.:..:.:::::ヽ、          ,/.:.:.:.::./ノ.:.
                |:.:.:.:.:i:|   ` ー‐ァ-‐τニ´/:.:.:.::ノ:.:.::i:.:
               |:.:.:.:.i:|       j  ,ィ´/:.:.:,ィ´::.i:.:.:.|:.:


       ____
     /⌒  ⌒\  やる夫は朝からお汁粉もイケルお!
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ 甘いものなら、365日何時でもドンと来いだお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

840 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:08:10 ID:98za3AI2


                       ,r'ニ:二ュ、
                     (      》
             -‐=:=:=-.、__,..-‐:─::─'':─-..、_
               `> : : ...::.:.:.:i.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.、:.:.:`ヽ、
              /::,ィ: : : :/:/::;|:.:.:.:.i:|:.:ヽ、:.:.\:::.:.:.ヘ   だからやる夫はメタボなんだよ。
                 /:;//:.:;.::/:/:::/|:.i:.:.:|:|:.:.:.:.ヘ: : : \::.:.ハ
               '"´ /:.:.:j:.:j:.l::;/ |:|:.:::i:|`ヽ、:.ハ::.:.:.:、:\::}  でも、運動神経は抜群だし……不思議なメタボだよねぇ。
              j:.::/'|:.:|:.|:|⌒ |:|:.:.::リ ⌒ヽ:.:l::.:.:l:..:|:`::ゝ
               |:;/ .|:.:|::.リ___!'∨::|____∨:.:.:.ト、|:::/
                '´  |:;∧::}≡≡ ヽ|≡≡ |:`ヽ|:::.:〈、
                  ,ノ|'::::::::j        ’|:.:.::|)ヽ:::`ヽ、
.                ,r'⌒ ー:-‐:`-、_ー'ー' _ j:.:.:.| ,イ´`ヽ::〉
              {       { {{ {'´`ュ|| ;}´ ̄ ̄ ̄⌒~`}


       ____
     /_ノ   ヽ_\  やる夫のは筋肉の上に薄っすら纏った脂肪の鎧だお!
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ おお!神よ!あなたはこの肉体美で
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /  やる夫に何をさせようというのか!

841 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:08:35 ID:98za3AI2


キャッキャッ!     キャッキャッ!
      Ω  Ω


(u゚ー゚)<………………

842 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:09:02 ID:98za3AI2


      / ̄ ̄\ ( ;;;;(         
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (ー)(ー)/;;/  ……呆れるだろ?
    |u  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l   アレがやる夫のお気に入りの森家の勝蔵だ。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /    まだ11歳だが、粗略に扱うとマジで比喩じゃなく首が飛ぶから
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.  勝蔵を相手にする時は十分に気をつけろよ?
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ


(u゚ー゚)<は、はぁ……

843 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:09:28 ID:98za3AI2


        ____
      /  ノ  ヽ\ おらぁ、そこ!
     /  (○)}liil{(○)
   /     (__人__) ヽ 子供の前でタバコなんか吸ってんじゃねぇお!
   |       |!!il|l|   |
   \        lェェェl /  勝蔵が肺ガンにでもなったらどうすんだお!?


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  はいはい……スンマセンね。
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__) (……こりゃ処置なしだろ……)
  | u   ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

(u゚ー゚)<………………

この子供が後に「鬼武蔵」の異名をとり、敵・味方を問わずに
様々な人災を撒き散らす事になるのだが、それは数年後の話である。

844 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:10:06 ID:98za3AI2

1569年(永禄12年)1月5日、年が明けて間もなく事件が勃発する。

去年、やる夫たちに京を追い出され阿波まで逃れていた三好三人衆が
足利義昭の居る京都六条本圀寺を取り囲んだのであった。

          _ __
         /─二__─_
        //\二| / | |二 \
       / | <~ゝ 二二 ∠~> |     ぎゃわぁーーーーーー!!
     _// _T|  ┐ l_ |T_,  |_
  _─|  |  `U-  / ) U  | |-、   ま、ままならねぇーーーー!
 <_|  |  | 、   / ~   \  | | | >
   ─/_/ |  / ̄~\ __/~|  |_|-'
      |  |  | ,───-_ |  |
      |  | |/       | |  |
      |  | |     ___| /|  |
      |  | | _ ──     7   |
       |    |_/ ̄ ̄\_/   /
       |              /
       |              /
    ─/ ̄|_          _/\
       /|  ──────-/ λ
    足利義昭(室町幕府15代将軍)

845 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:10:32 ID:98za3AI2


本圀寺には僅かな幕府の兵の他に、やる夫の家臣の美濃衆が詰めるのみであった。


           /\____/ヽ
          / /      ヽ:::\    ……今、将軍様に死なれちゃ、
         . | (●),    、(●)、.:| +
         |    ,,ノ(、_, )ヽ、,,  .::::|        俺の知行の査定にも響くんでな……
       .   |    `-=ニ=- '  .:::::::| +
          \   `ニニ´  .:::::/     +
     明智光秀(義昭・やる夫の双方に仕える家臣)

846 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:11:00 ID:98za3AI2


          /\___/ヽ
         /⌒''ヽ,,,)ii(,,,r''''''\
        . |ン(○),ン <、(○)、.| + 
        |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|      ……つう訳で、死にたい奴からかかって来いやぁ!!
.         |   `-=ニ=- ' .:::::::| +             、   ノヾ     '
         \  `ニニ´  .:::::/               )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
        ,-ー'⌒ヽr^`≡≡(ニニニニニニニニ (ニニO `r      r'
       ( ⌒ー´`ーっ]_,,,l_(_mn、__(ニニニニ(@     )     ( パァーン!
        `ー'ニ二`ー'     ノ `ー'           , '´⌒`Y´⌒` 、
            ヽ 、    i
             `)゙;:;;;;;;''l
            ノ、ヾ),-ー、ヽ
          /  ,、イ`ヽ ノ
         γ'   ノ |   ノ
         |  l´   ゙、 ,. イ

しかし、明智光秀を含めた彼等の奮戦は凄まじく、
三好軍はさして堅固でもない本圀寺を破る事が出来ずにいたのである。

847 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:11:22 ID:98za3AI2


      _  ∩ 
    ( u゚∀゚)彡  い、急げっ!
    (  ⊂彡   
     |   |    義昭様を死なせてはならん!!
     し ⌒J 
 細川藤孝(幕府の直臣)

そうこうしている間に、畿内に新しく封じられた守護たち、三好義継、池田勝正・伊丹忠親の軍が
京都に到着。少し遅れて勝龍寺城の細川藤孝も京に入った。

翌6日に両勢は桂川の辺りで衝突。
三好方は散々に破られて逃げていったのであった。

848 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:11:49 ID:98za3AI2


だが、肝心のやる夫は6日に岐阜でこの報せを聞く。

            ____
          /      \                    。    。       。
         /  _ w _\_________  。      。      。
       /    _____| |  ヘ____ヘ_|____ ___       マジで!? 
   /⌒|     ((_____.| | Σ ________(○)__(○) バキッ!
  /   |. ι   (___人__)   | |  '' ,  '  '   , |            。
 |     l\       |   .|    | |           |   。
 ヽ     -一ー_~、⌒) |r┬-|   | |.             |     。    。    。
  ヽ ____,ノ   `ー'´                  。     。        。

それから大急ぎで京まで駆けつけたものの、
途中の大雪も相まって、京都着到着は10日になってしまったのである。

849 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:12:21 ID:98za3AI2


~京都~
         ___
        / .u   \    よ、義昭様は無事だったのかお!?
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)  今、こんな形で死なれたら洒落に成らんお!
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +  ご安心めされい!
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +   この光秀が、敵兵の指一本、
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.     義昭様に触れさせはしませんでしたぞ!!
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |

850 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:12:49 ID:98za3AI2


         ____
       /   u \  光秀たちと畿内の守護の連中には感謝しきれんお……
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \  ……これは後手に回ったやる夫の不首尾だったお。
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /


  /\___/\
/        ::\  ……左様ですな。
|  ─   ─   |
| (●), 、 (●)、 |  まず、本圀寺が将軍の居場としては、余りにも防備が貧弱でございます。
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
\   r‐=‐、  .:::/  
/`ー `ニニ´一''´ \

851 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:13:15 ID:98za3AI2


  /\___/\
/ /    ヽ ::: \ ……それに我が軍の京への常駐の兵士も足りませぬかと。
| (●), 、(●)、 |
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  細川殿も守護の連中も、三好勢の入京を防ぐ術すら持たぬていたらく。
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
\  `ニニ´  .:::/  ……今回は何とか最悪の事態だけは免れましたが、次回も……とは限りませんからな。
/`ー‐--‐‐―´´\


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\  まったくもって、光秀の言う通りだお。
/    (ー)  (ー) \
|  U    (__人__)    | まずは堅固な将軍御所を早急に作るお。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |   それと、情勢が落ち着くまでは
.\ “  /__|  |
  \ /___ /     勝家たちを京都に常駐させることにするお……

やる夫は将軍御所建設もある事から、5月まで京都に止まることにした。
そして、柴田勝家・森可成・坂井政尚・蜂屋頼隆・佐久間信盛の
織田家でも比較的多くの兵を擁する武断派5人を中心に京・畿内の行政に当たらせた。

852 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:13:47 ID:98za3AI2


    _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'        \
  /_,ノ  ,,       ヽ, 矢銭の件だけならまだしも、
  ( о) ミ ヽ、,,,_    ..i
  i.   ミミ( ○)    .| わざわざ三好に手を貸すとはいい度胸だお……
  \(_入_ノ      /
    ノ__,,/,____/   ……焼かれるか、服従か、好きな方を選ぶお?
    ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
    |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|

また、今回の三好一党の行動を堺が支援していた事を知ったやる夫は、
まず矢銭を拒否していた尼崎を3千の兵で攻め、町を焼き払った。
その上で、堺にもしも自分に再度敵対する事があるなら、町を焼き払い皆殺しにすると通告。
これにはさすがに堺の商人たちも恐れおののき、やる夫に謝罪、改めて矢銭2万貫を納めた。

          .i^i
           .| |
          |_|
       ./ ̄ ̄ ̄ ̄\
     ./            \
    /____i.^i____キ   お任せくだされ。
    ∧○__|_|__○∧
    | || `ニ゙≧, ) 、_,∠__.`|| |   堺の地、必ずや円滑に治めてみせましょう!
    | || `ー`''〃 ト ー`'イ || |
    | ||      |  、、  || |
   / ||ゝ、,,  イ, 、,!」  ヽノ ||ヘ
   / ||  |    '    |  || ヘ
  /  ||ヘ !,, -――‐- ,,! /|| ヘ
  〈__||;:;:ト、   ⌒   ,イ;:;:||__〉、
    《  <__``ー―一'´__>  》  γ^
   松井友閑(やる夫の側近)

そして、その後、堺を統括する代官には側近の松井有閑を任命したのであった。

853 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:14:08 ID:98za3AI2


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/0°米 ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{\    /リ| l │ i|  
         レ!小l●    ● 从 |、i|   行政野郎Sチームだにょろ!
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│ 
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    スモチを借りたい時は、何時でも言ってくれ!にょろ。
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
         丹羽長秀(やる夫の重臣)

そうして、情勢が落ち着いてきた4月頃に、
丹羽長秀・木下藤吉郎・明智光秀・中川重政の
より行政能力の高い4人に行政の中心チームを一新させたのであった。

854 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:14:32 ID:98za3AI2


~京~

3月13日、和田惟政の仲介でやる夫の元に珍しい客が訪ねてきた。

          ____
        /      \   フロイスという異国人の宣教師がやる夫と会いたがってる?
       / ─   ─   \
      /( ●)  ( ●)    \  それは、京での布教許可を求めての事かお?
      |  (__人__)       |
       \ ` ⌒´       /
        /  ー‐      ヽ
       /            `

855 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:14:56 ID:98za3AI2


  (*゚ー゚) <はっ、これはご挨拶代わりの進物とのことで……

         . -―- .
       /       ヽ
      //         ',    おお!これは異国の帽子かお!?
      | { _____  |
   (⌒ヽ7´        ``ヒニ¨ヽ  なかなか、お洒落だお!
   ヽ、二ニ ⌒ 二ニ ⌒ 二. -r‐''′
     / (●)  (●)   \   ……でも、物欲しさに会ったと思われるのも嫌だし、
     |_⌒(__人__)⌒    |  
    / へ\ |r┬-/     /   第一、やる夫がキリシタンになると誤解されたら堪らんから、今回は見送るお。
    / ヘ\>) `ー'´     ヽ  
   / \レ/J          |    贈り物も、せっかくだからこの帽子は貰っておくけど、それ以外は丁重に返しておくお。

856 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:15:23 ID:98za3AI2


しかし、4月13日にやる夫は、改めてフロイスに謁見許可を出したのであった。

  ______
 <ー\ヾiγ/rニミ
.  \ヾヽリ川//γ
.   /   _ノ   \   オオ~、コレハ、ヤル夫サマ~
   |   ( ◎)(◎)
.  |     (__人__)   オ目通リ叶イ恐悦シゴクニゴザイマ~ス
   | ∴∵ ` ⌒´ノ
.   |         }
.   ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \
   ルイスフロイス(キリスト教宣教師))


       ____
     /⌒  ⌒\  おお、お主がフロイスかお。
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  やる夫が信長だお。
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /  で、布教活動の許可が欲しいのかお?

857 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:15:48 ID:98za3AI2

  ______
 <ー\ヾiγ/rニミ
.  \ヾヽリ川//γ
.   /   _ノ   \  ハイ、ソウデ~ス。
   |   ( ◎)(◎)
.  |     (__人__)   ワタシタチノ神サマノ教エヲ広メタイダケナノデ~ス
   | ∴∵ ` ⌒´ノ
.   |         }
.   ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \


     ____
    / ⌒  ⌒  \  ふむ……
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |  (異国の宗教か……
  |    ー       .|
  \          /   普及すれば、一向宗のような面倒な宗教に対する牽制になるかもしれんお)

858 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:16:13 ID:98za3AI2

           ____
         /      \
        / ─    ─ \  (……それに、万が一、問題が出るようなら
      /   (ー)  (ー)  \
      |      (__人__)     |   その時は宣教師どもも含めて取り締まればいいお)
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \    


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }  よし!OKだお!
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !   やる夫たち武士の領分に首を突っ込まずに
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /    宗教の領分を守って普及するのなら何も問題は無いお。
  \     ` ー'´     //
  / __        /        ついでに京都の滞在許可も出してやるお。
  (___)      /

860 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:16:59 ID:98za3AI2


  ______
 <ー\ヾiγ/rニミ
.  \ヾヽリ川//γ
   /  /  \   オ~、感謝感激デ~ス!
   |   ( ◎) ( ◎)
   |     (__人__)  オ礼ト言ッテハ何デスガ、コレ等ノ品ヲオ収メ下サ~イ!
   | ∴∵ `i  i´ノ
   |   .   `⌒ }
   ヽ       .}
    ヽ     ノ
   /      ヽ
  /         ヽ,


━┓
┏┛    ⌒
・    .___ ⌒  ___   ━┓  ???
   / ―\ / ―  \  ┏┛
 /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.   この長い針が付いた箱と丸い玉はなんなんだお?
| (●)  /_  (⌒  (●) /.
|   (__/      ̄ヽ__) /
 \  /´    ___/
   \|        \
   /|´        |

861 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:17:25 ID:98za3AI2


  ______
 <ー\ヾiγ/rニミ
.  \ヾヽリ川//γ
.   /   _ノ   \   オ~、コレラハ「目覚マシ時計」ト「地球儀」デ~ス
   |   ( ◎)(◎)
.  |     (__人__)   コチラハ正確ナ時間ヲ図ル為ノ道具デース。
   | ∴∵ ` ⌒´ノ
.   |         }    ソシテ、コチラハ我々ノ立ッテイル大地ヲ表シタ物デ~ス。
.   ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \        


      ____
    /  ⌒  ^\  へぇ~、フロイスの国じゃ、こんなに正確に時間を測れるのかお!?
   /  ( ●)  (●)
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ  この技術が有れば、戦の際の作戦実行の助けにもなりそうだお!!
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /

862 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:17:53 ID:98za3AI2


      ____
    /_ノ   ヽ_\  ……でも、やる夫たちじゃ、こんな複雑な機械は壊してしまいそうで勿体無いお。
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\  だから、気に入ったけどコレは返しておくお。
 |        ̄      |
 \               /


  ______
 <ー\ヾiγ/rニミ
.  \ヾヽリ川//γ
.   /   _ノ   \   オ~、ヤル夫様ハ欲ガ無イネ。
   |   ( ◎)(◎)
.  |     (__人__)   ソンナ理由デ断ッタ人ハ初メテデ~ス。
   | ∴∵ ` ⌒´ノ
.   |         } 
.   ヽ        }
    ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \

863 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:18:19 ID:98za3AI2

        ___
      /      \  その代わり、この「地球儀」とやらは貰っておくお。
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \  この丸いのがやる夫たちの住んでる大地を表しているなんて……
  |  /// (__人__) ///  |
. (⌒)              (⌒)  この世界は丸い玉だったなんてすげぇ面白いお!!
./ i\            /i ヽ


       ____
     /⌒   ⌒\   まぁ、でも、日によってはお月様も真ん丸だお。
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  それを思えば、この大地が真ん丸だって話も納得できるお。
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /

864 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:18:42 ID:98za3AI2


  ______
 <ー\ヾiγ/rニミ
.  \ヾヽリ川//γ
   /  ー  ‐\  フム、ヤル夫様ハ理解ガ速イデスネ~。
   |   ( ◎) ( ◎)
   |     (__人__)  日本ノ人デ、コノ地球儀ヲ即座ニ理解デキタ人ハ殆ドオリマセ~ン。
   | ∴∵ `i  i´ノ
   |   .   `⌒ }
   ヽ       .}
    ヽ     ノ
   /      ヽ
  /         ヽ,


       ____
     /⌒  ⌒\  はっはっはっ!
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  まぁ、やる夫の頭の柔らかさは折り紙付きだお!
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /  ……ところで、フロイス?

865 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:19:19 ID:98za3AI2


<ー\ヾγ/rニミ
. \ヾヽ川//γ
 / ノ  \ \
 |  (◎)(◎) |  ホワ~イ?
. |  (__人__)  |
  | ∵ ` ⌒´∵ l
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \


     ____
   /      \
  /  ─    ─\  ……日本に滞在して長いらしいけど、
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  ホントに日本語そんなに片言なのかお?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

866 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:19:52 ID:98za3AI2


  ______
 <ー\ヾiγ/rニミ
.  \ヾヽリ川//γ
   /  ー  ‐\
   |   ( ◎) ( ◎)  ……いえ、ちゃんと喋れますよ?
   |     (__人__)
   | ∴∵ `i  i´ノ   でも、あの片言の方が皆さんの受けがよろしい様でして……
   |   .   `⌒ }
   ヽ       .}    それに、私のような異国人が流暢に日本語を話すのを、快く思わない方々も居らっしゃるのですよ。
    ヽ     ノ
   /      ヽ
  /         ヽ,


..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)   ……異国で生きるってのも、なかなか大変だお……
  /     (__人__) \
  |  U    ` ⌒´   |  まぁ、害にならない程度に布教に励むといいお。
.  \           /
.   ノ         \

こうして、やる夫はキリスト教にたいしての京での布教を許可した。
これ以後、やる夫の存命中には目立った問題も無かった事から、
やる夫は一貫してキリシタンに対して保護政策を取っていくのであった。

867 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:20:18 ID:98za3AI2

~岐阜城~

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   ふぅ……やっと帰って来れたお。
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/    おかげで、予定してた伊勢攻めも延期だお。
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(● 
   |      (__人__)
.   |        ノ   そういえば、命令どおり前田利久を呼んでおいたぞ?
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ   ……もしかして、前田家の家督を利家に継がせる気か?
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

868 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:20:45 ID:98za3AI2


          ____
        /      \   ……やらない夫、冴えてるお。
       / ─   ─   \ 
      /( ●)  ( ●)    \  察しの通り、病弱な利久に代わって
      |  (__人__)       |
       \ ` ⌒´       /   犬千代に前田の家督を継いでもらうつもりだお。
        /  ー‐      ヽ


        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \   利久には確か、滝川家から貰った慶次とかいう養子が居た筈で、
     . ( (● )    |
     . (人__)      |   林様に頼んで、そいつに家督を譲る算段をしてるって聞いたが……
     r-ヽ         |
     (三) |        |    ……いいのか?利家に継がせちまって?
     > ノ       /
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )

869 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:21:13 ID:98za3AI2


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \  構わんお。
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |  やる夫とほとんど面識の無いそいつよりも
 \  ∩(__人/777/
  /  (丶_//// \  犬千代が継いでくれた方がずっと使いやすいお。


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \  ……それに、犬千代の苦労にも報いてやりたいんだお。
 /    ─   ─ ヽ
 |    (ー)  (ー) |  利久よりも、ずっとやる夫に尽くしてくれてるんだから……
 \  ∩(__人/777/
  /  (丶_//// \

こうして、荒子の前田家は利家が正式に継ぐ事とになり、
利家は、2450貫、石高でいうと6000石余りの知行を持つ大身の武将に出世したのである。

870 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:21:47 ID:98za3AI2


                      __
                 ,...-‐'::"´:::::::::::::::`丶、
                /::::::::::::::::::::::;: ―-::、:::::ヽ
                /::::::::::::::::::::::::::/     `゙ヾi
              /:::::::::::::::::;;::::::::::l    -、 、__|
              l:::::::::::::/;ヾ:::/  ,,.-、_ :i;!ーi  ……利家……
              }:::::::::::::';r'ソ ゙'    ,.-━;;;ァ; ;:!
          、、__,....ノ;::::::::::::::iヾ      ` ゙フ´ : i゙     ……お前に玉が有るかな……?
          /:::::::ヾ;、:::::::;:べリ.       /_  i 
           ノi::::::::::::::::::ゞ'"   .      ,._ `ヾ:::;' 
         ノ;::::::::::::::::/   :   :_  i:   '゙``ー:/ 
         i'i;、:;;r‐'" ̄``丶、 .ヾ::::゙:...._   '"゙:i'  
          / -ー- 、、   `ヽ、ヾ:;;;;;;;;;;;;;;'ノ 
           /´      `ヾ、 、_  ヽ/;;i..、_ 
         /       `ヾ 、ぐ`ヽ,ノ:/  `ヽ、
      /           ゙ヾ、ヽr〈 rー( `ヽ  >、
      /  ,. '"´ ̄ `丶、.._ ヽ ヾ i ヾ  ゝr'    ヽ
        前田慶次郎利益(前田利久の養子)

その一方、やる夫の身内贔屓とも言えるような横槍のおかげで
家督を継ぎそこなった利益は、ここからしばらく表舞台から姿を消すこととなる。
その奇行と武勇で世に知られる事になるのは、やる夫の死後のことであった。

871 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:22:37 ID:98za3AI2


                        ̄|               
                 ●木造  ノ  伊勢湾            
                       ノ            
                       ~‐,             
                          ~‐,         
                             ̄~~‐,             
                                 ̄ ~ ̄‐,            
               ●大河内                 ~‐,    
                                        ~‐,        
                                          ~‐,    
                                             ~‐,/~‐, 
                                                 ~‐,/~‐,
                                                     ~‐,/~‐,
                                                        ノ´
                                                       ノ´


同年5月、いまだ南伊勢5郡に勢力を誇る国司大名の北畠氏を降すチャンスがやってきた。
木造城の城主で北畠具教の実弟の木造具政が、部下の進言により
早めにやる夫に従う決心を固め、やる夫に誼を通じてきたのだ。

872 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:23:13 ID:98za3AI2


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \  京都でゴタゴタしたから少し遅れたけど……
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\    この機を逃さず、伊勢へ出陣だお!
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

8月20日、やる夫は岐阜を出陣し桑名まで軍を進めた。
総勢7~8万、あるいは10万とも云われる総力を挙げての出陣であった。

873 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:23:36 ID:98za3AI2


やる夫の軍は次々と支城を落とし、28日には敵の居城である大河内城を四方より取り囲んだ。
南に織田信勝包・滝川一益・丹羽長秀と近江衆、西に佐久間信盛・木下秀吉と美濃衆、
北は坂井政尚・蜂屋頼隆に浅井の援軍、そして東の山にはやる夫の本陣が置かれ
柴田勝家・森可成が馬廻と共に着陣した。まさに、鉄壁の布陣での包囲戦である。

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \  ……一刻も早く、北畠を降して
 /  (●)  (●)  \
 | U    (__人__)    |   京に戻らんといかんお……
 \      ` ⌒´   /

しかし、畿内方面にまだ敵を抱えているやる夫はこの時焦っていた。
包囲したままの長期戦に持ち込めば、味方の損害を最小限に抑えられるのに、
包囲から10日目であえて夜襲という強攻策に打って出てしまうのだった。

874 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:23:58 ID:98za3AI2


その夜、丹羽長秀・池田恒興・稲葉良通の3将に馬廻りを付けて夜討ちを命じるものの
途中、突然の雨で味方の鉄砲が無力化してしまう。

       _l      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      \   / /" `ヽ ヽ  \
      <  //, '/  米  ヽハ  、 ヽ  あ、雨が降ってきたにょろ!
      / 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|  ……これでは鉄砲が仕えんにょろよ。
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ|
          |ヘ   ゝ._) u j.  | , |  …………めがっさヤバイ状況かも……
          | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

そうこうする内に夜討ちを城方に気付かれ、、
逆に鉄砲の一斉射撃を食らってしまい、大損害を出してしまったのである。

876 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:24:23 ID:98za3AI2


      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ 京の方を意識しすぎて、焦り過ぎたお……
   / _ノ ノ    \  \ `、
  (  < (○)  (○)   |  )  ……やる夫の判断ミスで、また部下を無為に殺してしまったお……
  \ ヽU(__人__)   / /

この段なって、やる夫は本格的な兵糧攻めを決意。
敵方の兵糧の消費を増やすために、大河内城付近の民家・田畑を焼き払い、住民を城へと追いやったのである。

その後も一進一退の攻防戦を繰り返したが決着はつかず、10月3日に遂にやる夫は北畠氏と和睦する事となる
しかし、包囲戦は北畠氏を確実に追い詰めていたようで、
その条件は、

 1・大河内城をやる夫に渡し、前当主・具教と当主・具房は他の城に移る
 2・やる夫の次男の茶筅丸(後の織田信雄)を具房の養嗣子にする

という北畠氏にとって大変厳しい内容であり、やる夫にとっては完勝とは言えないまでも、
北畠氏の無力化という目的は何とか果したのであった。

877 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:25:17 ID:98za3AI2


        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\  ……反抗の芽を摘んで、
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |   後顧の憂いは断っておくお……
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

この後、1575年(天正3年)にやる夫は北畠家に圧力をかけて
家督を信雄に譲らせた上で、翌年に具房以外の北畠一族を皆殺しにしてしまうのであった。

878 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:25:47 ID:98za3AI2


同年10月11日、やる夫は将軍へ伊勢の戦勝報告に上京し、
13日には参内して天皇からじきじきに杯をいただいていた。

       ____
     /⌒  ー、\  ふぅ……やれやれ。
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  行ったり来たりが大変だお。
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /  腰が落ち着く暇も無いお。


  /\___/\
/        ::\  ……殿。
|  ─   ─   |
| (●), 、 (●)、 |  少々お耳に入れたい事が……
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
\   r‐=‐、  .:::/
/`ー `ニニ´一''´ \

879 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:26:32 ID:98za3AI2


       ____
     /⌒  ⌒\   ん?光秀、どうしたお。
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  キンカ頭に磨きでもかかったのかお?
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /   そういえば、今日はテカリが違う気がするお!


    /\___/ヽ
   /ノ( ヾ  /:::::::::\ 
  .|  ,,-‐‐'') (`‐‐-、 .:::| ……違います。
  |」L'"⌒` ,: '"⌒` :::|  
  |ヽ「   ` '  ヽ( :::|  義昭様の話です。
  .|   `-=ニ=- '⌒:::::|  
   \彳 `ニニ´  ::::/
   /`ー‐--‐‐―´\

880 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:27:04 ID:98za3AI2

          ____
        /      \  ん?将軍様の?
       / ─   ─   \
      /( ●)  ( ●)    \ ……解ったお。
      |  (__人__)       |
       \ ` ⌒´       /  真面目に聞くお。
        /  ー‐      ヽ


  /\___/\
/ /    ヽ ::: \ それが……
| (●), 、(●)、 |
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   | どうも、大名たちに御内書を乱発しているようなのです。
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
\  `ニニ´  .:::/  中身を改めましたところ、金の無心から領地の授与に争いの仲介など用件も多様でして……
/`ー‐--‐‐―´´\

881 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:27:26 ID:98za3AI2


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \ ……あの公方様にも困ったもんだお。
 /    ─   ─ ヽ
 |  u (ー)  (ー) |  まだ御自分の立場が理解できていないとは……
 \   ∩(__人/777/
  /  (丶_//// \  ……ところで光秀?……お前はどちらに付くお?


    /\___/ヽ
   /:::::::       \  ……ふっ。
  .|:::.   ''''''   ''''''  |
   |::::.,(一),   、(一)|  こうやってココに居りますのが私の答えです。
  .|::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |
   \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /  ……力の無い主君に仕える気など毛頭ござりませぬ故。
  /   `一`ニニ´-,ー´

882 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:27:53 ID:98za3AI2


       ____
     /⌒  ⌒\   ん。
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  光秀、いい答えだお!
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /  やる夫もお前の働きには存分に報いるお。


       ____
     /⌒  ー、\  じゃあ、光秀は引き続き将軍様の監視を頼むお。
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ やる夫は予定を切り上げて岐阜に戻り、
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /  次の一手を義昭様に叩きつけてやるお!

883 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:28:18 ID:98za3AI2


  /\___/\
/ ⌒   ⌒ ::\  ははっ!
| (●), 、 (●)、 ::|
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,   :::|  お任せあれ!
|   ト‐=‐ァ'   .:::|
\  `ニニ´  .::/
/`ー‐--‐‐一''´\

こうして、やる夫は予告も無しにいきなり岐阜へと帰ってしまった。

884 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:28:42 ID:98za3AI2


~その3ヵ月後の1570年(元亀元年)1月~

             __  _
          ,. -''_´、__  ``__ヽ、
         /‐-、__l   ` ̄┌ー 、ヽ    ふむう……?
       /l ー、_ュ、     ´二二_ヽヽ
      / | 、`ー―      /`ー'´ ,r |ヽ    急に帰ったと思えば、こんな手紙を寄越して……
     _,.|/  ` ー''´      ヽ ̄ ̄,  | l
 ,. r:'T::|      / n n   `ー'´    ヽ|   ……で、結局、やる夫殿から送られてきた
 ヽ、|::::|::|     ./      ヽ       |、_    
   `''ー|     /        ヽ      .|:::|:::l::ヽ    この五ヶ条ってどういう意味なんじゃよ?
     |::ヽ   レ‐-、__,,. -‐-、ヽ     |:::|;::l;-'
     |:::::ヽ  |  ,. -::::::::::-ュ、 ヽ  /  |´
      l::::::l  | /::::::::::::::::::::::::ヽ l  |  .|
      ヽ::::. ヽ'-''´ ̄    ̄`` |  l  /
      ヽ::::. ヽ、__,.r‐-- 、_ ノ   /
       ヽ:::::.           ....:/
        ヽ::::::....       ...::::::/
         ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             :::::::::::::

885 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:29:09 ID:98za3AI2


    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\ 要約すると、
  . |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| ・義昭様が命令出す時はやる夫様の許可必須。
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| ・今まで義昭様が出した御内書の無効化。
   \  `ニニ´  .:::::/ ・天下の事は全てやる夫殿の意思に任せること。
   /`ー‐--‐‐―´\
               と、こんなトコロですな。

886 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:29:32 ID:98za3AI2


          _ __
         /─二__─_
        //\二| / | |二 \
       / | <~ゝ 二二 ∠~> |
     _// _T|  ┐ l_ |T_,  |_     ぼ、ボケーーーーッ!
  _─|  |       / )    | |-、
 <_|  |  | 、   / ~   \  | | | >  それじゃまるで、ワシじゃなくて
   ─/_/ |  / ̄~\ __/~|  |_|-'
      |  |  | ,───-_ |  |     やる夫殿が将軍なんじゃよ!?
      |  | |/       | |  |
      |  | |     ___| /|  |     あの糞メタボは天下の将軍をなんじゃと思ってるんじゃ!!
      |  | | _ ──     7   |
       |    |_/ ̄ ̄\_/   /    光秀!!
       |              /
       |              /      そもそも貴公は、こんな屈辱的な文書を
    ─/ ̄|_          _/\
       /|  ──────-/ λ       何ノコノコ持ってきとるんじゃい!

887 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:30:05 ID:98za3AI2


  /\___/\
/        ::\  ……義昭様、何を勘違いなさっているのです?
|  ─   ─   |
| (●), 、 (●)、 |  貴方は誰のおかげで、この様な分不相応の地位に即けたとお思いか?
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
\   r‐=‐、  .:::/   ……全てはやる夫様の御力添えのおかげです。
/`ー `ニニ´一''´ \  
               そのやる夫様とて、ただ貴方に忠誠を尽くす等という理由で助けたのではないのですよ?


  /\___/\
/、-―' ゙、ー- ::\ ……貴方の様な力無き権威は、
| (●), 、(●)、:::|
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,, :::| やる夫さまのような本物の力の庇護を受けてこその存在なのです。
|    ,゛-=-'、   .:::::|
\   '´`.:::  .::::/  ……誰かの力に頼った時点で、貴方自身の権力などは、どこかに霧散してしまったのですよ。
/`ー‐--‐‐―´´\

888 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:30:40 ID:98za3AI2


          _ __
         /─二__─_  くっ……
        //\二| / | |二 \
       / | <~ゝ 二二 ∠~> |   (お、おのれ~!
     _// _T|  ┐ l_ |T_,  |_
  _─|  |  `U-  / ) U  | |-、  この屈辱晴らさずにおくべきか!!
 <_|  |  | 、   / ~   \  | | | >
   ─/_/ |  / ̄~\ __/~|  |_|-'    この義昭の全てをかけて、やる夫に天誅をくれてやるわ!)
      |  |  | ,───-_ |  |
      |  | |/       | |  |
      |  | |     ___| /|  |
      |  | | _ ──     7   |
       |    |_/ ̄ ̄\_/   /
       |              /
       |              /
    ─/ ̄|_          _/\
       /|  ──────-/ λ

結局、光秀は1月23日に五ヶ条からなる条書を義昭に認めさせたのであった。
このやる夫からの宣戦布告状を皮切りに、やる夫と義昭の泥沼の暗闘が切って落とされたのである。

889 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:31:07 ID:98za3AI2


               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ  おし!ここで一気に天下の主導権を握るお!
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \

やる夫は義昭に五ヶ条を出した同じ日に諸国の大名にも書状を送っていた。
その内容は、
「皇居の修理・幕府の御用・天下静謐の為の行動を起こすから、
 各々も上洛して、禁裏(天皇)と幕府(将軍)に礼を尽くすように」
というモノであった。
つまり、やる夫は天皇と将軍という二つの古来からの権威を操ることによって
諸国の大名たちを自分の支配下に置こうとしたのである。

890 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:31:37 ID:98za3AI2


やる夫は当初の予定を遅らせ、2月25日に出発。

           ____
          /⌒  ⌒\
        /( ●)  (●)\       rっ
      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    / ^゙''_つ
      |     |r┬-|     |   /゚。 / ̄
      .\      `ー'´     /''"´、   /    相撲って面白れぇお!!
     /u゚ `ー ----一-一''´u 。 ゚  /
   / 。 ゚。 r u゚  ゚。 u  ゚  イ_,,r-''"  裸のムサい男がぶつかってるだけなのに
   ( ゚。 `ヽ、_,r-っ 、   ・ /´
   ヽ、 __,、_,ニつ `゙ ''''" i        なんでこんなに面白いんだお!?
       ノ  。 ゚ u  ゚ 。 u゚ ヽ
     _ト-───────-イ_
  /´  `ー-、__   __,r- '"u ゚ `ヽ
  (  ノ ゚ u 、_  | ̄´|   _,,  ヽ )
  ヽ、_____  ̄`t-r'´ ̄__゚_u__,ノ
          )_/ \_(

途中、近江の常楽寺にとどまり、相撲会を催すほどゆっくりとした足取りであった。
これは、上洛を促した大名たちの様子を見ていたのである。

ちなみに、当時相撲が盛んだったのは近江より西に限られていたらしく、
やる夫もこの時に相撲の面白さに目覚めたのであった。
これ以後、自分が参加こそしなかったが頻繁に相撲会を催すのである。

891 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:32:10 ID:98za3AI2


やる夫が京に入ったのは、30日の夕刻であった。

ザワザワ
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   お出迎えだってさ。
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ   まったくこの寒い時に……
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'        ……さっさと終らないかなぁ。

普段は出迎え無用の触れを出す事の多かったやる夫だが、
この時ばかりは1町あたり5人のノルマまで課して人を集めたという。


           ____
         /      \   (今回の上洛は今までのモノと比べても意味合いが違うお。
        /  ─    ─\
      /    (ー)  (ー) \   だから、派手にやる夫の勢いを宣伝する必要が有るんだお……)
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \

そのため出迎えの人間は何百人もになり、京の入り口は人で溢れる事となったのであった。

892 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:32:38 ID:98za3AI2


翌日、やるお夫は幕府に挨拶に出向いた。

~将軍御所~
       ____
     /⌒  ⌒\   義昭様!ご機嫌うるわしゅうだお!
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  五ヶ条といい今回の行動といい、
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /   承認していただいて感謝しますお!

894 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:33:00 ID:98za3AI2


                 ,─ 、
           ─ ̄ ̄ ̄ ̄─_ \
         / ̄─── ̄ ̄ \|
        /─┐  l / ̄ ̄ \  |      (……お前が無理やり認めさせてるんじゃろが!)
       /──|  | | 二二    |
       | てハ    /( ) /  / |     ……まぁ、お安い御用なのじゃよ。
     _ト ̄ ̄   ヽ ̄ ̄   (  |
  _─| |   ̄/     ̄ ̄   \|        ワシもやる夫殿あってでありますからな……
 ( | |  |  l \ ヽ  \     J  | ̄| ─_
  ~ ̄─|  |       \      |  |  |  )   
      | | ̄─── ̄ ̄ |    / |─ ̄ ̄ ̄
      | |  ┌───   |   |   |
      | |\ |      ̄ ̄|  |   |
      | | ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄─| |   | 
       |  |           |   | 
       |  ─ ̄ ̄ ̄ ̄──    | 
        |               |
        |              |
 ∩∩∩    |             |
 |   ∩    |             |
 |    /     |            |
  |   |      | ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | ̄ ̄|    ─| 二 | | /二二二/  | | ̄─

895 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:33:44 ID:98za3AI2


       ____
     /⌒  ⌒\  午後には朝廷に挨拶に行って、
    /( ー)  (ー)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ やる夫の「天下静謐権」を容認して貰ってきますお。
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /  義昭様も楽しみにしててくださいお。


   / ̄ >─ ̄ ̄-─ 、       ⊂二二⊃
   | ─ ̄         \
  /        ,──、 \   ⊂二二二⊃ ∩__
 /        /    \  \       ⊂二 __ \   (このメタボ豚め……
.|       /  / ̄> |   \         | | ∠/
|     ─ ̄  / /,-、 \   \       ∪∩ ∩    天下静謐の任は本来は征夷大将軍たるワシの任務の筈を……
|─ ̄ ̄    / /∠-'/   \  >─ ̄/ ̄─、 | |  | |
|__      ∨ / / /     V  |  l   / ∪ | |    ……まぁ、いいわい……こやつのしたり顔もあと少しじゃてな)
|_   ̄`、      ̄ /      |   l  \/   / /
.|  ̄二二      ̄ ̄        \  \/    / /
 | /-'/               / \/\     ̄    ……それは目出度いですにゃ。
  `, ̄  /   |     ̄──、  /      \
   \─'   /          \ \     \
  /| \   λ_ <     / ̄ ̄\ \     \
. _ |  | \  l      /   / \ \    \
/ |  |  \ |___/   ─ '   / l       \
|  |  |  | \ \_ _─ ̄   _/ |        \
.|  |  |  | \ \| \__ ─ ̄  _/         \_
.|  |  |  |   \ \    _─-          ─ ̄  \
 |  |  |  |  | \ \_/          ─ ̄\ \
 |  |  |  |  |   \           ─ ̄     \
  |  |  |  |  |  | \       / /|       |
  |  |  |  |  |   |  \___/ //      /
  |  |  |  |  |   |       \|/ />

896 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:34:16 ID:98za3AI2


     ____
    / ⌒  ⌒  \  ……
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |  (義昭も何か企んでるようだけど、光秀も見張ってるし
  |    ー       .|
  \          /   コイツ程度になら、何を画策されてもたいした事無いお)

この時、やる夫は義昭のそれまでの愚かな振る舞いから
明らかに彼の能力を過小評価してしまっていた。
確かに義昭に状況と人を見る眼は皆無であったが、その行動力と策謀癖には
目を見張るモノがある事を、この後にやる夫は大きな代償と共に思いしるのである。

897 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:34:47 ID:98za3AI2


        __
       ./| .|
       / .|. .|
       _|_|_
       |___|
      /―  ―\   ふふん♪
    / ●   ●  \
    |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |  馬子にも衣装だお♪
    .\        /
    _| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_   ……ま、やる夫は何着ても似合うけど。
   /\〉 ̄ ̄| ̄ ̄〈/\
   | \|   | ̄|   |/ |
   |   \  |. |  /   |
   \   |~|⊃ ⊂|~|  /
   /\__|_| ∪ .|_|_/\
  .|             .|

その日の午後、やる夫は義昭に言ったとおり朝廷に参内。
そこでは参賀の席が設けられ、大勢の公家衆も相伴した。

898 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:35:10 ID:98za3AI2


このやる夫の将軍から離れた立場での正式参加は、
やる夫の位置と威勢を世間や朝廷に明示したものであった。

  +        ____    +
     +   /⌒  ⌒\ +
  キタ━━━//・\ ./・\\━━━!!!!
   +   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  +    朝廷もやる夫の実力と独立性を認めてるお!
       |  ┬   トェェェイ     |
    +  \│   `ー'´     /    +
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
    >                  <
     /  ─ /  /_ ──┐ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
   Χ   ─ / / ̄ /   /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
  ノ   __ノ   _ノ   \   / | ノ \ ノ L_い o o

この後のやる夫の戦いには、公家衆も従軍している事から、
明らかにこの日を境に、やる夫の朝廷での立場は変化したのである。

899 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:35:34 ID:98za3AI2


~やる夫の寝所~

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \ ……結局、朝倉は上洛も使者も寄越さなかったな。
   |    ( ●)(●
   |      (__人__) ……けど、これもお前の狙い通りなんだろ?
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


       ____
     /     \   イグザクトリー!
   / ⌒   ⌒ \
  / -=・=-  -=・=- \  ここまで無視してくれれば、
  |      (__人__)      |
  \     |++++|」_キラッ/   討伐の名目も簡単に立つってもんだお。
       `ー''´ l

900 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:36:10 ID:98za3AI2


        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \  ……しかし、そうなると浅井が拙くないか?
     . ( (● )    |
     . (人__)      |  確か同盟の条件に朝倉への不侵条約が入ってたような……
     r-ヽ         |
     (三) |        |
     > ノ       /
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |


       ____
     /⌒  ⌒\  ふふん、この期に及んでは長政も
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ 状況が読めないなんて事ある訳ないお!
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    / やる夫には朝廷の大義名分も付いてるんだし、
                  長政もその権威に表から歯向かう事はよしとはせん筈だお。

だが、やる夫はここでもミスを犯す。
一つは、長政が家康のようにやる夫の力を絶対的には信用していなかった事。
そしてもう一つは、朝廷以外の権威……即ち将軍の長政に対する暗躍を
この時のやる夫は計算に入れることが出来なかった事である。

901 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:36:44 ID:98za3AI2


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )  ちゅうことで、若狭へ出陣だお!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     | ……一応、お市経由で長政にも連絡ぐらいは入れておくお。
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


4月20日、やる夫は京都出陣した。
その総勢は3万ほどで、同盟者の徳川家康は勿論、
幕臣からは松永久秀と池田勝正が、公家からは飛鳥井と日野といった面々が従軍していた。

902 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:37:08 ID:98za3AI2


最初、やる夫はこの軍を若狭の武藤友益の討伐の為に起こした。
しかし、やる夫は途中で目標を朝倉氏に変更。


::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \               、
:::::::... ⌒__丶 \             三__|__
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ           口 |
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ          ‐┬‐
:::::::::::...    ヽ   .ヽ         │田│
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶         ̄ ̄
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ       、 マ
:::::::::.⌒ "       ..ノ       了 用
:::::::::::::::::....    ....::::::../        '"`ー‐
:::::::::::::::::::::.. ......::::./          レ |
                      ノ

勿論、最初からこの朝倉攻めが目的であり、
武藤討伐は朝廷・幕府に対する出陣の口実でしかなかったのである。

903 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:37:33 ID:98za3AI2


~小谷城~

     ,ィ´ ̄ ̄ ̄``ヽ
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  厶 -…ー─‐--、:::::::::::|
∠___,ィ´ ̄ ̄ ̄`ヽ、\_}
   | <●) /、(●>、 ||||    < お市~、義兄から手紙が来たらしいけど、
   |  ,, <、_,> ヽ、,   |
.    |   mj |=‐ァ'  .::::|       どんなだった?
    \,〈__ノニニ´ .:::/
   /ノ  ノ |||/一´\
  浅井長政(近江の大名)


           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ  ……それが……
         〃 {_{ _ノ  三ヽ、_,リ| l │ i|
         レ!小l( ●)三(●)从 |、i| ……お兄ぃが朝倉を攻めるからよろしくって……
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽ、  ゝ._)   j /   
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         お市(長政の妻・やる夫の妹)

904 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:38:00 ID:98za3AI2


     ,ィ´ ̄ ̄ ̄``ヽ
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\  ……やっぱり、そのことか。
  厶 -…ー─‐--、:::::::::::|
∠___,ィ´ ̄ ̄ ̄`ヽ、\_}  たぶんそうなると思ってたから、何の問題もねぇよ。
   | <●) /、(●>、 ||||
   |  ,, <、_,> ヽ、,   |  ……ということで、俺も義兄を後ろから攻める事にするわ。
   |   ト‐=‐ァ'   .::::|
   \  `ニニ´  .:::/
   /`ー||||||||/―´´\


       , ' ´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
      /  /"" `ヽヽ \   ちょ、ちょっと!
     // ノ L     ヽハ 、ヽ
     〃 ⌒  \ /  ,リ| l |i|   何言ってんのよ!!
     レ小l ( ●) (● ) 从 |i|
     レV⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|ノ   アンタ、家のお兄ぃを裏切るつもりなの!?
      ヽゝ、  |::::::|   j / |
         ヘ,、l;;;;;;l, イ   .l!| !  ……そら、お兄ぃも悪いけど、
     rヽヽ:::::|ヽ ー ´,1ー::::ヽ、|i
   /  i::::::::::∨yヽ/::::::ヽ !l ヽi   いくらなんでも、いきなり裏切るって!
   (   丶- 、::ヽ/::::::::::::しE | ドン
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽ

905 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:38:25 ID:98za3AI2


                 ____
            _,,''' ̄ ̄::::::::::::::::::::::\ー、
          ∠__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、ヽ、    ……先に約束を反故にしたのはやる夫殿だぜ?
       _/.::::::::ヘゞー──-_、::::::::::::::::::丶.:ヽ
     /.::::::::::::::::_:::::::\::::::::::::::::...."^\:::::::::::::::.\   それにな……市。
     ハ.::::::::::::::イ::::"":::::\::::::::::::::::::::::::::丶::::::::::::::::〉
     \.::::::::::ィ::::,.,ー-^`::::ゞミ::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::!   お前は知らないかもしれないが、やる夫殿には敵が多すぎる。
       ̄ ̄"||  ヶ-__、ヽ:::: ̄ ̄_-r"、ヽ:::: ミヘ.....! 
          ¶  〈  ゞノゝ   ::::ゝ_ヾ、〉  ミミヾ1    何つったって、手元に置いてる将軍様自身がもうやる夫殿を見限ってるんだ。
         ハ      /           ミrーィ 
         ヽ!     ヾ           ミソ⌒ 〉   ……もう少し経てば、義昭様の働きかけで武田・上杉に六角と伊賀の豪族連中といった面々も
           !     ` `        ミミr ィイ  
           !     ,,----、       ミr /     本格的にやる夫殿と事を構える手筈になってるらしい。
           ヘ    `´=^`-     /ミ
            ヽ   ゝ       イ!      
             ヽ  llll     ィ::" !
               ヾ ll|llll彡 ィク:::::: 1          
               ヾ""  -√`ー--ト_
          r--ーーイヽ:::   /::::ト    ソ    
         /::ヽ  ::::ハ ъ:::: /:::::::ト    〈
        /:::::::ヘ  ::::::::〉 ::::: /:::::::八   ∧、    
       /^:::::::イ人 ::rノ :: _l  ::::::ト  / ! ヽ、

906 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:39:21 ID:98za3AI2


              ,,-ー-----、,_
           ,,,-´..........................::.....\、
         / ̄ヽ........................................`ヽ、
        /ヽテレ/................................................`、   ……オレだって、あのちょっと怖いけど愉快な義兄が、
        !___,....´..ー`....................r、::::.........:::::::::!                朝倉のカビ臭ぇ連中なんかより好きだ。
        /.................................../彡`ー-、:::::::::::!     義兄がオレを高く買ってくれていて、期待してくれてる事も解ってる。
   __/______....................../  ミ:::::::::::::::`ー-ソ
  /:::::::::::::::!  ̄ ̄イー'´__    ミ::::rー、:::::ヽ、    ……でもなぁ……オレも浅井家当主なんだ……
  /::::::::::::::::::::!ーヽ   /  ッゝ   ミソ  ヽ:::::::!
 ヽ-ー'´  ̄ヽ ヽソ            ミ 久  〉:::::/     浅井の家や家臣を危険に晒してまでは義兄に付いて行く事は出来ないんだよ……
        ヾ、            ミ  /:::::/
         `、 、           イ ヾソ       解ってくれ……市……
         `、ヽ          !   ヘ、
           、 tー--      /    ヾ、
           \ヾ      /   rー--!、_
              !ミ,,,__  /:::..   /!....................|
             _ソー---、:::::..   /...|...................|
            /::ヘ.............ヾ:::    |.....|..................


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ  長政……
         〃 {_{  ノ ' ヽ  リ| l │ i|
         レ!小l( ー) (ー)从 |、i| (……そんな真剣な顔されたら何も言えないじゃない……)
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽ、      u j /
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、

907 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:39:54 ID:98za3AI2


______________________________
            ノ   ノ      (越前)
            丿   ノ               ::
(若狭)       ::\_ノ●金ヶ崎          ::
           :: ●敦賀             :: 
           ::         ●手筒山   ::
           ::        ::::::::::      ::
           ::       ::   ::::::::::::::::::::
           ::      ::
  ::         ::::::::::::::::::::::
   ::       ::                  |\
    ::     ::             / ̄(  (  ~‐,
     ::    ::        ノヽ  ノ    (  |   ‐,
      ::::::::::         ノ  (_)     \|  _‐,
                 ノ              ~‐,
                 |     琵琶湖       ~‐
                 ヽ      (上部)       ~‐,
                 ノ                  ~‐,
                 |                    ~‐
                 ‐,                    ~ ̄~‐
                   ̄~‐,                    ‐,
   ●朽木             ~‐,                   ~,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
25日、やる夫は越前敦賀に到着した。

908 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:40:24 ID:98za3AI2


      γ⌒) ))
      / ⊃__
   〃/ / \  /\
  γ⌒)( ●)  (●) \ ∩⌒)  力いっぱい速攻で攻め落とすお!!
 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ  
(  <|  |   |r┬(    / / ))
( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
               / /

そして、さっそ朝倉の部将・采女正が守るく手筒山城に襲い掛かった。
手筒山城は標高171メートルにある山上の要害であったが、
これを力攻めにし、その日の内に陥落させた。打ち取った首級は1370余りであったという。

909 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:40:48 ID:98za3AI2


              __,.-‐────--.、_
            ,.イ´:..:.:.:.:.:.:.:.:.,/:.:.:./ヘ.:.:.:.:.:.:`ヽ、
         ,〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〃;:.:./'i´"`|:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
         /:.:.:.:.:.:.:.:;/.:.:/ /:.:/ | \|.:.:i:.:.:.:.:.:.:ハ  ……もしかしなくとも、
       /:.:.:.:.:.:.:.:./7:// //   |   |.:.:|:.:.:.:.:.:.:.::}
        /:.:.:.:./::.:/::/|:/_´    ____|;/:.:.:.:.i::::.:.:|      あたしの出番ってこれで終わり……?
        j/|:.:.:|:.:/::::i 三三゛、__,  三三 |:.:.:.:.::|l:::::.:|
         |:.:.:|:/::::::j i_i__,ノ ゝ__i_iノ|:i:.:.:.:;||::::.:.|
         |:.:.:/::::::λ!  !      !  ! |:|:.:.:/ヽ::::N
         |:.;/|;/ヽ:/ヽ、/"⌒ヽ-‐' !  !,リ|:.:/_ン::リ
        '"      __,/    _ 〉-‐r "´,|/"~ ̄`ヽ、
             /=/  ,ィヘ.〉,〉   _∠____    ,〉
            ,{"{'´~ 辷   } /" ,イ´   ̄`〉゙: |
             ,ィ'λ`ー':`ヽ  |´ ̄ i ,'    { ヽ{
         森可隆(森可成の長男)

しかし、やる夫側も森家の長男の可隆が戦死してしまう等、
力攻めであったために犠牲が多い戦いでもあった。

翌日、やる夫は金ヶ崎城に攻めかかり、これも陥落。
その南方の疋田城も適わないとみて守兵が逃亡。
たった2日でやる夫は敦賀全域を制圧したのであった。

910 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:41:18 ID:98za3AI2


~その日の夜・織田軍本陣~

       ____
     /_ノ   ヽ_\   自分でも怖いくらいに順調だお!
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ ここから木ノ芽を越せば一気に朝倉の本領だお!
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /  前回の北畠戦は苦渋を舐めたけど、今回は楽勝で終われそうだお。


           /\           
      ___/::::::::ヽ-‐ー‐- 、._,ィ
      ';::::::::::::::::::::::::;、;:へ、ヘ:::::::::フ   
       ';:::::::::::∠レ´、  u,-‐ 、';:::::',   ほ、報告します!
       ';:::::::/    ヽ/    ヽr‐-、
       /'"7 <●> l <●> l  i  近江の浅井長政が朝倉に寝返りました!!
       ',  ヽ、 ___ノ ヽ、 __ノ  ノ
        `‐-'´ヽu  Eヨ  _,-´-=ニ    すぐにこちらに進軍して来るとの事です!
             >ー-‐''´   _ `‐、
      r-┐    ノ ,、      ',  ) ノ
     「 ̄└ー--‐'´ ノ ヽ       〉'´ /
     `‐-‐- 、.__,ノ   ',-‐ー''"´7_,、'´
                l|      |
                人__    ,入
               /   `i__「  ヽ
              i  ,-'"´  ``‐、 `‐、._
     .............................._」 i´.........................`‐ 、  ヽ
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ _,、-´::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐-'´
             木下秀吉(やる夫の家臣)

911 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:41:45 ID:98za3AI2


         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  !!!!
 |    ( ●)(●)
. |  U  (__人__)  な、何かの間違いじゃないんだな!?
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}   本当に浅井は裏切ったんだな!?
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

912 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:42:08 ID:98za3AI2


      ,' \ ,、-‐ー‐- 、レ 
     ,'::::::::::::::::::::::::::::: `‐、
 ヽ-‐'´:::::::::::::::::::;へ/ヽ  `、   ……残念ながら……
  ';::::::::;ヘ/ヽ/V| | | | | |ヽ  ',
  ヽ;:/,-‐ー 、 /´ ̄ヽ レ⌒',   近江方面に放っておいた乱破からの報告ですので確かかと。
    ,' _   l ー-  i    l
    `、.__ ,ノヽ、 _ノ ,、__ ノ
     `‐、._ = _,、-''´ ヽ


       ____
     /ノ   ヽ、_\   ま、マジかお……
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \  長政の奴め……
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

913 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:42:33 ID:98za3AI2


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)   ……どうします?
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   ここで朝倉・浅井との2正面作戦で迎え撃ちますか?
.  | u       }
.  ヽ        }    それとも退かれますか?
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |


     ____
   /      \
  /  ─    ─\  …………
/    (ー)  (ー) \
| u     (__人__)    | (落ち着け……落ち着くんだお……
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |    ここで迎え撃てば挟み撃ちに合うお……だから戦うのは論外、ならば……)
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

914 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:42:58 ID:98za3AI2


     ____
   /      \
  /  \    /\  よし!逃げるお!!
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    | 逃げるからには、脇目も振らずに一目散だお!
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  | ……それには殿が必要だけど……
.\ “  /__|  |
  \ /___ /  


      ,' \ ,、-‐ー‐- 、レ 
     ,'::::::::::::::::::::::::::::: `‐、
 ヽ-‐'´:::::::::::::::::::;へ/ヽ  `、   ……
  ';::::::::;ヘ/ヽ/V| | | | | |ヽ  ',
  ヽ;:/,-‐ー 、 /´ ̄ヽ レ⌒',  (すっごい嫌な予感が……)
    ,' _   l ー-  i    l
    `、.__ ,ノヽ、 _ノ ,、__ ノ
     `‐、._ = _,、-''´ ヽ

915 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:43:20 ID:98za3AI2


         ___
       /     \  ……おお、ちょうど良く猿が居たお。
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \  猿!お前に殿を命じるお。
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/  でもお前だけの隊じゃ人数が足りないから……池田勝正の軍も残していくお!
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃   全軍が退く準備が出来るまで、しばらく時を稼ぐお。
     |            `l ̄       


      ,' \ ,、-‐ー‐- 、レ 
     ,'::::::::::::::::::::::::::::: `‐、
 ヽ-‐'´:::::::::::::::::::;へ/ヽ  `、 (……ほらやっぱりな……今回は死んだかも……)
  ';::::::::;ヘ/ヽ/V| | | | | |ヽ  ',
  ヽ;:/,-‐ー 、 /´ ̄ヽ レ⌒',  ……了解いたしました……
    ,' _   l ー-  i    l
    `、.__ ,ノヽ、 _ノu,、__ ノ
     `‐、._ = _,、-''´ ヽ

916 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:43:45 ID:98za3AI2


    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\   ……おっと、面白そうな話ですな。
  . |(●),   、(●)、.:| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|    その殿の役、この光秀も混ぜていただきましょうか。
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |


     ____
   /      \  光秀……お前も残るのかお?
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \ ……今回はさすがに死ぬかもしれんお?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

917 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:44:09 ID:98za3AI2


    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| なに、死ぬ可能性の無い戦など有りませよ。
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|  ……それに、こういう危険の大きい仕事ほど
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\  見返りも大きいと相場は決まっているモノでしょ?。


       ____
     /⌒  ⌒\  ……ぶはははは!
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  即物的なのも、そこまで徹底してれば大したもんだお。
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    / 猿!光秀!生きて帰ってきたらたっぷり褒美をやるから死ぬんじゃないお!?

918 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:44:39 ID:98za3AI2


           /\           
      ___/::::::::ヽ-‐ー‐- 、._,ィ
      ';::::::::::::::::::::::::;、;:へ、ヘ:::::::::フ     ……はっ!
       ';:::::::::::∠レ´、   ,-‐ 、';:::::', 
       ';:::::::/    ヽ/    ヽr‐-、   猿めも精一杯働いて帰りまする!!
       /'"7 <●> l <●> l  i 
       ',  ヽ、 ___ノ ヽ、 __ノ  ノ   (……戦巧者の光秀も残るのなら、もしかしたら生き残れるかも……)
        `‐-'´ヽ   Eヨ  _,-´-=ニ
             >ー-‐''´ 


    /\___/ヽ
   /,,,,,,,,ノiヽ,,,,,,,,::::::\  お任せを!
  .| (>),ン < 、(<)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::::|  ご褒美をたんと用意して待っててくだされ!!
  .|  r、_,ィェ、_,ゝ  .:::::|
   \  `ー'´  .::::/
   /`ー‐--‐‐―´\

こうして決死の撤退戦が開始されたのだった。

919 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:45:14 ID:98za3AI2


    逃げるんだおぉぉぉぉ!!                     /              /
                      ,   / ,i′            ./               ./
                      ,. /   / .,/.,,/  / .,. /. / . ,./            ./
                  ,i   ./ . /  ./  '".シ  ./ .,/. / / /  ./  .,    /
              / .,i"./ . ヾ  ゛   ‘         .‘ .ノ /   ./  ././  ./
              / / /  _,,,............-----.-  ...,,,_      '"  .'゙  ./ /  / 、
             l.! /.jレ`-"             ´"'-..,,,      ./ ./ .,ー  /   .,i
            l /               /    `''‐、、    .'"  ,│ ./ .〟 ,i"..
            i!./ ,.             /         `''-、   ‘  /.ノ/ ./ ./
           i./ . /  .,i'   /       ./    /    /. /`'-、   .゛ !./ ,ノンノ゙
           /゛ ./ , /    /      ./  /{/   // /    \    l_/ノ゙./  /
            ノノ./  ,./      //{/    / // /    /  .ヽ   "゛,i′ン./
          -   / ,ノ./    /.//{.     / / ./ /    /     .''、   / .,/./ .r./
          }    ノ./  .../. /{    / /  /  /    /       .′ .,ノ/゛.,//  .,
           !    .′///{.     / /   /  /    /         .'、  .,i'./  ,./
           l   /{ _ノ/    / /   /   /    /    .、      .l ゛" ./
             /{/      _, ⌒ヽ ⌒ヽ   /.  /     / . /  / .、     、│  ./ ./,
      ∧/{/  ___  /入  人    /.   /     /./ / ./ /      /  l  : .r'./
      l       /ノ ゝ、 _\/  ,.     /ヾ   /    /ノ./ ,, / / ./ / / .ii'゙..| ,//
     イ     (○ )}liil{(○ )  \/   / / /     ,/,i"'"./ ."./ / ./  'ソ¨.゙./ .`"
      )  /  (__人__)     \  / /  /    ,.i'./  .ヾ  / . " ."    ./ . /
     そ   l   |l!il!il!i|      l. ´ /  _/    / ゛     .゛        /
     く    ゝ  . lエエエ.l      /__/  (      /                 _.."
     )    ヽ_____ /    ( ̄       / _、        _,,,.. -‐″
     ヽ                ( ̄            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

宣言通りに、やる夫は僅かな馬廻と松永久秀を連れて脱兎の如く逃げ出した。
久秀を一緒に連れて行ったのは、万が一にも久秀に長政等と連動した動きをとらせない為である。

途中、朽木谷の朽木氏の領地を通る際に一悶着有るかと思われたが、
やる夫や久秀の説得と、何より浅井との関係が薄かったのが功をそし無事に通過。
30日の夜11時ごろにやっとの思いで京に帰ったのであった。
その時の供はたった十名ほどであったと云われる。

920 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:45:53 ID:98za3AI2


一方、秀吉や光秀の方は、
朝倉軍と浅井軍の動きの鈍さが幸いした。

  /\___/\
/ /    ヽ ::: \ ……敵ながら、何でこんなにドン臭いかねぇ?
| (●), 、(●)、 |
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  これじゃ、みすみす逃げてくださいって言ってる様なモンじゃないの。
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
\  `ニニ´  .:::/  ……ま、こっちは助かるけどさ。
/`ー‐--‐‐―´´\

朝倉軍がやっと追撃を開始した時には、
殆どの部隊の撤退が完了しており、秀吉や光秀も池田勝正と一緒に撤退を始めていた頃であった。


       /;;;;;;;;;;;;;\
      /\;;::::::::::::::::::ヘ
      /,,;;;;;;\.;;;;;;;;;;;;::./;ヽ
      L::;;,__ ヽ、::..ノ;. ..:::ゝ__
     //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;|l
     |l l;;;;;;;;;;;;;:::::::::...   ...:::::::;;;;;;|l   
    〔l lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〕
    /j/   u    u    u ヾ、  ……荷駄を捨てないで撤退してたら追いつかれちゃった……
     l::||::::              |l
     |::||:::::::..  (●)     (●) u|| 
    |::||::::::u:::::::  \___/    ||
    ヽ\:::::::::::::::.  \/    ,ノ 
     /\ ̄`ー―---oo-――'"ヽ  
      徳川家康(三河の大名)

途中、最前線から撤退していた徳川軍とも合流。
この辺りから追撃軍に何度か追いつかれはしたものの、大事には至ることなく秀吉も光秀も無事に京都に到着した。
これが世に云う「金ヶ崎の退き口」である。

921 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:46:36 ID:98za3AI2


~京都・やる夫の仮屋敷~

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;) さてさて……困った事になったな……
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\  マジで困ったお……
/    (ー)  (ー) \
|       (__人__)    |  浅井だけでも頭が痛いのに、
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |    この機に乗じて、追っ払った筈の六角も息を吹き返して
.\ “  /__|  |
  \ /___ /     琵琶湖付近まで出張ってきたらしいお。

922 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:47:10 ID:98za3AI2


      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/   ……早く手を打たんと、
    | u (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l     岐阜と京の通路すら断たれかねんだろ。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /       下手すりゃ、このままじゃ孤立しちまうぞ?
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  解っているお……
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|    だから、まずは守山に稲葉良通を派遣したお。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |      六角から琵琶湖周辺を守りきってくれる事を祈るばかりだお。
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

923 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:47:47 ID:98za3AI2


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ●)(●  ) ;;;;)  それにしても長政がなぁ……
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´   朝倉攻めで何か一悶着有るかとは思っていたが、
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´      まさかここまで露骨に裏切るとは思わなかっただろ。
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (●)  (● /;;/  ……お市から手紙が来たお。
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/    浅井家の動向に関する情報は何も書いてなかったけど
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |      お市が聞いた長政の真意が書いてあったお。
  \ /___ /

924 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:48:17 ID:98za3AI2


        ____
       /    \  ……結局、長政はやる夫の力が信じられなかったんだお。
.    /          \
.  /    ―   ー  \  中にも外にも敵だらけのやる夫に、
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /  浅井家の命運を託せなかったという事らしいお。
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ ……それから、それを義昭が吹き込んだらしい事も書いてあったお……


            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \
        (○)(○ )   |  あの将軍さまがか!
.       (__人__)   u  .|
.        ヽ`⌒ ´    |  ……そんな事が出来るような
        {       /
        lヽ、  ,ィ'.) ./   オツムを持ってるようにも見えなかったが……
        j .}ン// ヽ
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |

925 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:48:45 ID:98za3AI2


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \  やる夫もそう思っていたお。
 /    ─   ─ ヽ
 | u   (ー)  (ー) |  ……その油断が今回の事を招いたんだお……
 \  ∩(__人/777/
  /  (丶_//// \  ……何時もながら、自分の見当違いが嫌になるお。


       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (ー)(ー )   |  ……やる夫、そう自分を責めるな。
    (__人__)     |
    (          |  お前はよくやってるよ。
.    {          |     ……それに、お前だって人間なんだ。
    ⊂ ヽ∩     く   
     | '、_ \ /  )   全ての事が正確になんて、解る筈が無いんだよ。
     |  |_\  “ ./   
     ヽ、 __\_/      それよりも、起こった事に的確に対応する方が大事だろ?

926 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:49:19 ID:98za3AI2


          ___
         /     \ ……そうだお。
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \ 泣き言なんていってる場合じゃなかったお。
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/   おし!どうにかこの状況も切り抜けてみせるお!!
      ノ          \


        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \  その意気だろ。
     . ( (⌒ )    |
     . (人__)      |  その決して諦めない姿勢がお前の一番の長所なんだからな。
     r-ヽ         |
     (三) |        |  ……しょうがないから、オレも全力でサポートするだろ。
     > ノ       /
    /  / ヽ     /     ……側近的に考えて。
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|

927 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:49:45 ID:98za3AI2


::::: :: :  .                   ... .::::: :... .
 .:::: .. . .... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. :...
... ...    ..::     . .. . ..
 .:::: .. . .... .. ..   . ...  ...    ..:           . .. . .. ..   . .. ..     . ...
 ...    ..::   . .. . .. ... .. ..    . ... ...    ..::   . .. . ..
 .:::: .. . .... .. ..   . ... ...    ..::   . .. .     .. ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..   . ... ...
... ...    ..::     . .. . ..
 .:::: .. . .... .. ..   . ...  ...      ...    .  .::   . .. . .. .    . .. ..   . ..    . ...    ..::      . .. . ..
゙`,:`:,`,:`'
'' ;~'',;''゚ ;~'',;'  ',;;~,;''゚ ;~`゙  ...    ..::   . .. . .. ... ..    ..   . ... ...    ..::   . .. . ..
`:、 ゙''、,, ヽレ'``'.、レ',ィ!ゞヾゞYゞ                          ,,,,.ィ;;wリ゙W゛jリwj
":;;;wリ゙W゛jリwj从リj  从 MwM 从 ゙''、,,_.,.__,..,._,.,_.,...,_..,._,.__,..,._,.,_.,,,,-‐'゛wj从 W:;,':,:;.,:;.:从wW从リj
 从 wwリ゙W゛jリwj,、,、,、从リj"W゙リw;yノw''"                 ゙''、,,゛jリwj从リj  :;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`
wMwM 从;: `:、 ゙''、,, ``'.、 ,:`:,,,,‐'゛' ~    ~    '' ゚   ;~ ,;    wwリ゙W゛jリwj,、,、,、从リj",:.:.、;:...:;;wリ゙W゛jリwj.:,:.:.
 `:、,, `wリ゙W゛jリwj从リj`'.、 ,:                          `゙''、:::.. リwj,、,、,、从リj"::::::
 ''wリ゙.,.,.,.,..wj从リj`'.、 ,:,-‐'゛         '    ,.;    ~' ',;   ''"'     `:、 ゙''、,,'.、゛jリwj从リj `:、 ;;wリ゙W゛jリwj ,:`:、
 '' ;~'',;''',;' jリw j ;: ー''' "゙゙     ''"' ,,;            ~              ``'‐.、 :;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`
W゛jリ wj 从,,,,;~'',;''゚                  "        ~' '  ,;''        ~'ー:;.:;;wリ゙W゛jリwj".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.

こうして、すぐ目の前まで迫ったと思われたやる夫の天下は、
再びやる夫から遠ざかったのである。
そして、やる夫の危機的状況はまだまだ始まったばかりであった……

第10話 完

928 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:50:14 ID:98za3AI2

CAST

織田信長・・・・・・やる夫

一雲斎針阿弥・・・・・・やらない夫

お市・・・・・・やる実

丹羽長秀・・・・・・ちゅるやさん(涼宮ハルヒ)

明智光秀・・・・・・ダディ

木下秀吉・・・・・・坪内地丹(かってに改造)

森可隆・・・・・・成実ゆい(らきすた)

森勝蔵・・・・・・泉こなた(らきすた)

松井有閑・・・・・・周瑜(園田三国志)

前田利益・・・・・・スティー○ン・セ○ール

徳川家康・・・・・・山下大ちゃん

足利義昭・・・・・・ファーザー(神聖モテモテ王国)

細川藤孝・・・・・・ジョルジュ長岡

浅井長政・・・・・・伊織順平(ペルソナ3)

ルイス・フロイス・・・・・・don't夫

929 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/25(水) 21:52:36 ID:98za3AI2

ということで、本日分の投下の終了になります。

見ていただいている方、誠にありがとうございます。

次回も明日の同じ時間を予定しておりますです。

今日でちょうど全体の半分終わりましたので、
後半分、よろしければお付き合いくだされば幸いですw

.
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

カウンター