記事一覧

やる夫が天下布武を目指すようです 第十一話 「姉川の合戦」

第十一話 「姉川の合戦」
953 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 20:58:48 ID:24pGZ/vY

第十一話 「姉川の合戦」

その日、六角軍の急襲に対応して守山に派遣していた稲葉良通が
見事に六角軍を撃破し琵琶湖沿岸の地を確保する事に成功したとの報が入った。

~将軍御所~

           ____
         /      \  ……ということで、近江の再平定の為に京を留守にしますお。
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \  その間に、もしも義昭様が攻撃されるような事が有れば、すぐに戻りますので。
      |     (__人__)   |    
       \     ` ⌒´   ,/    
      ノ      ー‐   \   
    織田信長(通称:やる夫)

954 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 20:59:30 ID:24pGZ/vY


   / ̄ >─ ̄ ̄-─ 、       ⊂二二⊃
   | ─ ̄         \
  /        ,──、 \   ⊂二二二⊃ ∩__
 /        /    \  \       ⊂二 __ \
.|       /  / ̄> |   \         | | ∠/   それはご愁傷様なんじゃよ?
|     ─ ̄  / /,-、 \   \       ∪∩ ∩
|─ ̄ ̄    / /∠-'/   \  >─ ̄/ ̄─、 | |  | |   ……なぁ~に、やる夫殿お力なら、
|__      ∨ / / /     V  |  l   / ∪ | |       この程度すぐに元通りに出来る筈だにゃ。
|_   ̄`、      ̄ /      |   l  \/   / /   
.|  ̄二二      ̄ ̄        \  \/    / /
 | /-'/               / \/\     ̄    (くくくっ……ワシの力を思い知ったろうて。
  `, ̄  /   |     ̄──、  /      \               ……しかし、本番はこれからなんじゃよ)
   \─'   /          \ \     \        
  /| \   λ_ <     / ̄ ̄\ \     \
. _ |  | \  l      /   / \ \    \
/ |  |  \ |___/   ─ '   / l       \
|  |  |  | \ \_ _─ ̄   _/ |        \
.|  |  |  | \ \| \__ ─ ̄  _/         \_
.|  |  |  |   \ \    _─-          ─ ̄  \
 |  |  |  |  | \ \_/          ─ ̄\ \
 |  |  |  |  |   \           ─ ̄     \
  |  |  |  |  |  | \       / /|       |
  |  |  |  |  |   |  \___/ //      /
  |  |  |  |  |   |       \|/ />
        足利義昭(室町幕府15代将軍)

955 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 20:59:59 ID:24pGZ/vY


           ____   
         /       \ ……
        /   ─   ― ヽ  (今、義昭をどうにかする事は出来んお。
      /    ( ー)  ( ー)'
      |        (__人__)   |  今の苦境の原因は、長政に働きかけたコイツのせいだけど、
      \       ` ⌒´  ,/         やる夫の行動に正当性を与えてるのもコイツだお)
      /      ー‐   ヽ   


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \ (それに諸大名たちの反発は、いずれは起きた事……
 /    ─   ─ ヽ
 |    (ー)  (ー) |  それが顕著化するのが、少し早まっただけのことだお。
 \  ∩(__人/777/           まずは目の前の事に対処していくお……)
  /  (丶_//// \  

こうして、やる夫は京都を立った。
その際に勅使の山科言継に、皇居の修理は奉行に続行を命じた事を伝えるのも忘れはしなかった。

956 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:00:27 ID:24pGZ/vY


____________________________
             ノ                  \
            ノ               /~\   ̄~‐,
           ノ              /    |  ,   ノ
          (    琵琶湖       ‐,~ノ\ ~‐,_ _ノ
           |      (下部)         ノ
           ‐,      ,‐~~`´~`´~`´~`´~`´
           ‐,    ,‐~            ●長光寺
           ‐,    ~‐,     ×乙窪
           ノ     ~‐,
          ノ       ノ      ●永原
          ノ      ノ 
   宇佐山●ノ      ‐,
         \      ,|
           ~‐,   ノ
             ~‐,,,|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

5月12日、やる夫は永原に到着。
ここでやる夫は、京都から岐阜の通路の確保の為に琵琶湖南岸に沿って部将を配置した。

先立って宇佐山城に入れた森可成をはじめ、永原城に佐久間信盛、長光寺に柴田勝家、
安土城に中川重政を置いたのであった。

957 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:01:01 ID:24pGZ/vY


そうしてやる夫自身は21日に岐阜城に帰ったのだが
その途中、佐々木丞禎が杉谷善住坊にやる夫を狙撃させるという暗殺未遂が起こる。


        .____
     ;/   ノ( \;  
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;  あんのクソガキャァ……絶っ対に許さんお!!
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;  
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;

幸い、玉はやる夫の服に穴を開けただけで済んだのだが、
この時に芽生えた佐々木丞禎に対する激しい怒りが、
後に彼と関わりを持ってしまった人間の運命を左右してしまう事になるのであった。

958 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:01:33 ID:24pGZ/vY


      オーリャー      ____ ─────         ―=ニ
                ___   _ - ──── - 、  ──
       ∩___∩        /:::::::ヾ           ヽ
       |       ヽ      /:::::::::::::::::::、           、   六角なんて一撃クマ!
       /  >   < |     ,::::::::::::::::::::::::i            i
 三_  彡   (_ ●_) ミ  ̄ / |::::::::::::::::::::::::|            |
───   二  |∪|二 三 /  |:::::::::::::::::::::::::|            |
 __ =   三 二_  (_(__ !:::::::::::::::::::::::::!           i
      ────     二─  |:::::::::::::::::::::::|           ,
       |     ────    !::::::::::::::::::::/           /
       |  /\ \二二二   ヾ、_:::/          /
 ───  .| /  二二 )           ─ ------ ─ '
       ∪   (  \     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ────
     佐久間信盛(やる夫の重臣)

6月、再び息を吹き返した六角氏が草津方面に出長してきたが、
柴田勝家・佐久間信盛が連携してこれに立ち向かった。

4日、野洲川北岸の乙窪周辺で両軍は激突。
戦いは柴田・佐久間の勝利に終わり、
六角勢は三雲・高野瀬といった重臣をはじめ780もの兵を討たれた。
六角軍はそのまま南へと逃げていったのであった。

959 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:02:15 ID:24pGZ/vY


岐阜に戻ったやる夫のもとに朗報が届いた。


           ____
         /      \  なに!?
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \  堀秀村と樋口直房が投降して来たのかお!
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  堀に樋口といえば近江坂田郡に広く勢力を張った有力国人だ。
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)  堀と樋口が寝返ってくれるなら浅井の防衛線の最前線が崩れた事になる。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃  ……好機だな、やる夫。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │   
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /
 一雲斎針阿弥(通称:やらない夫)

960 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:02:55 ID:24pGZ/vY


         ___
       /     \  
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \  よし!さっそく出陣だお!!
     |       (__人__)   |
      \      |r┬-|  ,/  ……三河の徳川殿にも連絡を取って
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i  この雪辱戦に参陣して貰うお!
       ̄`ヽ        | l

6月19日にやる夫は岐阜を20000近くの軍勢で出陣。

961 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:03:25 ID:24pGZ/vY


__________________________________________
                              |\
                        / ̄(  (  ~‐,
                   ノヽ  ノ    (  |   ‐,
                  ノ  (_)     \|  _‐,      ●小谷
                 ノ              ~‐,
                 |     琵琶湖       ~‐    ●虎御前
                 ヽ      (上部)      ~‐,         三田村 野村
                 ノ                  ~‐,          ● ●   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                 |                    ~‐    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,::  (姉川)
                 ‐,                    ~ ̄~‐       ●横山
                   ̄~‐,                    ‐,
                     ~‐,                   ~,
                       ‐,                  ‐ 
                      /                  ノ
                     ノ                   ノ
                    ノ´                  ノ
                 ( ̄                   ノ
                 _ )                  ノ
                ノ                  ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

長比砦で軍勢を整えたやる夫は21日に一気に浅井氏の居城である
小谷城の近くまで進軍し、小谷の南方2kmの虎御前山に着陣。

まずは森可成と坂井政尚に命じて小谷城下一帯を焼き払った。
そして、柴田・佐久間に小谷城近辺を放火させもしたのだが
長政は城に篭り、打って出てくる気配はなかった。

962 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:04:11 ID:24pGZ/vY


~小谷城前~

                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ
ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ

         ____
        /― ― \    しかし、また堅固な山城だお……
      /(●)  (●) \
     /し  (__人__)     \  こりゃ力攻めで攻めても短期間で落とすのは無理そうだお……
      |    ` ⌒´  u    |
      \           /   かといって、放火で挑発しても出てこないし……どうしたもんかお……
        /         \
       |   ・    ・     ) 
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ

963 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:04:44 ID:24pGZ/vY


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/  米  ヽハ  、 ヽ  ホントどうしますにょろ?
         〃 {_{/    \リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|   いっそ兵糧攻めに切り替るにょろ?
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
         丹羽長秀(やる夫の重臣)


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \  兵糧攻めはともかく、長期戦は覚悟した方が良さそうだお。
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |  ……そうと決まれば、まずは足場固めだお。
 \  ∩(__人/777/
  /  (丶_//// \ 

こうして、やる夫は一旦小谷攻めを取りやめ、
代わりに小谷の南に約9kmの位置にある横山城を新たな目標と定めた。

964 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:05:14 ID:24pGZ/vY


22日、やる夫は小谷城からの退却を開始するも、
浅井勢がそれを見逃すはずも無く、
後ろを見せる織田軍に追撃をかけてきたのであった。


      _,,..,,,,_   _,,..,,,,_
   _,,..,,,_/ ・ω・ヽ/・ω・ ヽ,..,,,,_
  ./ ・ω_,,..,,,,_  l _,,..,,,,_/ω・ ヽ  いいか、みんな!10万パワーずつだ!
 |   /   ・ヽ /・   ヽ    l
  `'ー--l      ll      l---‐´
     `'ー---‐´`'ー---‐´

この時、馬廻の簗田広正・佐々成政・中条家忠が殿を任せられたのだが
成政の順番が来た時に、成政と親しかった大勢の馬廻が本陣を抜け出し助けに行ったのである。
戦闘は激しいものとなったが、応援の馬廻の助けもあり、どうにか押し返す。

965 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:05:41 ID:24pGZ/vY


          ;' ':;,,     ,;'':;,
         ;'   ':;,.,.,.,.,.,,,;'  ';,
        ,:'           : :、
       ,:' \  ,,. 、./  ノ( ::::::::', み、みんな……ありがとう!
       :'  ○     ○ ⌒   :::::i.
       i  ''' (_人_) U'''' *   :::::i ……だってオレ、馬廻だもの……
        :    {+ + +}      :::::i
       `:,、   ̄ ̄      ::::::::: /    
        ,:'        : ::::::::::::`:、
        ,:'         : : ::::::::::`:、
      佐々成政(やる夫の馬廻)

再び交替した中条も苦戦し負傷をするものの、ついに敵を振り切ることに成功。
この戦いは、彼等の友情と団結心の勝利ともいえる戦いであった。

966 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:06:40 ID:24pGZ/vY


      γ⌒) ))
      / ⊃__
   〃/ / \  /\
  γ⌒)( ●)  (●) \ ∩⌒) 攻撃開始だお!
 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ  
(  <|  |   |r┬(    / / ))
( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
               / /

24日、無事に移動できたやる夫は横山城の攻撃を開始。


             _,;-"__l⌒l_゛'‐-;,
           /  (___  ___)  ヽ
           ./     ノ 人 ヽ    ヽ            
    __    ./    //  ヽ ヽ    .ヽ   / ̄\
  ./ ○ ヽ、 /    (__)   (_)    ヽ/  ○  \   やる夫殿!今回も助けに来たよ!
/      \,,,--―――''''''''''''''''''''――-/        ヽ
..⌒‐-,,,,_  /:/ヽー―――-、,,__,,,,-―――:||  _,,;-‐''"⌒~~~   勿論、来た以上は先陣はボクたちがきるからね!
     .ヽ/::||::::::::::   (●)    (●)   ||/ヽ
      く ::||:::::::::::::::::   \___/    ||:::::::::ヽ
       ヽヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ_/
      徳川家康(三河の大名・やる夫の同盟者)

この時、ようやく徳川家康の援軍5000が合流した。
だが、同時期に浅井側にも朝倉景健の援軍8000が到着。
この援軍を得て、浅井長政は6000の兵とともに小谷城を出陣。
朝倉軍と合流後、横山城の後巻きの為に大依山まで進んだ。

967 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:07:07 ID:24pGZ/vY


         ___
       /     \
      /   \ , , /\   おし!浅井勢が穴倉から出て来たお!
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |  全軍!迎撃態勢をとるお!!
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l

この動きを察知したやる夫は、横山城攻撃を一時中断。
徳川を先陣にして主力を北に向け迎撃態勢をとった。

そうして27日の夜、浅井・朝倉軍は南へと動く。
浅井軍は野村に着陣、朝倉軍はそれに引きずれられる形で三田村に着陣した。

968 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:07:34 ID:24pGZ/vY


~その夜・徳川本陣~


       /;;;;;;;;;;;;;\
      /\;;::::::::::::::::::ヘ
      /,,;;;;;;\.;;;;;;;;;;;;::./;ヽ     ……
      L::;;,__ ヽ、::..ノ;. ..:::ゝ__
     //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;|l  (……張り切って先陣を志願したけど、
     |l l;;;;;;;;;;;;;:::::::::...   ...:::::::;;;;;;|l         朝倉が三田村に着陣するとはね……
    〔l lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〕    
    /j/               ヾ、  これじゃ、明日の戦は位置関係からして
     l::||::::  /           |l    兵の多い朝倉の相手はボクたちじゃないか。
     |::||:::::::..  (●)     (●)  ||
    |::||:::::::::::::   \___/     ||       ……こりゃチョット損したかなぁ……)
    ヽ\:::::::::::::::.  \/    ,ノ
     /\ ̄`ー―---oo-――'"ヽ

969 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:08:10 ID:24pGZ/vY


       ,/~:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       :l::::::::::::ノ)ヾ:::::::::::::::::l
~" ̄ ̄"-─-っ    ``ー:::::::{
   ヽ- ゝニニニつ      {::::}  ……殿。
""" ̄ヾ、 ゝニニニフ ,,_____ {:::j
ヽ、_ 〃⌒)イ'',ニ。=ヽ ,=。ニ、 Y  
   `""~~)`| ´ ̄ ´: :i:` ̄`:|!,}
.       {│. ´ ,:::  l   |,.j   
       `|    `- '    |  
         l 、  ー三=-  :!       
        i ヽ  ""   / l
        l   ヽ、___,. /  |
      石川数正(徳川の重臣)


       /;;;;;;;;;;;;;\
      /\;;::::::::::::::::::ヘ
      /,,;;;;;;\.;;;;;;;;;;;;::./;ヽ
      L::;;,__ ヽ、::..ノ;. ..:::ゝ__
     //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;|l  
     |l l;;;;;;;;;;;;;:::::::::...   ...:::::::;;;;;;|l
    〔l lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〕   ん?……数正、どうしたんだい?
    /j/               ヾ、
     l::||::::              |l 
     |::||:::::::..  (●)     (●)  || 
    |::||:::::::::::::   \___/     ||
    ヽ\:::::::::::::::.  \/    ,ノ 
     /\ ̄`ー―---oo-――'"ヽ

970 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:08:44 ID:24pGZ/vY


       ,/~:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       :l::::::::::::ノ)ヾ:::::::::::::::::l
~" ̄ ̄"-─-っ    ``ー:::::::{
   ヽ- ゝニニニつ      {::::}    ……殿、いまさらですが、
""" ̄ヾ、 ゝニニニフ ,,_____ {:::j         織田殿にお味方して本当によかったのですか?
ヽ、_ 〃⌒)イ'',ニ。=ヽ ,=。ニ、 Y    
   `""~~)`| ´ ̄ ´: :i:` ̄`:|!,}     ……将軍様からの御内書、殿に副将軍の地位までお約束になられておりました。
.       {│. ´ ,:::  l   |,.j     
       `|    `- '    |       ……織田殿は本当にこの状況を乗り切れるのでしょうか?
         l 、  ー三=-  :!       
        i ヽ  ""   / l
        l   ヽ、___,. /  |


       /;;;;;;;;;;;;;\
      /\;;::::::::::::::::::ヘ
      /,,;;;;;;\.;;;;;;;;;;;;::./;ヽ
      L::;;,__ ヽ、::..ノ;. ..:::ゝ__
     //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;|l  
     |l l;;;;;;;;;;;;;:::::::::...   ...:::::::;;;;;;|l
    〔l lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〕   ……数正!二度とそんな事は言うんじゃない!
    /j/               ヾ、
     l::||::::   \      /  |l   徳川は如何なる時も、やる夫殿の同盟者である!
     |::||:::::::..  (●)     (●)  || 
    |::||:::::::::::::   \___/     ||   この家康にその信義を裏切れなどとは不埒千万だよ!!
    ヽ\:::::::::::::::.  \/    ,ノ 
     /\ ̄`ー―---oo-――'"ヽ

971 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:09:15 ID:24pGZ/vY


       ,/~:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       :l::::::::::::ノ)ヾ:::::::::::::::::l
~" ̄ ̄"-─-っ    ``ー:::::::{
   ヽ- ゝニニニつ      {::::}  ……これは失礼いたしました。
""" ̄ヾ、 ゝニニニフ ,,_____ {:::j
ヽ、_ 〃⌒)イ'',ニ。=ヽ ,=。ニ、 Y   出過ぎた言、申し訳ありませぬ。
   `""~~)`| ´ ̄ ´: :i:` ̄`:|!,}
.       {│. ´ ,:::  l   |,.j   
       `|    `- '  u |  
         l 、  ー三=-  :!       
        i ヽ  ""   / l
        l   ヽ、___,. /  |


       /;;;;;;;;;;;;;\
      /\;;::::::::::::::::::ヘ
      /,,;;;;;;\.;;;;;;;;;;;;::./;ヽ
      L::;;,__ ヽ、::..ノ;. ..:::ゝ__
     //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;|l   ……うん、解ってくれればいいのさ。
     |l l;;;;;;;;;;;;;:::::::::...   ...:::::::;;;;;;|l
    〔l lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〕   (あのやる夫殿が、この程度の苦境で潰れるなんて絶対に有り得ないんだよ。
    /j/               ヾ、   ……アレはみんなが思ってるよりも、もっともっと強くて恐ろしい……
     l::||::::              |l        数正も直に見ておいてそれが解らないとはね)
     |::||:::::::..  (ー)     (ー)  || 
    |::||:::::::::::::   \___/     ||    
    ヽ\:::::::::::::::.  \/    ,ノ 
     /\ ̄`ー―---oo-――'"ヽ

972 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:09:41 ID:24pGZ/vY


28日、夜が明けると両軍は川を挟んで向かい合う形になった。
こうなれば、後は遭遇戦しか選択肢は無い。

こうして世に云う「姉川の合戦」が幕を開けた。


           _,;-"__l⌒l_゛'‐-;,
           /  (___  ___)  ヽ
           ./     ノ 人 ヽ    ヽ   
    __    ./    //  ヽ ヽ    .ヽ   / ̄\
  ./ ○ ヽ、 /    (__)   (_)    ヽ/  ○  \
/      \,,,-―――''''''''''''''''''''―――-/        ヽ
..⌒‐-,,,,_  /:/ヽー――-、,,__,,,,-――――:||  _,,;-‐''"⌒~~~
     .ヽ/:/ ̄\ (●)    (●)    ||/ヽ     先鋒は数正……じゃなくて忠勝!!
      r┤    ト::::: \___/      ||:::::::::ヽ
     /  \_/ ヽ:::.  \/      ノ_/
      |   _( ̄ l
      |   _)_ノ
     ヽ____)ノ

まずは徳川軍が真向かいに布陣している朝倉軍に襲い掛かった。

973 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:10:08 ID:24pGZ/vY


その東方位置では、浅井軍が織田軍に突進を開始。

                      ___
i―――、  i――--、 / // _,, i''""   ̄ `-、_
`二二二_  `二二二_ .〔/ //   i.      ゞ,ツi!)ヽ
`ーl l―'   `ーl l―'   /::!    !:.   __,,,, `ー"___!、
 .ノ |     .ノ |    /  ,ィ   .i!r、"        `ー--、
 `ー"     `ー"    7_//../:::::::! ` - 、____,,--''"i!''" ̄"\
   n     | ̄|       /.:::::::::::::/   ⌒,,ヾ`   r- !::::::::::::::::ノ
   ll     |  |_/|   /::::/ー;;;;! ゛'\,,,,0ゝ-j,r'ゝ1/' ̄ ̄ ̄
   ll     |  " /  ./::::::! !ィ i:::!  ゛゛゛゛ -二 ,.゛ヽ、
   l|      `ー'    {ヾ:::::\,` i!   /゛ ̄゛ヽ ー'"
   |l    r, くノ /ゝ    ̄フrソ     r' f_-r',-,..二'',!'
   ll      //    / { ' ノ   i'`! /    〈/ /
   l|      `-'     >  ソ`'     ;:! !     i {
   |l    i―――、   \ l   l    ;.| !      .| !
   ll    `二二二_  トー-.   !.   ::i ! ,. -、,...、| :l
   ll    `ーl l―'  |\/    l    ;:i   i  i| :l
   |l     .ノ |   iヾ  l  __l   ;:7,  {  j {
   l|     `ー"   {   |' ̄ ̄"i!ゝ  ;: `''''ー‐-' }--、
. n. n. n r, くノ /ゝ  l  |    .\\ ヽ、__    ノ/ ̄\
  |!  |!  |!   //   l  |        \`ー-`ニ''ブ! /_\
  o  o  o   `-' ,へ l /\     //i| `  ´ / ./   `"
               /  "/::::::::`ー--//ー-;;_  ヾ ̄i!、___
             浅井長政(近江の大名・やる夫の妹婿)

是が非でも、この戦いでやる夫を討ち取りたい浅井勢の士気は高く
自軍の実に4倍近い織田勢に対してかなりの善戦を見せた。

974 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:10:42 ID:24pGZ/vY


           ,ィ´ ̄ ̄ ̄``ヽ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        厶 -…ー─‐--、:::::::::::|
      ∠___,ィ´ ̄ ̄ ̄`ヽ、\_} ……やっぱ気合だけじゃ勝てねぇわ……
          ( ;:;:;:;:;ノ    、( ;:;:;:||||
          |     )、_, >ヽ、,, .::::|
          |   `-=ニ=- '  .:::::::|
        / \  `ニニ´  .:::/
        / / |\`ー||||||||/―´´
        / /__|  \/ / | |
       ヽ、//////) /  | |
        /  ̄ ̄ /   | |
     ____,/  )--- ヽ   ヽ つ
    ⊂---― 'ー----'

しかし、それも長くは続かず、結局、長政の軍が崩れるまでにそう時間はかからなかった。
浅井軍の劣勢を見て朝倉軍も崩れ始め、双方とも北国脇往還を北へ向かって退却していった。
その際に、多くの兵士が討たれ、浅井・朝倉両軍の戦死者は数千人規模であったと云われた程だった。

976 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:11:24 ID:24pGZ/vY


             _,;-"__l⌒l_゛'‐-;,
           /  (___  ___)  ヽ
           ./     ノ 人 ヽ    ヽ            
    __    ./    //  ヽ ヽ    .ヽ   / ̄\
  ./ ○ ヽ、 /    (__)   (_)    ヽ/  ○  \    やったね!やる夫殿!敵は総崩れだよ!
/      \,,,--―――''''''''''''''''''''――-/        ヽ
..⌒‐-,,,,_  /:/ヽー―――-、,,__,,,,-―――:||  _,,;-‐''"⌒~~~    浅井はまた小谷城に引っ込んだみたいだけど、
     .ヽ/::||::::::::::   (●)    (●)   ||/ヽ           一気に城攻めまでいくのかい?
      く ::||:::::::::::::::::   \___/    ||:::::::::ヽ         
       ヽヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ_/


     ____    
   /      \    ……いや、今この勢いに乗じてで小谷城を攻めても
  /  ─    ─\     容易に落とせるとは思えんお。
/    (ー)  (ー) \   
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /   ……浅井・朝倉に打撃を与えることは成功したし、
(  \ / _ノ |  |       ならば、当初の作戦通り足場固めを優先させるお
.\ “  /__|  |     
  \ /___ /

織田・徳川軍は逃げる敵を小谷城付近まで追撃し大損害を与えたが、深追いはせず、
再び横山城を包囲。援軍を失った横山城は無血開場し、城兵は退去した。

977 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:11:59 ID:24pGZ/vY


          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/  米  \ハヘ      包囲戦だにょろ!
       |i │ l |リ\     /}_}ハ
        |i | 从 ●    ● l小N     近隣のスモチというスモチを買い上げ
       |i (|ミ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ   ミ      敵を干上がらせるんだにょろ!!
       | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)   
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
       | ∧ 人l||l,三|:::::/l| |l||l 从
       |  l ( ⌒ ):::V::/ | ( ⌒ )

開場させた横山城には木下秀吉を置き、江北に対する前線基地とした一方、
さらに南方の佐和山城を丹羽長秀たちの軍に包囲させ、翌年2月に開場させるのである。
また、浅井の名将・磯野員昌も、佐和山城開城の結果人質であった老母を浅井側に斬られたために、
この時に織田に投降したのであった。

こうして、一時は京都と岐阜の通路の確保すら危うい状況から、一気に事態を好転させたのである。
しかし、姉川の戦いに勝利したとはいえ、浅井・朝倉ともにまだ決定的なダメージを負った訳ではなく
彼等との戦いは、この後3年ほど続くのであった。

978 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:12:36 ID:24pGZ/vY


~その日の夜・やる夫の陣~

       ____
     /_ノ   ヽ_\  いやぁ~勝った勝った!
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ 目出度いから、まぁ飲むお!
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /


                  ____
           _,..-‐'":: ̄ ̄:.:.:.:.:.:`ヽ、
        ,.ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ヘ
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.::.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ   
     ,ィ´:.:.:.:.:.:/:.:.:./.:.:.:/:.:/|:.:.:|_:_:.:.:.:.:ハ::.:|
     〃:.:.:.:.:::/:__:.;ハ:.:..:|:;/ゞ彡|"i:.:.:|、:.:.}:.:|   おっととと……これはかたじけない。
      /:.:.i::.:.:::j::ヾ/ゞ|:.:.:|'  |::/ |:.:..|::∨:.:|
    j;/|:.:.::::|:.:/  |:.:/  ミニニシ'|:.:.:|;/ヽ::|   ……しかし、やる夫様とこうやってサシで飲むのも、尾張以来ですかな?
      |:.::i:::|;/彡,"/`  `   ・,'|:.:.|、_ソ:|
      j;/|::::;ハ  ヽ '      ∨::.:.:.::リ    私が織田家に来たばかりの頃は、よくこうやって杯をいただきましたものです。
        |;/ }   ,-:‐'ヽ   、/{:/ヽ;/
          ヽ、  ∨__,,ノ  ,/::{__
           }`)ヽ、`/,),,/: : `ハ_
           j } //: : :/:  / /"`ー-、_
          ノ '"´  ̄〉: :  ,/ /   ,   `>
       ,..-‐'"{     勹: -/ /   /   /\、_
         森可成(やる夫の重臣)

979 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:13:00 ID:24pGZ/vY


      ____
    /_ノ   ヽ_\  懐かしい話だお。
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\ 与三を斉藤家から引き抜いてから、もう20年以上になるのかお……
 |        ̄      |
 \               /  月日の流れは早いもんだお……。


                  ____
             _,.-‐::': ̄:.:.:.:.:.: ̄:.:`ヽ、
           ,.イ´.:.:. : : : ::.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.\
          /: : : : : : :.:.:.:ィ|:.:.:.:.:.:.:....: : : : : : : ハ  ……その20年の間、数え切れないほどの戦を一緒にしましたなぁ。
        /;/:.:./:.:./.;:.:.:/' |:.:.:.:.:|:./∨:.:.:|::.: : : :}
         '"/:.:.:./:.:.::|::.|::/、 |:.:.:.:::|:|  V::.:|i:.::.:.:.:|  斉藤家時代に敵対していた頃も合わせれば……
        j:.:.:.::|.:.:.::|:.:,|/ヾ_シ∨:.::|:jヽ彡|::|'|::.:.:.::|     ……いやはや、思えばお互い長い付き合いです。
        |∧::|:.:.::::|;/   _, ∨:.:|' ,,  |/ |::.:/::j   
          `|:.::::/:::}, ≡≡, iヽ:|、≡≡.|:/:;/
            |::;/〈 ト、 ´  |  ` `   r'´_,〉
            '"  `~l、     ``     ,/:7´
               |:::ヽ、 、,.ヘ ,   /::/
                 V:::::;ヽ、,,_,,,/:/∨
            ,.-─--,.ィ´{;〉   〈、::`ヽ-─-.、
           /´    i| :| λ-、 ,-} }     ハ

980 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:13:25 ID:24pGZ/vY


       ____
     /_ノ   ヽ_\  そうだお……そして、これからも与三には働いてもらわなきゃならんお。
   /( ●)( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ ……可隆の事は残念だったけど、勝蔵も居るし元気出すお。
  |     (  (      |
  \     `ー'      /  


           _,..-‐'":: ̄ ̄:.:.:.:.:.:`ヽ、
        ,.ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ヘ
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.::.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ  はっはっはっ、ご心配には及びません。
     ,ィ´:.:.:.:.:.:/:.:.:./.:.:.:/:.:/|:.:.:|_:_:.:.:.:.:ハ::.:|
     〃:.:.:.:.:::/:__:.;ハ:.:..:|:;/ゞ彡|"i:.:.:|、:.:.}:.:|  可隆も武士ですからな。戦場で死ぬなら本望でしたでしょうよ。
      /:.:.i::.:.:::j::ヾ/ゞ|:.:.:|'  |::/ |:.:..|::∨:.:|
    j;/|:.:.::::|:.:/  |:.:/  ミニニシ'|:.:.:|;/ヽ::|  それに、やる夫様の言うとおり勝蔵も居りますから。
      |:.::i:::|;/彡,"/`  `   ・,'|:.:.|、_ソ:|
      j;/|::::;ハ  ヽ '      ∨::.:.:.::リ  ……ただ、アレがやる夫様の寵愛をいい事に増長しないかだけが心配ですよ。
        |;/ }   ,-:‐'ヽ   、/{:/ヽ;/
          ヽ、  ∨__,,ノ  ,/::{__
           }`)ヽ、`/,),,/: : `ハ_
           j } //: : :/:  / /"`ー-、_
          ノ '"´  ̄〉: :  ,/ /   ,   `>

981 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:13:51 ID:24pGZ/vY


       ____
     /⌒  ⌒\ 大丈夫だお!
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  勝蔵は素直なイイ子で、やる夫の言うことも良く聞くし、
  |             |     奇妙丸の良き遊び相手にもなってくれてるお。
  \              /   


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\  ……それよりも、宇佐山の城を頼んだお。
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \  やる夫はこのまま岐阜に戻るけど、
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |    その後に浅井勢が攻め寄せてくるかもしれんお。
  . \ ヽ           /

982 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:14:17 ID:24pGZ/vY


                  ____
             _,.-‐::': ̄:.:.:.:.:.: ̄:.:`ヽ、
           ,.イ´.:.:. : : : ::.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.\
          /: : : : : : :.:.:.:ィ|:.:.:.:.:.:.:....: : : : : : : ハ  
        /;/:.:./:.:./.;:.:.:/' |:.:.:.:.:|:./∨:.:.:|::.: : : :}
         '"/:.:.:./:.:.::|::.|::/、 |:.:.:.:::|:|  V::.:|i:.::.:.:.:|  まぁ、浅井の軍勢ぐらいなら何とかなるでしょう。
        j:.:.:.::|.:.:.::|:.:,|/ヾ_シ∨:.::|:jヽ彡|::|'|::.:.:.::|
        |∧::|:.:.::::|;/   _, ∨:.:|' ,,  |/ |::.:/::j  ご心配召されるな。
          `|:.::::/:::}, ≡≡, iヽ:|、≡≡.|:/:;/
            |::;/〈 ト、 ´  |  ` `   r'´_,〉  ……ただ、私にもしもの事がありましたら、
            '"  `~l、     ``     ,/:7´      その時は子供たちの事、お願いいたします。
               |:::ヽ、 、,.ヘ ,   /::/    
                 V:::::;ヽ、,,_,,,/:/∨
            ,.-─--,.ィ´{;〉   〈、::`ヽ-─-.、


       ____
    //   \\  ……縁起でもないこと言うなお。
   /( ●)  (●) \
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \ それに、与三に何か無くてもちゃんと面倒見るから、それこそ心配要らないお。
 |     'ー三-'     |
 \              /  さっ、辛気臭い話はこれぐらいにして飲むお。

その後、7月4日にやる夫は戦勝報告に上洛、そして7日に京を立ち岐阜に戻ったのである。

983 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:14:47 ID:24pGZ/vY


~岐阜城~

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \   やれやれ……忙しいしいったらありゃしないが、
       |    ( ⌒)(⌒)      たまには後輩の小姓や同胞衆のガキどもの教育も見てやらんといかんだろ。
          |     (__人__)   
        |      ` ⌒´ノ   ……今日はやる夫様のお傍勤めの心得を話すからな?
          ,|         }  
       / ヽ       }     しっかり聞いておくように。
     く  く ヽ     ノ     
       \ `'     く
        ヽ、      |


      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧   は~い!
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'

985 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:15:17 ID:24pGZ/vY


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ⌒)(⌒ ) |  よしよし、じゃあ始めるぞ?
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |   そもそもお傍勤めとは……
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |

986 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:15:50 ID:24pGZ/vY


~一時間後~

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒) ……とまぁ、ざっと話せばこんなもんだろ。
. |     (__人__)
  |      |r┬|}    よし、誰か質問は有るか?
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}     ついでだから何でも答えてやるぞ?
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、


         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',   ……はい。
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (ヘ:::::\i=//:::::/)
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′
         /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入
        (;;;;;(⌒)∨(⌒);;;;)

987 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:16:16 ID:24pGZ/vY


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(● え~っと……お前さんは……確か……そう、仙千代だったな。
   |      (__人__) 
.   |        ノ  よし、何が聞きたい?
    |      ∩ ノ ⊃ 
  /     ./ _ノ   
  (.  \ / ./_ノ │   
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ  ……やる夫様に対して、これだけはするなっていう事が有ったら教えて欲しい。
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l    お傍仕えはいつも傍に居るから、それを知らないと虎の尾を踏みかねない……
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー- ´`-- <イリ
         (;;;;;ソ⌒) ̄`´ ̄(⌒ヽ
        ヽ;;=;;/__,,、_/;;`ソ
         〉;;;;;;;;ソ:/A.i:l;;;;;;!′
        く;;;;;;;;;;;;i;!;;;;;;;;i;!;;;;;ゝ
           i、__,,/  !、__,,!
          `ー'′  `ー'′
       万身仙千代(後の万身重元)

989 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:16:43 ID:24pGZ/vY


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー  ふむ……まぁ、一理有るな。
   |      (__人__) 
.   |        ノ  ……本来ならそういった事も自分で見つけていくモンなんだが、
    |      ∩ ノ ⊃    オレも何でも答えると言ったからな。
  /     ./ _ノ    
  (.  \ / ./_ノ │   よし、ちょうどこの間起こった事件を話してやろう……
  \  “ /___|  |   
.    \/ ___ /

990 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:17:26 ID:24pGZ/vY


~先日の岐阜城~

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  ふぅ……
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|  やっと落ち着いたお。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |   しかし、これで近江は一段落したから、反撃の兆しも見えてきたお。
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

3 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:21:30 ID:24pGZ/vY


  ( ゛゚ー゚)<流石は殿にございます。伊達に上洛まで果してはございませんな。

       ____
     /⌒  ⌒\  はっはっは。
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ そうおだてるなお。
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     / やる夫をおだてても何も出んお。

4 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:21:58 ID:24pGZ/vY


( ゛゚ー゚)<それに引き換え、平手様や信勝様のお眼の無さと言ったら……
       このように偉大な殿を諌めようとして死ぬなど愚かな所業でございましたなぁ。

      ____
    /:::::::::   \ 
   /ノ└ \,三_ノ\  !!!!
 /:::::⌒( ●)三(●)\
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/

5 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:22:24 ID:24pGZ/vY


  ( ゛゚ー゚)<それに信勝様、己の方が殿より優れていると思い込み家督を簒奪しようなどと
         愚か者の極みでございます。それに引き換え我が殿は……


     ____
   /     \
  /  ─    ─\ ……黙るお。
/   ‐=・=‐ ‐=・= \
|       (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/

6 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:22:42 ID:24pGZ/vY


(;゛゚ー゚) <はっ?

       ____
     /⌒三 ⌒\ ……今のやる夫が在るのは、平手の爺が命をかけて諌めてくれたおかげだお。
   /( ○)三(○)\ 
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  ……信勝はやる夫なんかよりもずっと織田家の将来をを憂いていたお。
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /   お前なんぞにあの二人の何が解るっていうんだお?

7 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:23:03 ID:24pGZ/vY


(;゛゚ー゚) <い、いえ、私はけしてそのようなつもりで……

         ___
       /::::::::::::::::\
      /:::::─三三─\    ……やる夫の家臣にお前のような
    /:::::::::(○)三(○):\         口ばかり回る不心得者は要らんお。
   /::::::.:::::::::: (__人__) ::::::::\  /l   
   |::::::::::::::::::::::::::`::⌒´:::::::::::::::| //   ……あの世に逝って二人に詫びて来るといいお……
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///    
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
  /:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::://
  |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://
  \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/
   |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::

8 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:23:22 ID:24pGZ/vY


(;゛゚ー゚) <ひ、ひぇぇえええ!お、お助け~~!

      ____
    /:::::::::   \ ええぇい!ちょこまかと逃げ回りやがるお!
   /ノ└ \,三_ノ\ 
 /:::::⌒( ●)三(●)\  ……お?棚の中に逃げ込んだお。
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/  これでは振りかぶっては斬れんお……

9 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:23:50 ID:24pGZ/vY


(;゛゚ー゚) <た、助かったか!?

              ∠二_ヽ
             l´>,へ`lト  ジャキ!
            ,/ /:::.::|ラ ',
           /  ./:.::.::.| | ',
         /;   /.::.:::.::| |  ',____
        ./::::::':;..  i'::.:...::.::| | /\  /\   ええい!面倒だお!
        /'::;:::::::::::'::,l!.:::.:::.:..:l! /( ●)  (●)\
       ;!  '::;::::::::::::l:.:.:....:...:.l!. :::::⌒(__人__)⌒:::::\  まずは突くべし!!
       l.   ''::;;/\:.::.:..:.:.i!.   |r┬-|       |
        |:.:..  /   \:::.:.:.:!.   ` ー'´     /
       :!::::./      . \::.::゙:、    /   i
        ゙く          \:.:.゙:、 (⌒)   ./
      .   ` 、          \::゙:.、ノ ~.レ-r┐
            `゙ ‐-  .,,__   _,,.>__ | .| ト、
                    ̄〈 ̄   `-Lλ_レ
                       ̄`ー‐---‐

                   \. \ l  .l
                    \ \ l
                      \ \-、
                       \_ ⌒)
                     三ゝ二ニニニ二ン、
                     三:::::::::::::::::::::::::::::゙i \   ブ ス ッ ! !
                     三::::::::::::::::::::::::::::::::゙i  \
                     三:::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i   \
                     三:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i    \
                     三::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i     \
                     三:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i      \
                     三::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i       \
                     三:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i        \

10 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:24:20 ID:24pGZ/vY


(;゛゚ー゚)<ぎゃぁぁぁぁ!

      ____
    /:::::::::   \ 
   /ノ└ \,三_ノ\  そして、力任せに薙ぎ払う!!
 /:::::⌒( ●)三(●)\
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/

11 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:24:42 ID:24pGZ/vY


  ┏┳┳┳┓  ┏━━┓         ┏┓
┏┛  ┗┻┛ ┃┏┓┃          ┃┃
┗┓  ┏┛   ┗┛┃┃ ┏┳┳┓ ┗┛
  ┗┛┃        ┃┃  ┗╋┛┃ ┏┓
  ┗━┛       ┗┛     ┗━┛ ┗┛
          _,,,....-::::,,..-;:'
     _, -=''""""    =--、,、`,"+`ゞ,;:
     _,.-'^ "              ̄=.、".
     -'^               \`,`,;⌒`;・",;+
   >                    ミ`+,;:;"・ヽ` `
  :"  ._=__            ヽゞ,:;*ヾ"`丶 ┼
 /  彡  .       -ミ、         ミ   `,;:"
 /〆"           \       `i       丶
                 丶      |i     +   +
                  ミ     .ミ
                  |     |l    /  +
                   .i|    |i      ´
                   .i|    |i  ゞ
                  i|    |i  ´`  +
                 j|    ,/  '  /
                 .i|   ,/;:";:|;,/×
                i|   ,/";:`, 、 丶
                i|  ,/`,;:ノ`,
               .j|  /;`,;:+
               / ./+``
              ././  ,'
            /"`;丶
           / `,
          '
       /

12 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:25:01 ID:24pGZ/vY


(;゛゚ー゚)<ぎょぇぇえええ……


     ____
   /     \
  /  ─    ─\ ……ふん。
/   ‐=・=‐ ‐=・= \
|       (__人__)    |  成敗完了だお。
\     ` ⌒´   ,/

13 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:25:18 ID:24pGZ/vY


       ____
     /⌒  ⌒\   ……それにしてもこの刀……
    /( ●)  (●)\       振り被っても無いのによく斬れたお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  
  |     |r┬-|     |   そうだ!これを「圧し切り長谷部」と名づけるお!
  \      `ー'´     /

14 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:25:38 ID:24pGZ/vY


~現在~

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー   ……とまぁ、そんな事があった訳だ。
   |      (__人__) 
.   |        ノ 
    |      ∩ ノ ⊃ 
  /     ./ _ノ   
  (.  \ / ./_ノ │   
  \  “ /___|  |  
.    \/ ___ /


         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',   ……つまり、やる夫様が刀を持ったら棚に逃げ込むのは危険だと?
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (ヘ:::::\i=//:::::/)
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′
         /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入
        (;;;;;(⌒)∨(⌒);;;;)

15 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:25:55 ID:24pGZ/vY


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー  ……んなわけないだろ。
   |      (__人__) 
.   |U       ノ   ……常識的に考えて。
    |      ∩ ノ ⊃ 
  /     ./ _ノ   
  (.  \ / ./_ノ │   
  \  “ /___|  |  
.    \/ ___ /


         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ  ……冗談です。
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l  つまり、やる夫様に変にへつらうなということと
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!    平手様と信勝様への侮辱は禁句ということ?
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ   
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー- ´`-- <イリ
         (;;;;;ソ⌒) ̄`´ ̄(⌒ヽ
        ヽ;;=;;/__,,、_/;;`ソ
         〉;;;;;;;;ソ:/A.i:l;;;;;;!′
        く;;;;;;;;;;;;i;!;;;;;;;;i;!;;;;;ゝ
           i、__,,/  !、__,,!
          `ー'′  `ー'′

16 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:26:15 ID:24pGZ/vY


         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)  ……そうだ。
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }   いいか、やる夫様に仕えるのにおべんちゃらなんて要らないからな。
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ     少し厳しいが、誠意をもってお仕えすれば、必ずそれに応えてくれる方だ。
       \ `'     く
        ヽ、      |       解ったな?


         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',   ……はい、解りました。
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (ヘ:::::\i=//:::::/)
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′
         /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入
        (;;;;;(⌒)∨(⌒);;;;)

17 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:26:33 ID:24pGZ/vY


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)  よしよし……んじゃ、最後に近習の先輩として、
. |     (__人__)
  |      |r┬|}   お前等に、織田家で生き残るための最重要事項を教えといてやるだろ。
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}    それはな……
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、


 ゴクリ  ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧   ……それは?
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'

18 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:27:03 ID:24pGZ/vY


        . __
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \   
     . (:::::(::::冫    |
     . (:人;;;) .    |    ……森家の勝蔵には絶対関わるな。
     r‐-;::::::. .     |
     (三)):::::.. .   |     ……関わっちまったら、文字通り命に関わるからな?
     >::::ノ:::::::::.    /    
    /::: / ヽ;:::::::::   /      ……後、五郎左の前でスモークチーズをディスっても死ぬからな?
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈   
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)      ……いいな?よく覚えとけよ……


         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',   ………………
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|        Uノ!/′
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (ヘ:::::\i=//:::::/)
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′
         /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入
        (;;;;;(⌒)∨(⌒);;;;)

20 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:27:26 ID:24pGZ/vY


動時刻……

~京への道~


パッカパッカ……
                       _ .. >: : :ソ`ー― 、}ノ  
                    ,ィ≦:_:./:/ ;イi: : :j : : : :\  
    |ヽ、,.,、,、,、、 ,.            /:/:/:/ {:| : ∧ : ヽヽハ 
    ヽ彡彡 ミミ//、/ミ      |/ /.:| :{/\ト: :」/Vハ:', } }  
     Y彳,イルリヘ_レ’z`ミ     /,イ: :| ハz== ヽ{ =弍 | |:| |   オ~レ~は無~敵の~ス~○ンサ~♪
     /{リルy7”   `゙ミ ミ     _,. |: ∧ {  ー'ー'  ・}:jハ{:.    
    / iリ'     . ミ ミ      Ⅵ/: i> 、    _, リ}│{
    ● :i: ●  / l  ミr-       |: :|/:.,ィ=厂{≧': /:∨      ……ハックション!ハックション!
     〉 :/:   `´/'7/ル ミkヽ      |: :|ヘ {¨7´ /: /\:{
   /_,:/:_   // /,∧jト  k     ,rヘ: |∧ |/, イ :/  ⌒}     ……誰か、私の噂でもしてるのかなぁ?
  ,/=:i:==ュ`V// .      k     人.ヽ{⌒{7>.Ⅳ∧ /¨>
  / `¨ ¨ ¨  _}レ'/´  ;:    \  .ヘ `∧ , 小、__} / : ーァ' ,ノ    
  |O  O  /ム〈    ;     ヽ \ Y_./ / {  ∨:/´ ィ く
  l、_=ニ=- ノ,. ヘ`゚ー .          ヽナ`====-ー'' ̄V
  `^ー--‐''´   i、            
              森長可(森可成の二男)


  (,,゚Д゚) <そこな方、あいや待たれよ。

21 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:27:55 ID:24pGZ/vY


       ,r:-::‐:::-:.、
        |:/" ̄`ヽ::}
    __,.:-┴::─ィ'ヽj/:‐:-.、
  ,.ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ::.::.:.:.:`ヽ、
 ,/:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::i:.:.:.:.:.::|:.:.:.ヽ、:::.:.\
../:.:.:.:.:.:.,'.:.:.:.:::i::.:|;/|:.:.:.:|:.:|i:.:.:.:ヘ:::.:.::ヘ
.j.......:.:.:/:.:.:.::;-i‐- |:.:.:.:|:.:||‐-:.:ハ:::.:.:ハ  ん?なぁに?
l: : : :.:/:.:.:.:.:.:/|:.:|. |:.:.::リj/| ∨:.:.:|::::∧:|
{:.:.:.::/:.:./::.:/__j;/_ |:.:/ __!__|:V:..}:.:}
∨:〃::/:.:./オ≡≡ j;/ ≡≡|:.∨::/
. ∨:.:/:.::/:|          ’|::.:|;/
  |::/.:.:/::.:|、゛   ー'ー'   ィ|::.:|


  (,,゚Д゚) <今、京の町は厳戒態勢に有り、立ち入りを我等幕府の奉行衆で厳しく監視しておる。
         いずれの家中の方かは知らんが、公用ならばまず用件を述べられよ。

23 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:28:23 ID:24pGZ/vY

               __
               /⌒ヽヽ
       ___   ,、__   |/
  ‐=ニ_ : : : : `Y: :`: : : : : : ` ヽ、
   , イ: : : : : : : :l: : : : l: : : : : : : : : \
 /;:/: : : : : : : |: l : : |、: l: : : : : : : : :ヽ  
/// , : : : : :l_:_/|: l : : l l_:_|_: : : :ヽ: : : : l
  / /: : : :/ 'l:./`|: l: : { ´l: |、`ヽ: : l: : : : !  ただ、ぶらりと買い物に来ただけだから、
 ,' /| : : /: :/|{  l/l: : | ヽl \: : :l : : : l     別に、やる夫に何か言いつけられた訳じゃないよ?
 |/ |: : /: :ハr┯┯ l : |  ┯┯yl : |: :\l   
.   |: :lイ ;'ハ b::|  ヾl  b::! l l: l`l:`メゝ    んじゃ、そういうコトで……
   ヽ| レ |: :l  ̄      ̄・ l l/ー': :l    
       l.:|: :ゝ、._  ー'ー'  _,.ィ': : l:: : :|
       |.:|: : : :__二7T ¨´lヽ、| : :l: : : |
       |.:|: : :||    l´___7 |: : |、: :│


  (;,,゚Д゚) <(や、やる夫殿を呼び捨て!?……何処の家中の子供だ?)
         そ、それでは通す事は出来ん!
         織田の家中の方なら、改めて誰かの許可状を貰うなりして出直してこられよ!!

24 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:29:04 ID:24pGZ/vY


                   _______
                 _,-‐'´ ̄ ̄         `ヽ、
           /                 \
.            /           __  ....{E}...::〉
           〈 ...__  .::-── _____{-'
          }______,.-‐:::':´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   え~~~~!
.          /:.:.:/:.:.:.:.:|.:.:.:..|:.:.:.:.::.:.:.:.:|ヽ::.:.:.:.:i:.:.ヘ:::.:\
.           |:.:./:.:.:.:.:.::|.:.:./∨:.:.::.:.:.:i:| ∨::.:.|::.:.:.|:::.:.:∧ ……どうしても駄目かね?
         |::/.:.:.:/:.:..:|:Χ ∨:.:.:.:.:|:|  /∨:|::.:.:.|:::.:ト、::|
         j/:.::;イ.:.:.:/|/__\,∨::.:/|/∠__ ∨::.::/:::/  `
         ∠:/::|:.::∧ ≡≡ |:/ '≡≡/::|:.:/|::/
            |:.::(,|::/::∧           ’l)::j/| |/
           |:.:.:i:|/:|::.:∧    Δ   _,.ィ´::::|:::|
          |:.::|:::::::V:::.:∧ー-く`Y´,ニフ::::|::::|:::|
          |:.:|:.::::::::ヽ、::.:ヽ‐'´{ _ノ__`ー-ュ_::::::|
          |:.:|:.:.:.::::/´|:.:.:.:〉 | ̄ ̄{_|   ∧::|


  (,,゚Д゚) <駄目なものは駄目!さ、早くお家に帰りなさ……

25 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:29:25 ID:24pGZ/vY


          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ   ……岐阜まで帰って、やる夫の許可貰ってくるのもメンドクサイなぁ……
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ  ん~~、こんな時は……
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l

26 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:29:45 ID:24pGZ/vY


       /\
       | 人 |
       | 間 |  
        | 無 |        (⌒)
  ____| 骨 |_____  (こ○こ)   ,-、
  \_______/   (___)    てOう
        |i! |        _      ‘ー’   (⌒)
.        ,|i! |      //⌒   /     (こ○こ)
         |i! |      〈.::.{  __, ベ.ー-<   ‘ーヘ_ノ
        |i! |      ,ゝ'´.::.::.::.::.::|.::.::.::.::`丶、
        |i! |     / :.::.::.::.::.::.::.::j.::.::.::.:: く ̄      強行突破しちゃえ~!
        |i! |ヽ    ,'.:/.::.::⌒/|.::.::ハ⌒.::.::.:ヽ ハ
        |i! |∨\  {/.::.::/:./ |::/ ヽ\.::.::|.::V }     あ!そ~れ~!
         |i! |/ / ∨イ.::/≡≡l/  ≡= ハ.:.|ヽ「∨
          |i! |  {     |.:ハ:::::: 、_,、_, ::・{:.Ⅳ ∨
         |i! |  \.  |ヘ.::.:l、 _(_ ノ_ イ.::|  /
        |i! | /.::.\ ヽ::|   ∨{  / |.:/ .xく
         |i! | :/.::./\ ヾ\ 「] /| ノ'/.::.::l
        |i! | .::./.::.::.: _}   |lヽV/ l|r'´.::.::l.::.|
          |i! | -く :.::.::. 〈 j   >ω<.| :.::.:: l.::.|
         |i! | く¨ヽ.::j≧ヘ  /  ∧ }| :.::.:: l.::.|
          |i! | :.∧/∨l|  Ⅵ_/  レく :/l.:|l:ノ
.        |i! | l.::ヽ_,,斗‐'´/ 了丁 //  リ

27 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:30:04 ID:24pGZ/vY


          _,,,....-::::,,..-;:'
     _, -=''""""    =--、,、`,"+`ゞ,;:
     _,.-'^ "              ̄=.、".
     -'^               \`,`,;⌒`;・",;+
   >                    ミ`+,;:;"・ヽ` `
  :"  ._=__            ヽゞ,:;*ヾ"`丶 ┼
 /  彡  .       -ミ、         ミ   `,;:"
 /〆"           \       `i       丶
                 丶      |i     +   +
                  ミ     .ミ               ┌─┐[][] /〉.,┐◎
                  |     |l    /  +         ̄/〈   // | |
                   .i|    |i      ´          く∧〉 〈/  .|_」     「7 「7
                   .i|    |i  ゞ                      [][] 「| レ .レ
                  i|    |i  ´`  +                    ノノ O O
                 j|    ,/  '  /
                 .i|   ,/;:";:|;,/×
                i|   ,/";:`, 、 丶
                i|  ,/`,;:ノ`,
               .j|  /;`,;:+
               / ./+``
              ././  ,'
            /"`;丶
           / `,
          '

(;,,゚Д゚) <ぎゃぁぁぁぁぁぁ……

29 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:30:25 ID:24pGZ/vY


                         _. - ._             _
                     /. --- \             l `i   __
                        //      ヽ          } ´ ̄ ´ '´ う
                    |{      /\  ____  j     /
     ( ヽ              '.l.   ___/    ヽ´  ー-=ニ.¨`7     r '
  r──’ `ヽ            .ゞ ' ´         '.       `丶、  /
(´_ ̄       ヽ         /             |       \  \/
‘ー⊂.         \      /  ,    l  |    |、        ヽ‐-,ヽ
     ̄ ̄\     \.     /  /     !  ∧   ||ヽ__|     ∨ `   ひゃっは~~!
         \     \  /  /     | / '   ||'´ヽ l      l. ',
           \     \l  '    |  ,ィ´′ ∨ ハ. |   Nヽ.   |、 i     ついでに関所なんか燃やしちゃえ~♪
             \     \l.    |  /|/     / /       ',   |、ヽ!
               \     ヽ、.  | i       ∨    三三 ハ.  ! \
                 \.   /\ | | xィ彡        ・{ l. ∧ /
               /\ /   }'ヽ! "´       ,、_,   l |∨ ∨
                 / /   /   \     ‘7´  )   .ノ |     l
              {      /    ',\    、__,. ' ,/  |    /
                \   /      ', ヽ----r ' ´ |   |  ./
                | ー ´         ',  ',   ヽ    |   |  /

31 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:30:46 ID:24pGZ/vY


                                   、_人_从_人__/
                                   _)
 ,..r;;:  (  人)  ) ,;`ー、          | ヽ丶       _) 消  関
 ヾゞ、  ゞ'´   '`´   `ヾ、     ─|─           _) 毒   所
          -‐':、ゞ'``  ,l      / | ヽ            _) だ  は
ヾ、 ゞ;;.  ,r-、   `ヾ、    ヽ、                   _)  l
, rヾ    ,r!/r'ヽ    '`      \      _|_      _) っ
   _,,,.,ノ、_ ヽ,       `ゞ;;    ;:、    /|        `) !
,r‐'''" ,.r ,イ彡ミミヾ、      ``  ´;;i             V^V⌒W^Y⌒
__,.;;,ィ'´ ,:;;;;彳彡ミ;j`、        `i;:、      オ
;; ヾ、彡;;;ノリ;jjjjj;;;jr' i   . ノ;;:'' `゙`、 ``ー、               ,r= = ==、、
彡冫;;il;;;ミ;;;;;y;レ  ,t'´           ,.、ー、  ゝ     ォ      ,. ─|`ヽ─<
;'イ;;;'ヾ``ヽ、ィ;;i ,ri'´    ヽ ヾノ ,ry' il'Y゙r    ヽ、       /,≠ -:/|:!::ト、- ヽヽ
j'´ '´ '´/ゞ';;::`´ヽ    ``´ー  ゙i ;;: ,r'      )  ,r、    /━\| ━\| ト、
  / ,;:' '´/ ー≡;i{、      /ヾr'´  ,.   '`;;:、 〉ゝ  r-ー|::|" 'ー'ー' "|::|')|`
ーr-、j ,! ,;',;'ィ;;:イ''``ゞ、_,、-‐'´ヽ:;/ 、 ``ヽ  ;:、 `' (´  `ゞ、;;;;'',,`エエ´/:/: |、
,,:'  ``ゞ、,;;ゞ、 "´イ ,... `'彡 ,/´  `ヾ、ヾ   '    ー、  ii;j `i;;!'´ニil';;;;ゞr、_,r'ミ
'   ー‐─ ,rー'゙ー─-、_j;:r'´     ヾ,ゞ         、 ゞ,ミ;:l;;l  ,!  ,!,i;;'´¨/
;.   r-‐;;'"}            ``ヾ、  ノ       ,;;;: (i,;)))、,,:;!、__,:};!_,.、l
....   _,,,ィ、 i        'ヾ人  、}( /     ノ   ,r'i  r'"ヾ-‐i‐-:;イ, / ヾ
    ,.r'´,ィ'l、   _ィ;;、   、,.ミミ'´ ,;:'´ハ   '´  ,j ,r'  }ミ,r;}ゞ‐'─l:::.i  ,jl
,l:.   ヾ;'´イ'´ト、_  j (_,r'´(`'´`ー'´,ノ  i; l  (`'´ Y´     ,イ≡=‐-ゞ、,r'
キ:.  ,.彡;:、    }ヽ、'´ `   、,;{   ゙レ   ,ゝ'        i;;;:: ,;:li三ミ;}jlK
'i   ,r'"´,;ゞ、_,.イレ'゙、         ,.{ i'   )        ,イ ;;;;;;jk三ミ}゙kiヾ、

33 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:31:07 ID:24pGZ/vY


         ,,==ニ=、、
        //      ヾ
           l|      ,、 `
      ,.-.‐┼.──‐´: ├─.-.-、._
    /::.::./::.::.::.::.::.:l::.::.::l:.::.::. ̄ヽ ̄ ̄`
   /:.::.::.//:.::.::.::.::.::./l::.::.::l.::.::.:::.::ヽ::.ヽ
  /:.::.::./:/.:.::.::.::/.:/.::ll.::.::∧l:.::.::.::l.:.ヽ:.::ヽ
  l.::.::/.::l.::.:.:/77‐ /l.::./ lA、_::.:l:.::.:ミヽ:ヽ
  |:.:://:l.::.::.:〃/  l |.:/  l|ヽ:.::.l.::.::.::l ヾ、  あ~スッキリした~♪
.  l:.l/:.:l.::.::./ /   ´l.:/   ll l.::.l.::.N:.:l
   l.::,r┤:./l 三三  l/  三ヨヘ人/ ヾl   ……さて、買い物行こっと。
  │ヽ l:/::.l        ,   ・l:N:.:/  `
    l:l:.::.レ:.:丶_"   ー'ー  "_人l:./
   ll:.::.::.l::.::.l:.>┬-,、..-‐:T:l:.::.ハ/
   l.::.::.:ヽ.::.Y Y  '┤、::.:l.l:.::.l
    l.::.::./l:.::ヽ 「 ̄`l  >l:.::.:l
   /.::./ミミミ、:.l  l  l  彡|:.:/
  /:.:/ `` ミヾ:l、、ヽ l 彡/l.:∧
  /:.:/    l lVミミヽl彡/l l/ ヽ


長可は門番を斬り捨てたうえに関所に火をつけるという蛮行で無理矢理入京したのであった。
勿論、即座にやる夫のもとに幕府から抗議が寄せられた。

34 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:31:33 ID:24pGZ/vY


~岐阜城~

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |u  (__人__)l;;,´|     ……勝蔵の件で幕府から抗議がきてるぞ?
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }      ったく、お前が甘やかすから……
     /ヽ、_ノ    /          で、どんな処分にするんだ?
    __/  /    ノ__        
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


        ____ クワッ!
      /      \
     /  ヽ、   _ノ\  ……うむ、勝蔵への処分は……
   /   (● )  (●) \
   |       (__人__)    |
   \      ` ⌒´   /ヽ

35 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:31:59 ID:24pGZ/vY


                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
 /   ///(__人__)///\ / `   /  一切無し!
 |       `Y⌒y'´    |   /
 \.       ゙ー ′  ,/  /   あの歳で、この豪胆さ!さすがはやる夫の見込んだ勝蔵だお!!
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /     そうだ!この武勇にちなんで、以後は「鬼武蔵」を名のるといいお!!
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |


         / ̄ ̄\
        / _ノ;jijii;丶_ !
          ,ク(゜_))ij(_゜))!`i
       | ヒlli(__人__).ソ /  そんなアホなぁぁぁ!
       l \ .,キ呪カ'/ /
        .\ ヾ狂リ | {    あんな蛮行、褒めてどうすんだ!!
        /ヽ |ー-イ!_ノ`、
       /::::/i_ノ|_/:;l:::::::|
       |::/:::;:/;;:::::::::;|:::::::i
       |/:::;:/;;:::::::::::;i;;::::ノ
       |:::::;;:|;;:::::::::::::::r
       \;;/;;::::::::::::::::!
         |:::::::::::::::::::/

こうして、長可はお咎め無しのうえ、やる夫にその武勇を褒められるというオマケ付きで、
その蛮勇にますます磨きをかけていく事になるのであった……

36 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:32:36 ID:24pGZ/vY


_______________________________________________
                                                   野
                            __             __    田
                            ,,-‐'´   `'‐‐、       ,,-‐'´   `'‐、  ●
                       ,,,,--          !、,_,,-‐‐-'´        `i   ●  ●天満森
                _、,_,,-‐‐-                              |   福    ●大阪
            ー-‐'´                                    ヽ  島
           '´                                          ヽ 
        _,,ノ´                                          ヽ      ●天王寺
_,,,_,,,,,-―‐'´                                              ノ   
                                                    ノ
                                                   │
                                                   /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

7月21日、三好三人衆等が再び阿波から渡海してきて摂津中島天満森に陣を張った。

39 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:32:59 ID:24pGZ/vY


          ,;r'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
         ,r'";;;;:::::;彡-=―-=:、;;;;;;ヽ、
        /;;ィ''"´  _,,,,..ツ ン,.,_ `ヾ;;;;〉
         `i!:: ,rニ彡三=、' ゙''ニ≧=、!´    もう一回やる夫と戦おうぜ…
        r'ニヽ,   ( ・ソ,; (、・')  i'
         ll' '゙ ,;:'''"´~~,f_,,j  ヾ~`''ヾ.      久しぶりに、キレちまったよ…
        ヽ) , :    ''" `ー''^ヘ   i!
        ll`7´    _,r''二ニヽ.     l
        !:::     ^''"''ー-=゙ゝ    リ
        l;:::      ヾ゙゙`^''フ    /
        人、      `゙’゙::.   イ
        斉藤龍興(美濃の元大名)

この軍には美濃を追われた斉藤龍興も混じっていた。
彼等は石山本願寺の西の野田・福島に砦を築き、京都と畿内をうかがう態勢にはいった。

41 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:33:35 ID:24pGZ/vY


          _ __
         /─二__─_
        //\二| / | |二 \
       / | <~ゝ 二二 ∠~> |
     _// _T|  ┐ l_ |T_,  |_       ぎゃーーー!!!
  _─|  |  `U-  / ) U  | |-、
 <_|  |  | 、   / ~   \  | | | >   助けて!サム○ン・ティーチャー!!
   ─/_/ |  / ̄~\ __/~|  |_|-'
      |  |  | ,───-_ |  |
      |  | |/       | |  |
      |  | |     ___| /|  |
      |  | | _ ──     7   |
       |    |_/ ̄ ̄\_/   /
       |              /
       |              /
    ─/ ̄|_          _/\
       /|  ──────-/ λ


京の義昭はこの事態を岐阜のやる夫に連絡をする一方、
畿内の守護たちに三好軍の追討を呼びかけた。

しかし、畿内の守護たちの動きは芳しくなく、
戦局は三好軍が優勢に運んでいたのであった。

42 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:33:58 ID:24pGZ/vY


8月20日、連絡を受けたやる夫は岐阜を出発。
23日には京都に入り、一日休息しただけで25日には南方へ向けて出陣した。
岐阜を出た時の数は3000ほどであったが、京で先発隊と合流しその数は40000ほどに膨れがっていた。


        ___(⌒ヽ
       /\  /⊂_ ヽ
(⌒ヽ∩/( ●)  (●) |(⌒ヽ      おし!三好勢を蹴散らすお!
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、
  \ \    )┬-|   / /> ) ))
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /
  \ \ /          /
    ヽ_ ノ       │

26日、やる夫は本陣を野田・福島から5km南方の天王寺に置いた。
先陣としてやる夫の部将の他に畿内の守護たち、それに幕府の奉行衆も従軍し
蟻の這い出る隙間の無い程に野田・福島の砦を取り囲んだ。
一方の三好勢も長期篭城戦に態勢を切り替え、まったく砦から打って出なかった。

30日にはやる夫の要請により、将軍自ら2000余の手勢を従え出陣。
そして翌月の9月8日にはやる夫は天満森に本陣を進め、
敵城の周囲の水域を埋めて、いよいよ本格的な攻略に取り掛かった。

12日、やる夫と義昭は海老江城に移動。
進退窮まった城方からの和睦の要請もやる夫は一蹴した。
やる夫はこのまま力攻めで、三好三人衆の息の根を止めるつもりであった。

43 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:34:23 ID:24pGZ/vY


~やる夫の本陣~

       ____
     /⌒  ⌒\  三好の砦も、このまま力押しで落ちそうだお。
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ そうしたら、一気に奴等の本拠まで追い詰めてやるお。
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \  
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |  や、やる夫!一大事だ!!
          |   ` ⌒´  |
        |        }    石山本願寺から一揆勢がこっちに攻めてくるぞ!
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /

44 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:34:43 ID:24pGZ/vY


       ____
     /ノ   ヽ、_\   あ、あ、あんですと~!?
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \  ま、マジかお……何で本願寺が!?
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /  


       ., ──‐、
      /     \   ……どうも、お前が最近あいつ等に、矢銭を要求してたのが勘に触ったようだな。
.     .|     _ノ  ヽ
     |     ( ●) (●)    さらには、いずれはお前が石山の土地を寄越せと言って来ると思ったらしい。
     |       (__人__) , -―ーっ
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄   で、この野田・福島の砦が済んだら今度は自分たちの番だと……
.      ン         } ゙| ̄'|
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
   /   ノ \_ィ ´ー‐ィ'  |
   /   /    r______|

45 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:35:09 ID:24pGZ/vY


      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__  何言ってんだお!
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |  そもそも、坊主がに大名のような既得権益を誇って、財を築いてるのがおかしいんだお!
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿  宗教としてのあいつ等には、やる夫だって尾張や美濃で散々便宜を図ってやってたのに、
  /(⌒)        / ̄ ̄´      あいつ等自分たちを何様だと思ってるんだお!?
 / /       /        


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●  やる夫……確かにオレも、アイツ等はまっとうな宗教家なんかじゃなく、
   |      (__人__)   袈裟を着ただけの戦国大名だとは思う。
.   |        ノ  
    |      ∩ ノ ⊃   ……しかし、今はそんな事よりも目の前に迫る敵をどうするかだろ?
  /     ./ _ノ   
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  | 
.    \/ ___ /

46 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:35:32 ID:24pGZ/vY


      ___
    /     \  ……そうだお。
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \  まずは迫ってくる敵をどうにかするお。
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /  きっと、三好も黙っていないお。

47 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:35:51 ID:24pGZ/vY


      /:::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    l:::::::::::::::::::         l    
    |::::::::::::::    ⌒ 、,ノi,ノ´ |        クソ生意気なやる夫に天誅や!
    |:::r-=ニニ< ̄`>ニ< ̄ >    
    |{ り      ⌒ ) ・_・)' `ヽ        門徒なら、必ずやる夫と戦うんやで!!
    ノ `ー'i      ┃,ィェエ`ニユニニニ0  
  r' ヽ  .!      ┃ ヽニニソ┃ .|       これは宗主としての命令や!!!
-'"::| ト、  ヽ     ┃ "⌒ ┃ ノヽ、    
:::: |  ヽ   ヽ、.  ┗━━┛/lヽ  iヽ、
:::::`ー-、 ヽ` -、` ー---一' ハ r-'::^ヽ、
::::.r‐-‐-‐/⌒ヽ ` ̄ ̄ ̄´ 。゚| ヽ:::.ji \
ヽ、::|_,|_,|_,h( ̄.ノヽ゚''・、。.  .。・'゚  |  |:::.!!  ヽ
-ヽ ノ| `~`".`´ ´"⌒⌒)_「l_   |  |::.//  `、
^ //人  入_ノ´|. ̄ └┐r=┘  .|  |::.ヾ   ノ
 ヽヽ   / //| |     Ll     |  |::.イ   `,
  \`ニニ´//  |           |  | ̄`|    ,;'
        /   |          |  |  |    i
    本願寺顕如(石山本願寺宗主)

14日、本願寺から一揆勢が出撃し天満森を攻撃した。
やる夫の馬廻たちはこの攻撃を受け止めて、淀川の春日井堤まで反撃。
ここで激しい戦闘となったが、一揆勢を追い払うことに成功した。

この突然の本願寺の敵対により、今までの優位が一転しやる夫は劣勢に立たされてしまう。
そのため16日に、やる夫は本願寺と和睦の交渉に出るものの、それも失敗。20日には戦いが再開されてしまう。

本願寺の一揆勢は榎並の陣を遅い、そこを守っていた義昭の直臣野村越中守を討ち死にさせた。
このような状況ではいかんともしがたく、やる夫と義昭は海老江の陣を引き払い天満森に戻った。
そこに追い討ちをかけるが如く、北からの不報が届いたのであった。

48 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:36:11 ID:24pGZ/vY


~天満森・やる夫の陣~

         ___
        / .u   \    宇佐山城が浅井・朝倉と一揆勢の攻撃を受けた!?
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)  ……で、与三が死んだというのかお……?
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


  (;゚ー゚)<はっ、緒戦においては城外で浅井・朝倉勢を押し返しましたものの、
       その後、一揆勢を加えた浅井・朝倉の反撃に遭いあえなく……
       ただ、宇佐山城自体は各務・武藤・林・肥田等の敢闘により何とか死守した模様。

50 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:36:36 ID:24pGZ/vY


         / ̄ ̄ ̄ \   
      /   :::::\:::/\  
     /    。<一>:::::<ー>。  よ、与三……スマン……スマンお!
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j  
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜ 本願寺の存在まで計算に入れられず、僅かな兵で守らせたやる夫のミスだお!
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。  
   / ,_ \ \/\ \   やる夫はお前の息子だけでなく、ついにお前自身まで死なせてしまった……
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ   お前の子供たちに合わせる顔が無いお……
                   


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \  ……やる夫……
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │ ……浅井・朝倉軍は宇佐山こそ諦めたものの、
  |   `⌒ ´   |
.  |           |   そのまま京都に向かっているらしい。
.  ヽ       /
   ヽ      /     ……可成殿の死を無駄にしない為にも、手をこまねいている時じゃないだろ。
   >     <

52 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:37:03 ID:24pGZ/vY


         /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/   j :::::\:::/\;゚:  くっ……スマンお……
      ;: |     。<一>:::::<ー>| :
       \...::::::。゚~(__人__)~゚j  (……与三……お前との約束どおり
       r "    ;゜.` ⌒´,;/゜   子供たちはやる夫が責任を持って面倒見るお……
       i::: |::::      |::|:      だから、安心してやる夫を見守っていて欲しいお……)
      :|::: |::::.      :|::|:
      :_|::: |::::.      :|.´:     
      :{:::  )::.     :',.:

53 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:37:24 ID:24pGZ/vY


          ___
         /     \ ……よし。
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \  まずは勝家と光秀の隊を京都に戻らせて防備に当たらせるお!
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/   やる夫もすぐに三好と本願寺との戦いを切り上げるから
      ノ          \    それまで何としても持たせるんだお!
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ  
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

柴田隊と明智隊を京の守備に向かわせたやる夫は
23日、天満森に総軍を集結させ、そこから京都に退陣をはじめた。

その日の夜半には京都に到着するという凄まじい強行軍であった。
翌24日、休む間もなく逢坂を越して近江に出陣。
浅井・朝倉勢は坂本に着陣していたが、やる夫との正面決戦を避け、比叡山に上がって陣を張った。

54 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:37:47 ID:24pGZ/vY


     ____
   /      \  
  /  ─    ─\   奴等、比叡山に着陣したのかお……
/    (ー)  (ー) \   あの堅固な山に陣を張られたら手の出しようがないお……
|  u    (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  / ……とりあえず比叡山に書状を送って坊主を呼ぶお。
(  \ / _ノ |  |      浅井・朝倉勢を退去させる交渉をしてみるお……
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /

やる夫はさっそく比叡山に使者を出し、延暦寺の僧を10人ほど呼び交渉にあたり、次のような条件を出した。

 ・ここで自分の見方をしてくれるのなら、分国中の叡山領はすべて還付する。
 ・出家の身だから、一方に味方できないのならば、せめて中立を守って欲しい。
 ・あくまで自分と敵対するのなら、浅井・朝倉の戦略拠点とみなし、延暦寺をことごとく焼き払う。

しかし、延暦寺側は返事をしなかった。
つまり、このまま浅井・朝倉側の味方という立場を固持するという事であった。

55 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:38:05 ID:24pGZ/vY


       ____
     /     \  ……叡山の糞坊主どもめ……
   /_ノ  ヽ、_   \    そっちがその気なら、こっちだって容赦しないお!
  /(●)三(●))   .\  
  |   (__人__)      |  ……今に見てるがいいお……
  \ ヽ|r┬-| /   /  
  /   `ー'´      \

やる夫は比叡山との交渉を諦め、持久戦の構えを見せ叡山の麓をびっしりと取り囲んだ。
やる夫のほぼ総軍を挙げての包囲戦であった。

56 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:38:31 ID:24pGZ/vY


~やる夫の本陣~

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  ……っと、すまんすまん、忘れてた事が有るんだが、
 |    ( ●)(●)   宇佐山城の防衛戦で、お前が各務殿たち4人を絶賛して褒美を与えたろ?
. |     (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ  アレに異義を申し立ててきてる奴がいるんだが……
.  |         }  
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄   ´


       ____
     /   ノ( \  ああん?
   /  _ノ  ヽ、_ \
  / ノ( ●━━●   \  勝蔵のトコのかかみんたちの功績に文句付けるなんて、どいつだお?
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/

57 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:38:57 ID:24pGZ/vY


~その瞬間の各務の屋敷~
           , ィ//____
       /´ ̄: : :!: : : : : :.`ヽ
   ┌‐ァ´/:/: :.l: ∧: :.!: : :`ヽ: \
   Y´:{:/: : /__:イ:/  !__!、:.!: : :ヾー ゝ  ……ハクション!ハクション!……
   {:::::/:{: /´/l/  l/ `}:|: : l: :}
    `Y: イ:ャ≠rミ     r-=rァ: :|: :|   ……な、何やら悪寒が……
     |∧!:/ r、:::|   トィ,.:} 〉: ト、l
    |l: 込.弋シ    弋ツ{ }イ:|
    |:!:. ート、   。  uノl" l:.|
    |:.ヽ: :| ` ァ-ャ<.  |: :l:.|
    |: :.}: :| /l ></ ト、 |: :l.:|
     各務元正(森家の家臣)

58 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:39:22 ID:24pGZ/vY


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |  それが、城代の宇佐美左衛門なんだが、
. |  (__人__)  │  「あの4人は可成様を見殺しにして逃げ帰っただけで、
  |   `⌒ ´   |    城を守りぬいたのは自分の功績だ」と言い張ってるんだが……
.  |           |
.  ヽ       /   
   ヽ      /
   >     <
   |      |


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \  …………
 /  (ー)  (ー)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

59 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:39:40 ID:24pGZ/vY


         ___
       /     \
      /   \ , , /\    おし!
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |   宇佐美を追放処分にするお!
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)  つ、追放!?
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ  ……これ位の異義で追放って、
.  | u       }     いくらなんでも厳しくないか?
.  ヽ        }    
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |

61 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:39:59 ID:24pGZ/vY


        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)  い~や!厳しくねぇお!
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |  跡取りの勝蔵はまだ幼いから、こういう不心得者じゃ
   \        lェェェl /   何時寝首を掻こうとするか知れたモンじゃねぇお!
    /         ヽ   
    しヽ        ト、ノ   だから、即刻追放だお!!
      |    __    |     
      !___ノ´  ヽ__丿


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  ……
 |    ( ー)(ー)
. | u   (__人__)  ……結局、勝蔵なのか……
  |     ` ⌒´ノ
.  | u     nl^l^l   ……論点がズレまくりだろ……
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

62 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:40:23 ID:24pGZ/vY


~その時、宇佐山城~
         \、\ヽ、.,ィ'゙          ``ヽ,
       ,....--`ゝ                 ヽ,
     ,.ィ'´_,,..ィ'''' /   ,   ',  ,         ヽ    うっ!!
   /-'''フ'゙    /  l /r、ィvィ''| |       i  , |
 /´ ./    /  | / |    | | |、   ,    |  ', |    ……何やら、すげぇ嫌な予感が……
   /    /   i  ,| | .|    .| .| | ヽ  |    |  ヾ|
  /  /i   |  / |.| .|    .| |.| ヽ  |    .|   ヽ,
 ./ ./ ./   .| / .!| |    | |l  ヽ .|、   i |_‐-- ,,,, ヽ,
 /'゙   .|  /゙i | ヘ __!\! ,   、 _,ィ  ', | .i   | | ゙゙゙̄<⌒``
. '    | / ',.| .|{ ', ’''‐--    _,,,,,..V'゙ |  .A .|'i  、 ヽ,
     |./   > |'ヽ| ヾ=‐     ’、,,,,,.ィ   ! .ハ|ノ  ヽヽ,ヘ
     レ  /ィ!|  '、         `~   u,〉/''゙!|、    ヽ ``
       /'゙/  ,,ィ`r 、,_ ,..-‐ヘ  _,,./,レ、 ヽ'''‐\  '、
        | / ,/ィ/  `ヘ_,,,)'''く´ / '、| \、',   \、i
         レ゙ .//     }  i゙l  ``、     `    `
          宇佐美左衛門(宇佐山城城代)

こうして、余計な異義を挟んだ宇佐美左衛門は、あえなく追放処分となってしまう。
宇佐美は越前の一族の元に帰っていったが、後に柴田勝家と対陣した時に、その一族を裏切ろうとしたのがバレて殺されてしまうのだった。

63 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:40:48 ID:24pGZ/vY


両軍の睨み合いは、この後3ヶ月も続いた。
その間、やる夫は朝倉義景の陣営に決戦の使者を送るなど、挑発もしてみたり、
堅田の地を確保しようと坂井政尚を派遣して、占領を試みたりもしたが、
義景は挑発には乗らず、また坂井は奮戦するものの討ち死にし、堅田も朝倉軍に占領されるという散々な結果に終わった。

          / ノ Y ヽ
     (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
     (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))  ずっとオレのターンだっていうwwwww
    /∠_| ,-)    (-,|_ゝ \
    ( __  l  ヽ__ノ   ,__ )
        \   |r┬-|  /´
         |  | |  |  |
         |  | |  |  |
            `ー'´
       朝倉義景(越前の大名))

このように、やる夫の攻撃を封じ、時に応じて兵もだす。
本願寺も味方しているから門徒たちも応援に駆けつけてくれる。
両軍の対陣は、終始、浅井・朝倉ペースで進んでいった。

64 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:41:06 ID:24pGZ/vY


                  ___
                    /\:::::::::/\.  くっ……
                   /:::<◎>:::<◎>:::\
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\ これはマズイお……
                  |     ` ー'´  u   |
                  \  u   :::::     /  このままでは戦線が崩壊してしまうお……
                  /    :::::::::::::::::::    \

弱り目に祟り目とはこの事で、国許の尾張からも長島一向一揆の蜂起と
小木江城を守っていた弟の信興が攻め殺されたという報せが入ってきた。
ある意味、桶狭間の危機を越える危機的状況にやる夫は追い込まれていったのである。

66 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:41:28 ID:24pGZ/vY


   /ノYヽヽ
   /(0)(0):::ヽ
 ./ ⌒`´⌒ ::\ このまま長引いたら帰れなくなるっていう……
 | )ノ(、_, )ヽ, (::::|
 |.l ,;‐=‐ヽ  l :::|
 \ `ニニ´ ::::/
 /`ー---―´\

しかし、危機的状況なのは浅井・朝倉もまた同様であった。
比叡山に着陣している彼等もそろそろ兵糧が尽きかけていたのだ。
しかも、朝倉軍は日を追うごとに雪が深くなり本国への帰陣が難しくなってしまう。
こうなると、両陣営の我慢比べの状態である。

67 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:41:55 ID:24pGZ/vY


             __  _
          ,. -''_´、__  ``__ヽ、
         /‐-、__l   ` ̄┌ー 、ヽ
       /l ー、_ュ、     ´二二_ヽヽ
      / | 、`ー―      /`ー'´ ,r |ヽ     くぅ……またしてもクソ饅頭のいい様に使われるとは……
     _,.|/  ` ー''´      ヽ ̄ ̄,  | l
 ,. r:'T::|      / n n   `ー'´    ヽ|         
 ヽ、|::::|::|  し  ./      ヽ       |、_
   `''ー|     /        ヽ    u .|:::|:::l::ヽ
     |::ヽ   レ‐-、__,,. -‐-、ヽ     |:::|;::l;-'′
     |:::::ヽ  |  ,. -::::::::::-ュ、 ヽ  /  |´
      l::::::l  | /::::::::::::::::::::::::ヽ l  |  .|
      ヽ::::. ヽ'-''´ ̄    ̄`` |  l  /
      ヽ::::. ヽ、__,.r‐-- 、_ ノ   /
       ヽ:::::.           ....:/
        ヽ::::::....       ...::::::/
         ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             :::::::::::::


結局、先に動いたのはやる夫で、11月28日、将軍義昭に三井寺まで下らせ
関白二条晴良を動かして和睦の仲介を勤めさせたのである。
さらに12月9日、延暦寺宛てに綸旨まで出された。

やる夫と浅井・朝倉の和睦が成立したのは13日のことである。
お互いの帰陣の保障の為に重臣の子が人質として交換されたという。

やる夫は和睦が成立すると、すぐに陣を引き払い、その日の内に軍を返した。
一方の浅井・朝倉はやる夫の退陣を見届けた後、15日に山を降り帰国した。

68 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:42:21 ID:24pGZ/vY


~やる夫の屋敷~

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  今回は金ヶ崎なんかより、ずっとヤバかったお。
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|   あのままジリジリと睨み合いが続いたままで
./      ∩ ノ)━・'/    本願寺の一揆勢に攻められ続けてたら一巻の終わりだったお……
(  \ / _ノ´.|  |     
.\  "  /__|  |
  \ /___ /      


       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \ その意味じゃ、俺たちの息の根を止める千載一遇の好機だったわけだ。
    (●)(● )   |
    (__人__)     |  ……まぁ、奴等がそれを理解してたのかどうかは解らんが。
    (          |
.    {          |  
    ⊂ ヽ∩     く
     | '、_ \ /  )
     |  |_\  “ ./
     ヽ、 __\_/

69 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:42:48 ID:24pGZ/vY


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \  ……二度とこんな好機はやらんお。
 /    ─   ─ ヽ
 |    (ー)  (ー) |   最近は後手に回る事が多かったけど、
 \  ∩(__人/777/    いよいよやる夫の反撃だお。
  /  (丶_//// \  


        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \  ……本格的に小谷城をせめるのか?
     . ( (● )    |
     . (人__)      |   それとも、獅子身中の虫の将軍様をどうにかするのか?
     r-ヽ         |
     (三) |        |
     > ノ       /
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|

70 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:43:08 ID:24pGZ/vY


         ___
       /     \    いや……
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \  次の目標は長島の一向一揆と比叡山だお!
     |       (__人__)   |
      \      |r┬-|  ,/   ……武士同士の争いに介入し、やる夫に敵対したツケ……
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ     破戒僧どもにたっぷりと払わせてやるお!!
      l_j_j_j と)         i   
       ̄`ヽ        | l

71 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:43:43 ID:24pGZ/vY


      "::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,''''"゙"' :
        .゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.''''''''
         .゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,´:
   .:::::::,,    . ., :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,,.、,,, ::::::_,,_        .,,,,,:,,,,,.
     ..;;      .゙''、:,.  , :::__ ::::::::::_,_:::::   .:゙ ''゙゛ `.`      ..:
     .;;:,,.      .″  .`  `゙'-.:"     ,      .,
      . .::;;                      .′     :"
       .:;;       .,:''''''
       ,;_,.-ー''"´`゙''ー-、                ,,,,‐'゛`゙''ー-、
   ,,,,-‐'゛;,':,:;.,:;.:'"゙:.:゙,::.:, `゙''ー-、         ,,,,-‐';';';';';';';';';';';';';';'`゙''ー-、
,,,,-‐'゛.:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:'"゙:.:゙,:;、~゙"'ー -,"'.:;゙,`:;"、"```: ~゙"'ー- ';';';';';';';';';';,,,,-‐'゛:.:.:;,`:;,:,
,``:'゙":.:,:;`~'::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:'"゙:.:゙,::.:,:;`~'::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,~゙"'ー - ゛:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,~゙"'
":.:,:;`~'::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,,,、;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:'"゙:.:゙,:;'.:.:;,`:;,':,:;.、,"'.:;゙,`:;"`゙ ''ー-、、
,゙":.:,:;`~'::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:'"゙:.:゙,::.:,:;`~'::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:;゙

こうして、やる夫は最大級の危機を乗り越えた。
そんな危機的状況に自分を追い込んだ本願寺・延暦寺への怒りとともに
やる夫の反撃の火蓋が切って落とされようとしていた……

第11話 完

73 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:44:06 ID:24pGZ/vY


CAST

織田信長・・・・・・やる夫

一雲斎針阿弥・・・・・・やらない夫

丹羽長秀・・・・・・ちゅるやさん(涼宮ハルヒ)

佐久間信盛・・・・・・クマー

佐々成政・・・・・・しぃ

森可成・・・・・・泉そうじろう(らきすた)

各務元正・・・・・・柊かがみ

宇佐美左衛門・・・・・・・小神あきら

万身仙千代・・・・・・長門有希

徳川家康・・・・・・山下大ちゃん

石川数正・・・・・・デニー

足利義昭・・・・・・ファーザー(神聖モテモテ王国)

浅井長政・・・・・・伊織順平(ペルソナ3)

朝倉義景・・・・・・でっていう

斉藤龍興・・・・・・・金太郎(珍入社員金太郎)

本願寺顕如・・・・・・中村ノリ

75 : ◆P3dFUnx0fI:2009/11/26(木) 21:45:01 ID:24pGZ/vY


ということで、本日の投下分は終了になります。

ご観覧いただきありがとうございます。

次回も明日の同じ時間に予定してますので、よろしければ見てやってくださいw

.
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

カウンター