記事一覧

やる夫はレベル上げをするようです 後書き

後書き
240 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:10:03 ID:8J7lO/V.

   (:::::::::::,、::,,::)
    )::::::ソヾリソレ
   ヾ::::K´゚↓゚`|j  
    ソ 丶 〆丿   さーて投下して三日たったし、スレの様子でも見てみるみゅ
  _(__つ/ ̄ ̄ ̄/_ 
    \/    /

241 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:10:15 ID:8J7lO/V.

   (:::::::::::,、::,,::)
    )::::::ソヾリソレ
   ヾ::::K´゚↓゚`|j  
    ソ 丶 〆丿   ……
  _(__つ/ ̄ ̄ ̄/_ 
    \/    /

242 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:10:26 ID:8J7lO/V.

 (:::::::::::,、::,,::)
  )::::::ソヾリソレ
 ヾ::::K´゚↓゚`|j
  ソ 丶 〆ノ  …
    ( つ□O 
    と_)_)

243 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:10:39 ID:8J7lO/V.

(:::::::::::,、::,,::)
 )::::::ソヾリソレ
ヾ::::K´゚↓゚`|j 
 ソ 丶 ◎丿 ズズ…
   ( ゙ノ ヾ
   と_)_)

244 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:10:56 ID:8J7lO/V.

(:::::::::::,、::,,::)
 )::::::ソヾリソレ
ヾ::::K´゚↓゚`|j 
 ソ 丶 〆丿  …読者多すぎみゅ
   ( つ O  __
   と_)_)  (__()、;.o:。
           ゚*・:.。

245 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:11:18 ID:8J7lO/V.

(:::::::::::,、::,,::)
 )::::::ソヾリソレ  50くらいレスついてるなんてどういう事だみゅ…まとめ合わせると何人いるんだみゅ…
ヾ::::K´゚↓゚`|j_
 ソ 丶 〆丿     10乙くらいついたらいいなくらいの気持ちでスレ立てしたのにどうしてこうなったみゅ…こ、これは錯覚みゅ…おのれイザナギ
     `=´゙

246 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:11:50 ID:8J7lO/V.

   (:::::::::::,、::,,::)
    )::::::ソヾリソレ
 ∩ヾ::::K´゚↓゚`|j∩   まぁそんなことはおいといてここからは作者に代わってはむぱんが
  ヽソ 丶 〆丿ノ
    /   _/      裏話とか没話でもしていくみゅ 感動を胸にしまってみたくない人はブラウザバックかタブを閉じることを進めるみゅ
   ⊂入_  ) 
       ノ_ノ         閉じない人も適当に書いてくからあんま期待しないようにするみゅ

247 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:12:26 ID:8J7lO/V.



   (:::::::::::,、::,,::)
    )::::::ソヾリソレ
ノ∩ヾ::::K´゚↓゚`|j∩ヽ     まずは舞台設定だけどそこまで綿密に練ってないみゅ
⊂ヽ⊃ 丶 〆丿 ノ⊃
ヽ∪ノ /   _/∪ノ     DQっぽい世界でザオリクが一般人にも使えるみゅ、作者のイメージとしてはDQ3みゅ
   ⊂入_  ) ブンブン
       ノ_ノ

248 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:13:00 ID:8J7lO/V.


   (:::::::::::,、::,,::)
    )::::::ソヾリソレ
ノ∩ヾ::::K´゚↓゚`|j∩ヽ   あとモンスターが弱弱しいというか大人しいっていうのは魔王討伐後の世界って裏設定があったみゅ
⊂ヽ⊃ 丶 〆丿 ノ⊃
ヽ∪ノ /   _/∪ノ    人間が勝利したから魔物はどんどん追いやられて廃れていって今でいう野生動物くらいの存在になってる設定みゅ
   ⊂入_  ) ブンブン
       ノ_ノ             そこらへんは没話で触れる予定だったんだけど全没で消えたみゅ

249 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:13:35 ID:8J7lO/V.

 (:::::::::::,、::,,::)
  )::::::ソヾリソレ  元ネタは僕が小さいころに兄が
 ヾ::::K´゚↓゚`|j   『妹のミルクを買い出しに行くスライムが現れた、しかしスライムは逃げ出した。
  ソ 丶 〆ノ      しかし逃げられない、勇者の攻撃、スライムは倒れた。スライムはミルク代の10Gを落とした。」
    ( つ□O  ってかんじの四コマを描いててそれで涙目になったのが元みゅ
    と_)_)         第一話はほとんど丸ぱくりみゅ低評価みゅ

250 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:14:28 ID:8J7lO/V.

(:::::::::::,、::,,::)  
 )::::::ソヾリソレ  あと『やる夫達は幸せを掴み取りたいようです』さんや『翠星夫はかなわなかったようです』さんにも影響を受けてつくったみゅ両方ともDQ3スレみゅ
ヾ::::K´゚↓゚`|j_
 ソ 丶 〆丿   幸せを掴み取りたいさんの妙に人間臭さのある魔物の描写やかなわなかったようですさんの魔王がいるから魔物が脅威って話を見て思いついたみゅ
     `=´゙

251 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:15:04 ID:8J7lO/V.

~多かった感想~

 ・考えさせられた
 ・いい話だった


 (:::::::::::,、::,,::)
  )::::::ソヾリソレ
 ヾ::::K´゚↓゚`|j   …
  ソ 丶 〆ノ    
    ( つ□O 
    と_)_)

252 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:15:26 ID:8J7lO/V.

(:::::::::::,、::,,::)
 )::::::ソヾリソレ
ヾ::::K´゚↓゚`|j     正直言うと最初はいい話にするつもりなんか微塵になかったみゅ
 ソ 丶 〆丿
   ( つ O  __     第5話の最終回のやる夫がレベル上がって終わる予定で当初はエピローグがなかったみゅ
   と_)_)  (__()、;.o:。
           ゚*・:.。  だから第五話の最後にタイトルの吹き出しが入ってるみゅエピローグ無しでも成立するようにした狡い手だみゅ、低評価みゅ

253 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:16:15 ID:8J7lO/V.

          (:::::::::::,、::,,::)
           )::::::ソヾリソレ
          ヾ::::K´゚↓゚`|j   つまり最後までスライムが搾取され踏みにじられる作品で終わる可能性があったってことみゅ
           ソ 丶 〆丿 
           (( ( つ`=´゙    エピローグの構成自体は一話目を投下したくらいで、『あれぇ?なぁんか他の物の犠牲の上に成り立ってるって人間の御飯のことにも言えるじゃん
             〉 とノ )))    じゃあいただきますは食材になってる命に感謝することだしぃこれつなげればすてきやん?』的な浅はかな考えでつけたしたみゅ
            (__ノ^(_)

254 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:16:32 ID:8J7lO/V.



(:::::::::::,、::,,::)  
 )::::::ソヾリソレ 
ヾ::::K´゚↓゚`|j_  まぁそんなすぐ思いつくようなことを急に取り組んだから同じ考えに行き着いた人が何人かいて焦ったわけだみゅ
 ソ 丶 〆丿 
     `=´゙

255 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:16:55 ID:8J7lO/V.




   (:::::::::::,、::,,::)
    )::::::ソヾリソレ
 ∩ヾ::::K´゚↓゚`|j∩   でも付け焼刃のオチにしては我ながらうまくまとめれたと思ってるし、けっこう評判いいし思いつきって大事だみゅ
  ヽソ 丶 〆丿ノ
    /   _/       あとこんな話作っといてなんだけど、いただきますなんて数年言った覚えないみゅ、かあちゃんが美人でこんな風に諭してくれたらきっと今でも言ってたみゅ
   ⊂入_  ) 
       ノ_ノ         ってかいただきますとかどうでもいいみゅ、美人で優しい母ちゃんくれみゅ真紅かわいいよ真紅ペロペロでも金糸雀のほうがかわいいみゅ

256 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:18:08 ID:8J7lO/V.




 (:::::::::::,、::,,::)
  )::::::ソヾリソレ
 ヾ::::K´゚↓゚`|j   次は没になった話のプロットを書いてみるみゅ
  ソ 丶 〆ノ 
    ( つ□O    頭の中でぼんやりと考えてただけだからあまり期待はするなみゅ
    と_)_)

257 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:23:21 ID:8J7lO/V.

2話の後に入る予定だった



やる夫「おっお、そろそろ昼だしいったん町に戻るお」

やる夫「ハフッハフハフハフッハフハフ」

やる夫「ご飯も食べたしちょっとモンスター格闘場にでも寄ってみるお」


場面転換


~格闘場内~

少年モンス「うぅ…ヒック…グズ…お父さん…お母さん…ヒック」

紳士モンス「少年、こんなところでは気休めにしかならないが…元気を出せ…」

少年モンス「でもぉ…でも…ヒック…」

紳士モンス「君は…どうしてここに?」

少年モンス「…グズえっとね…森で家族みんなでいたんだけどね…それで…遠くから何か飛んできたような気がして…
        それで・・・それでお父さんが…お母さんは僕を逃がそうとしたんだけど…それで…」

紳士モンス「そう…か…もう話さなくていい、つらい思いをさせたな…すまなかった」

少年モンス「……ヒック」

紳士モンス「……」

少年モンス「…これから僕たちどうなっちゃうの?…まさか戦わさせられるの?」

紳士モンス「…大丈夫だ…私が付いている…今後、戦いの舞台に立たされても俺はお前を攻撃しないし攻撃させない」

少年モンス「…ほんとうに?」

紳士モンス「ああ、本当だ、おじさんはこれでも剣に覚えがあってな、君を守りきり、二人でここを脱出しようじゃないか」

少年モンス「……うん!」


係員A「よし、次だ、そこにいるモンスターを4ひきつれて来い」

係員B「うぃーっす」

258 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:25:01 ID:8J7lO/V.

場面転換


紳士モンスの攻撃、少年モンスは5のダメージ

少年モンスは裏切られたような驚愕した表情をして怯えきっている」

理性を持たない紳士モンスの攻撃、少年モンスは6のダメージ、

少年モンスは…

司会「きまったあああああ!!!勝者は紳士モンスです!!倍率は1,4倍!1,4倍です!!賭け札をお持ちの方は受付までお願いします」

場面転換

やる夫「おっおっお、まーた勝っちまったお!モンスター刈るより儲かるんじゃないかお!」

やる夫「それにしても魔王がやられてすっかり大人しくなってしまった魔物がこんなにも激しいバトルをするなんて意外だお」

やる夫「それにここでくらいしか見られないし今の平和な世の中じゃいい娯楽だお、繁盛するわけだお」

やる夫「まぁずっとここにいてもレベル上げはできないからまた町の外に行くとするお」

259 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:25:55 ID:8J7lO/V.

場面転換

係員B「しっかしどうしてあんなに大人しいモンスターがバトルするんですかねぇ?ここ(控室)にいるのを見ても
     目に生気はないし、どうみても戦うようには見えないっすよ?」

係員A「ん?お前は知らないのか?これだよこれ、」すっと種を出す

係員B「うへぇ、狂戦士の種っすか…えぐいっすね」

係員A「ん?そうか?これのエキスを入場前に注射することでどんな大人しいモンスターも戦わずにはいられないってわけだ」

係員B「それにしてはさっきの少年モンスには使わなかったんすか?あいつだけ行動してなかったっすよ」

係員A「ああ、まぁ倍率が高い奴には使わないんだ、万一勝たれでもしたらもうけがでないしな」

係員B「うへぇ、またまたえぐいっすねぇ」

司会「それでは次のバトルです!!!みなさん!ちゃんと賭け札は買いましたあ!?」

係員A「おっとさぼってたら怒られちまうぜ、まぁ魔王が生きてた頃の魔物に比べりゃ大人しい魔物の運搬なんてじかんかからねぇしな」

係員B「勇者様様っすね、」

係員A「おうよ、勇者様のおかげで仕入れは楽だし活気のあるモンスターはうちでしか見れないから繁盛はするしな」

係員A,B「はっはっはっはっは」

260 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:26:10 ID:8J7lO/V.


(:::::::::::,、::,,::)  
 )::::::ソヾリソレ 
ヾ::::K´゚↓゚`|j_  ……っとまぁこんな話がある予定だったみゅ
 ソ 丶 〆丿 
     `=´゙

261 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:26:28 ID:8J7lO/V.



 (:::::::::::,、::,,::)
  )::::::ソヾリソレ
 ヾ::::K´゚↓゚`|j
  ソ 丶 〆ノ  他の話よりもえげつない感じがあるみゅ
    ( つ□O 
    と_)_)

262 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:26:46 ID:8J7lO/V.


(:::::::::::,、::,,::)
 )::::::ソヾリソレ
ヾ::::K´゚↓゚`|j   さっきも書いたようにもともとは5話のレベルアップしたら強制終了する後味の悪いダークな話の予定だったから組まれてた話みゅ
 ソ 丶 ◎丿 
   ( ゙ノ ヾ    エピローグを入れる美談にすると、この話だけは命の糧云々の説明がつかないからけずったみゅ
   と_)_)

263 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:27:00 ID:8J7lO/V.


 (:::::::::::,、::,,::)
  )::::::ソヾリソレ
 ヾ::::K´゚↓゚`|j    もし気分悪くなった人がいたら申し訳ないみゅてへぺろ
  ソ 丶 〆ノ  
    ( つ□O  
    と_)_)

264 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:27:17 ID:8J7lO/V.

(:::::::::::,、::,,::)
 )::::::ソヾリソレ
ヾ::::K´゚↓゚`|j  でも今回の話でも5話の時点までは感想も「乙…」とか「心が痛い…」とか多くてちょっとしてやったりみたいな気分はあるみゅ
 ソ 丶 〆丿 
   ( つ O  __  そして下げてからエピローグで上げることで普通のことでも美談に聞こえるってことが証明されたみゅ、不良がいい事すると好青年に見える原理みゅ
   と_)_)  (__()、;.o:。
           ゚*・:.。

266 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:27:52 ID:8J7lO/V.

           (:::::::::::,、::,,::)
           )::::::ソヾリソレ
          ヾ::::K´゚↓゚`|j   そして書き溜めがなくなったみゅ
           ソ 丶 〆丿  僕の言いたいことは終わったし、スレの残りでなにか質問をしてくれたらいいみゅ
          ノ     ヽ
         /   ,    /
        / l  ;'   / :|   そしたらきっと僕が質問に答える前に300まで行ってスレが落ちるはずみゅ
        | |  |   /|  |
        / | / ,:'"   'i |
       /  | |/     | |
     /   | |`;、    | |
      l   /| |  l   | |
     |   | | |  |   | |
     |  / | |  |   | |
     l  /  刈  l   刈
     / /    〉 〉
    / /    / / 
    | |      | | 
    |.|     |.|
    |. |      |. |
    L>    L>     旦

267 : ◆GX1B9JyDnc:2012/06/05(火) 22:31:24 ID:8J7lO/V.

と、いうわけであとは何かあればどうぞ、
何もなければはむぱんでも殴っといてください

             (:::::::::::,、::,,::)
             )::::::ソヾリソレ
     (  ^U^)  ヾ::::K;↓;`|j_
    γ/  γ⌒ヽ ソ 丶 〆丿 <みゅううううウッ
    / |   、  イ(⌒  `=´゙⌒ヽ
    .l |    l   } )ヽ 、_、_, \ \
    {  |    l、 ´⌒ヽ-'巛(  / / ドスッ
    .\ |    T ''' ――‐‐'^ (、_ノ
        |    |   / //  /

.
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

カウンター